FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.14-48

『 露出計測の講習 』

14-48
 早いもので、撮影助手育成塾14期生の実技実習は本日が最後の授業となりました。1年間様々な実技講習をしてきました。35ミリフィルム機材、デジタル機材、フォーカス特講など、撮影助手になるために多くの事を学んできました。そして今日最後に学んだ事は、撮影者にとって自分を表現する為にはとても大事な『露出計測』の授業です。
 1月に露出計製造メーカー、株式会社 セコニックの方より露出計の事を学びましたが、今回は『露出計測』の仕方を私たちが初歩の初歩から教えました。
 今はスマートフォンなど手軽に綺麗な写真を誰もが簡単に撮影できる時代になりました。これはカメラが自動的に適正な露出を決めて撮影しているのですが、私たちプロの撮影者は、撮影前に細かな照明などの設計を立て、露出をコントロールしながら撮影します。技術の進んだ現代では、キャメラに任せた露出で撮影も出来ます。失敗もなく無難な映像がきれいに撮影できる時代です。しかしそこには撮影者の意思などが含まれるわけもなく、ただキャメラで撮影したにすぎません。
ドラマの内容に合わせた露出、より美しく見せるために工夫を凝らした露出設定、これらは撮影者であるキャメラマンが作り上げる事で、見ている人たちに感動を与えてくれます。フィルムをキャンパスに例えると、そこに絵を描き、色を染めていく画家がキャメラマンと言えるでしょう。
 この露出の計測には多くの知識を必要とします。それは経験の積み重ねから得られる知識です。今回の授業は、露出の計測が出来るようになると言うよりも、露出を計測するための初歩的な知識を学んで、これから始まる撮影部として学ぶ中で、自分を表現できるまでの知識を得るための準備段階として、授業を行いました。
露出は、今日一日の授業で分かるはずもありません。でも、授業が進むにつれて14期生たちの理解度は格段に上がりました。映像を作ることが好きである事、興味を持つ事が大きな成長につながることが分かります。いつの日か自在に露出をコントロールできるようになる事を期待させてくれる授業でした。

撮影助手育成塾


1407o.jpg3月3日授業レポート   育成塾14期生 岡田 翔

今回は露出計測についての授業でした。チャートを使っての計測や狙った色を出す為の露出の考え方等を教えていただき、一眼レフで都度設定を変更しながらそれぞれの写真を見比べてみました。露出計測と言っても人によって考え方もやり方も違い、多くの経験が必要なことがよくわかりましたが、今回初歩的な知識でも頭に入れられたことは良かったと思います。自分なりの基準を作っていきたいです。



文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.13-48

『 露出計測講習 』


13-48-00.jpg

 撮影助手育成塾第13期生の授業も48回目になりました。直接、技術を教える授業は今日が最後となります。その授業は“露出計測”です。
露出計測は、映像を構成する上でとても大切な作業です。光の明暗を露出計でコントロールするのですが、実に簡単な作業でありながら、極めていくとどんどん難しくなっていく作業なのです。デジタルキャメラやスマートフォンなどで簡単に写真が撮影できる時代ですが、それは素人が写真を撮っているレベルの話。私たちプロは映像を作ると言います。言葉の通り、思い描いた映像を、照明機材を駆使して作り上げていくのです。露出単体を考えた時、数時間の講習で覚えられるレベルではそれほど難しいとは感じないでしょう。しかし、撮影に関する様々な事柄が合わさってくると途端に難しくなり、実際の撮影ではどの露出にすれば良いのか決めることに勇気がいります。露出の計測は、撮影助手の中でも一番上に立つチーフアシスタントが行います。それは、露出の計測には長い経験と知識が必要だからです。しかしながらデジタル撮影が主流の今日では、モニター画面で露出を決める人も少なくありません。特にテレビなどのビデオ関係で仕事をされてきた方たちは露出計測という概念はなく、モニターに映る映像だけで露出を決めてきたこともあり、露出計で光を整えていくという事は出来ないようです。フィルムで育ってきた人たちにとっては当たり前のように行われてきた露出計測ですが、新しいデジタル技術は、露出計測を必要としなくなってしまいました。では、本当に露出計測は必要ないのか? そうではありません。 必要なのに行わないのは、ただ出来ないのです。今後、技術を覚える場が少なくなっていく事が予想されます。   
 撮影助手育成塾では、失ってはいけない技術は出来るだけ教えていきたいと考えています。今日1日で覚えられるものではありませんが、今日の授業でこれからどのように勉強していけば良いのか、どこに注意して現場で勉強すれば良いのか、分かってくれたことと思います。自分なりにしっかりと覚え、その技術を次の世代に教えてくれることを願っています。


ナック イメージテクノロジー


1309.jpg 2月 18日授業レポート   育成塾13期生

 今回は最後の技術講習として露出計の使い方を教わりました。測ることはすぐにでもできるけれど、目を養うことは経験を積むことでしかできない、とても奥の深い技術であることを痛感しました。正直なところ、どうすれば思い描いた絵を収めることができるのか、まだ想像と技術がつながっていません。でもそのためにどう考えていけばいいのか、どう測ればいいのか基本的な部分は今回の授業でつかむことができました。これからできることは、いろいろな光の環境で、どうすればどう仕上がるのか、実験を重ねて自分のデータを蓄積していくことだと思いました。やっと手に入れたスポットメーターも持ち歩いて、目感を養っていくことを日常的にやっていこうと思います。撮影の絵づくりに大きく関わる技術を学ぶことができ、とても楽しい授業でした。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.48

『 露出計測の講習 』


12-48-00.jpg

 撮影助手育成塾12期生の授業も残り3回となった本日の授業は「露出計測」の授業です。露出の計測は多くの経験と知識を必要とする作業で、キャメラマンか撮影チーフと呼ばれる助手の仕事です。露出は映し出される映像に大きく関係するもので、キャメラマンの意思を映像に反映させる意味においても重要で、これから撮影の現場に出ようとする塾生たちには、現場で経験を積みながら学んでいくように指導しており、今回のように一日をかけて授業で教えることは行ってきませんでした。しかしデジタル撮影の急速な普及により、今まで通りの体制が組めないローバジェットの作品では、撮影チーフという助手を入れない撮影隊も出始めています。このような隊では、主にキャメラマンが露出の計測を行いますが、光の確認などの簡単な計測では、まだ現場に入ったばかりの撮影助手に計測をさせるそうです。その為に育成塾でも昨年から教えるようになりました。 
 先に書いたように経験と知識が必要なので、決定露出を測れるようになるのは正直、無理なことです。今回の授業では、露出とはどのように計測するのかを体験し、ある程度の対応力を身につけてもらうことが目的であって、計測を自在に出来るようにするための授業ではありません。今回の授業で覚えたことを活かし、自分でカメラなどを使って勉強ができるようになったことは、映像に対する興味も増したことでしょう。
 撮影の仕事をしていての楽しみは何と言っても作る喜びです。先週の授業で行ったフォーカスもそうですし、露出も自分の作品を作るうえでは大切なことです。今の時代、写真を撮るのはごくごく当たり前のこととなりました。携帯電話やスマートフォンに搭載されているカメラでも、美しい写真を簡単に写すことができます。しかも露出計測やフォーカスといった知識を必要とする面倒なことはいりません。その為、「なぜ?どうして?」といった疑問を抱く事なく今に至ってしまった人が多くなっています。カメラが作ってくれる映像ではなく、自分が意識的に作る映像、そしてそれが完成する喜びを、塾生達も感じられるような撮影者になってくれると嬉しいです。


ナック イメージテクノロジー


1210.jpg 3月12日授業レポート   育成塾12期生 柳園 丈滋

 育成塾での最後の講習は露出計測だった。デジタル制作が主となった今では、モニターでリアルタイムで画を確認することができるが、フィルム時代は露光というのが画を映すために、作り出すために一番大事で、日本ではその適正を出したりする作業をチーフ助手が行っている。撮影現場に行くと、撮影監督とチーフが何倍とか何分の何とかとやりとりしているが、それがどういう作業をしているか分かっていても、どういうセオリーで何を考えて露出を決めているのかが分からなかった。今回講習を受けて、露出計を持って、チーフや撮影監督が何をやっているのかというのと、その計測の基本的な流れを学ぶことができた。しかし露出の値というのは正解はなく、演出によって決まることでもあるし、いろんな要因と絡み合って出すのが値で、やはり現場での長い経験と感性というのがとても重要だと体感した。その難しさが分かっただけでも、助手としては良かったと思うし、助手も自分だったらどうするのかと自分なりに考えながら仕事をしていった方が将来役に立つように思った。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.11-46

『 露出計測の講習 』


46-00_20150309021337d91.jpg

 今週の授業は“露出計測”です。1月に株式会社セコニックの方から露出計の仕組みなどを教えていただきましたが、今日はその露出計を使って実際に計測の仕方を学ぶことにしました。
 撮影は「撮る影」と書きます。文字通りに映像は“光と影”で構成されており、私達撮影部は、この光と影をコントロールして映像を作り上げていかなくてはなりません。
キャメラマンの仕事は多岐にわたりますが、その中で最も重要な仕事は“照明”です。キャメラマンは照明プランを立て、照明担当のスタッフに指示を出して自分の映像を作り上げていかなくてはなりません。映像全般の総責任者であるキャメラマンは、光の方向や強弱などを計算し、その光をコントロールしていくのですが、その光をコントロールするのが“露出計”なのです。この露出計測は、日本以外の諸外国ではキャメラマンの仕事となっていますが、日本では撮影チーフの仕事とされています。しかし、その撮影チーフとキャメラマンは綿密に打ち合わせをし、自分のプランや狙いをチーフに説明し、思う通りに光の強弱を作っていきます。露出とは、画家に例えると絵に色を付けていく作業のようなもので、露出計は絵を描く筆のようなものです。細かく計測しながら、光と影の陰影を写しこんで行く作業は、長年の経験で培ったもので、思い通りに描けた時には、キャメラマン冥利に尽きます。キャメラマンにとって、自分の個性を表現できる大切な作業と言えます。
デジタルの普及で誰でもそれなりの映像が撮影できるようになりましたが、その中で露出を気にしながら撮影している人は何人いるでしょうか? 最近はモニターなどで映像を決めてしまう人も見受けられますが、モニターの性能では、描ける映像表現の一部分しか分かりません。やはり露出計で細かく計測しなくては、美しい映像は撮影できないでしょう。
この、キャメラマンにとって見せ場とも言える光のコントロールを、撮影助手は仕事を通じてキャメラマンや先輩から仕事の中で学んできました。ですが、デジタルの普及で学べる環境は厳しくなっていると言えます。育成塾塾生は日本映画撮影監督協会所属のキャメラマンから直接学べる機会が多くあります。そんな機会を大いに活用し、沢山露出計測のことを学んで、立派なプロのキャメラマンになってほしいものです。


撮影助手育成塾


1101.jpg3月 7日授業レポート   育成塾11期生 石原 毅

 今回は露出計の使い方を教わりました。合宿でフォーカスマンやサードといった役割を担った時、チーフの役割である露出の計測がいったいどのように行われているのかとても興味を持っていました。今回の講義で露出計測の難しさを理解しました。今後、細部にこだわりを持った撮影をできるようになるためにも露出を十分に学んでいく必要があると実感しました。




文化庁ロゴ3

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会