FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.43

『 機材講習:ARRI535 35㎜フィルムキャメラ・2回目 』

15-44
 本日の授業は先週に引き続き「機材講習:ARRI535」です。気が付けば15期生の授業も残りが7回となり、35㎜フィルムキャメラの講習も最後になりました。映画の撮影助手を想定して行ってきた機材講習、35㎜フィルムキャメラがこれだけ練習できるのも撮影助手育成塾ならではの授業です。今は貴重となったフィルムキャメラの練習がこれだけできる場所は他にはないでしょう。「育成塾の塾生はフィルムキャメラが取り扱える」そんな話が撮影部の中では広がっています。裏を返してみれば、フィルムキャメラを取り扱う事の出来ない助手が増えているという事です。実際にフィルムでの撮影は減少し、撮影助手の多くはフィルムキャメラを知らなくても何とかなってしまう現状です。
しかし、フィルムの持つ独特の映像は、欧米でも評価されており、アメリカ映画はいまだに多くの作品がフィルムによって撮影されています。アジアではフィルム撮影が残っているのは日本映像界のみと言っても良い状態になってしまいましたが、映像の分かる一部の監督やプロデューサーがいまだにフィルムでの映画撮影を行っています。テレビCMの世界では、フィルム撮影はかなりの作品が作られていて、フィルムの取り扱いが出来る撮影助手が求められています。
 育成塾ではフィルム撮影技術の伝承に力を入れています。それは全てにおいて撮影の基本がフィルム撮影で学べるからです。フィルム技術を教えることで一緒に撮影部としての心構えも身についてくる、そんな思いで教えています。塾生たちも育成塾を卒業すれば、ほとんどデジタルでの撮影が多くなることでしょう。卒塾してしまえばフィルム機材の練習は難しいので、この貴重な授業を無駄にすることなく一生懸命練習に励んでくれることを期待します。

三和映材社


文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.43

『 機材講習:ARRI535 35㎜フィルムキャメラ 』

15-43-00.jpg
 本日の授業は久しぶりに35ミリフィルムキャメラの「機材講習」授業です。今回練習したキャメラは、ARRI535キャメラです。少し古いキャメラですが、今でも現役で使用されており、キャメラとしての機能は同時録音撮影を考え、実に良く作られています。当然、撮影中にキャメラの音はほとんどしませんので、現場で録音部が音声を録音するのに適するように作られています。また、様々な機材と連携した撮影が出来るよう、ICによる接続端子がつけられ、コンピューター操作にも対応できるようになっています。
大変よくできたキャメラですが、欠点と言えばその重さではないでしょうか。キャメラ本体の重さもかなりありますが、実際の撮影では様々なアクセサリーが付いてきます。その他にレンズ、1000フィートマガジンにフィルム。とても一人では持てないほどの重量になる事もあります。キャメラ本体の重さは撮影時の機動力に影響してきます。速さが要求される現場では、いかに撮影部が機材を上手く扱えるかで、撮影時間にも影響してきます。
撮影助手の力量で現場が変わってくることはよくある事ですが、キャメラが重いとその力量が大きく影響してきます。しっかりと練習し、キャメラに慣れていけるように頑張ってほしいです。
 今回はキャメラ機材に加えて特殊な機材もいくつか練習してみました。どれも変わった特徴を持った機材です、それらを見て想像力を掻き立ててくれる、そんな塾生たちになってくれることを期待します。

ナック イメージテクノロジー


1501.jpg1月26日授業レポート    育成塾15期生 イシイ ミズキ

 今回は久々のフィルムカメラ機材講習「ARRI535」です。毎回同じ事を書いている気がしますが今までの機材講習が生かされています。特にフィルムをカメラにセットする作業は大きくは変わらないように思いました。マガジンが今までとは大きく異なり生フィルムと撮済みフィルムが別々になっているのが特徴的でした。nacではARRI535の機材レンタルが終了するとの事です。寂しい気もします。ただフィルムカメラに触れた事は必ず生きるとも思います。



文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.36

『 機材講習:ARRI ALEXA 』

15-36
 デジタルキャメラ機材の機材講習授業2回目。本日はARRI ALEXAキャメラです。ARRIはドイツのメーカーで、長く映画撮影用のキャメラを作り続けてきた会社です。35㎜フィルムキャメラから16㎜フィルムキャメラなどその歴史は古く、多くのキャメラマンからの要望に応えたキャメラを製造してきました。デジタルの時代になり、発売してきたのがALEXAシリーズキャメラです。ALEXAと言ってもその種類は多く、様々な用途に合わせたキャメラを製造しています。キャメラ自体の性能はとても素晴らしく出来上がっています。でも、何と言っても撮影部が使いやすい作りになっているところが他のメーカーとは大きく違っていると言えるでしょう。デジタル技術の進歩で様々なメーカーがそれぞれの個性を出しながらキャメラを製造していますが、長い経験と蓄積による作りは、撮影部の事を知り尽くした作りと言ってよいでしょう。数多くあるデジタルキャメラ、どのキャメラも良いところもあり、使い勝手の悪いところもありますが、ARRIのキャメラはその部分が少ないということから、多くの映画製作の現場で使用されています。したがって、これから撮影助手として活動していく上で覚えておかなくてはいけないキャメラのひとつでしょう。
ALEXAも他のメーカーと同じように日々進化を続けていて、毎年のように変化が見られます。基本的な部分でデジタル技術は完成の域まで来ていると言ってよいでしょう。最近4K・8Kの放送がテレビで始まりましたが、その技術自体はだいぶ前に完成しており、この度やっと本放送が始まったところと言えます。テレビで4K・8Kが必要かと言うと、甚だ疑問ではありますが、身近な存在になっていく事は間違いありません。4K・8Kだから良いと言うわけではありませんが、これからの時代、塾生たちも自分なりに研究を重ねていく必要があるでしょう。自分の映像表現を見つけられるように、まずは機材を知り、勉強してほしいです。

ナック イメージテクノロジー


文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.35

『 機材講習:デジタルキャメラ機材 』

15-35
 本日は三和映材社にて、機材講習を行いました。デジタルの機材は何度もお話ししましたが、触って覚えることが一番です。フィルムキャメラと違って多くの機能が詰め込まれたキャメラは、各社がそれぞれ違った考えの下で開発されていることもあり、それぞれ違った特徴を持っています。それぞれのキャメラで同じ設定をするには、どのような操作で行うかなど、試してみることが一番わかりやすい方法なのです。今日は日本の代表的なメーカーの、Sony, Canon, Panasonicのキャメラをお借りして、それぞれどのような違いがあるか、触れてみることにしましょう。
早くからデジタルシネマ用キャメラの開発を行ってきたSony。 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で使用されたのは1999年です。その当時は大変な驚きで話題になりました。早くから開発に力を入れていたSonyは、デジタルに関して多くのノウハウを持っていることがキャメラからも分かります。 
 VARICAMの名称で知られるPanasonicのキャメラは、日本人キャメラマン、阪本善尚撮影監督が開発に協力しました。フィルム映像を知り尽くした阪本キャメラマンは、フィルム映像にこだわり開発した日本スタイルのキャメラと言えます。2005年に公開された、『男たちの大和』 は全編VARICAMキャメラを使用した作品で、大ヒットをしたことは記憶に残っています。
 デジタルムービーキャメラでは最後発と言えるCanon。 スチールカメラメーカーとして有名なCanonですが、本格的なデジタルムービーキャメラはスチールキャメラのノウハウが色濃く出ています。多くのキャメラマンの意見を取り入れて進化を続け、今では多くの映画を世に送り出しています。また、Canonの作り出した技術は、多くのメーカーでも取り入れられています。
 この様に今では海外のメーカーも含め、多くのデジタルキャメラが存在していますが、どれも良いところもあり欠点もあり、一概にどのキャメラが良いとは言えないでしょう。海外も含めて多くのメーカーから出されています。すべてを覚えることは難しいですが、撮影に必要な機能をどの様な操作で行うか、とにかく触って覚える、デジタルキャメラはそれ以外に方法はありません。塾生たちも卒塾後はデジタルのキャメラを使用する機会が多くなるでしょう。その時のためにも今は積極的に触れてみることが大切です。

三和映材社


1507_20181022021300675.jpg11月24日授業レポート   育成塾15期生 シミズ イクミ

 本日はデジタルキャメラの機材講習でした。 デジタルキャメラには様々な機能があるため、その機能を一つ一つ確認しながらキャメラを操作しました。 ISO感度、レンズの絞り、シャッタースピードは相関関係にあることを学びました。 どのようなシーンを撮影するかによって、ホワイトバランスやレンズの絞り感度を調整するので、キャメラの機能について塾生の間に充分に理解しておきたいです。




文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.28

『 機材講習:ARRICAM ST・LT 35㎜フィルムキャメラ 2回目 』

15-28

 本日の授業は先週に引き続き「機材講習」です。キャメラは同じく、ARRI CAM ST・LTの2台の35ミリキャメラ。現在、撮影の現場で多く使われており、塾生たちにとってはすぐに現場で使用する可能性のある機材であるため、気の抜けない講習です。
 先週初めて取り扱った機材ですが、塾生たちの様子は「淡々とした」とでも言いましょうか、意外と無難に取り扱っているようでした。合宿まで集中してARRI435キャメラで練習をしてきた成果がしっかりと表れている事がよく分かります。機材は全くと言っていいほど、機能も構造も違ったキャメラですが、基本的な部分は同じなのです。フィルムを入れて撮影をするという部分においては、どんなキャメラも同じ動作をします。そういった基本的な部分を塾生たちは合宿までの練習で身に着けているからこそ、キャメラの機構や機能、作業手順を教えさえすれば、今までの経験から自分の動きを判断して進められるようになっているのです。大きな成長の証であり、この事を塾生たちも自覚しているようで、練習中の様子には、多少の余裕も感じられましたが、今この時点で見せる多少の余裕は、危険でもあります。まだ彼らには体で覚えている経験がなく、現時点の彼らが体で覚えている感覚は途切れ途切れで断片的な感覚です。この時点では心の余裕は何かしらの作業を忘れて飛ばす、今まさにその状況にいるのです。積み重なった経験により、他の事を考えていても体は忘れずに動いています。しかし、今の彼らには積み重なった経験はなく、わずかな記憶の流れを、頭と体の記憶をたどりながらの作業に過ぎないのです。とは言え、育成塾の授業だけでは積み重ねていく経験は限られてきます。
 今後現場に入ってからどんどん経験を積み重ね、今行っている授業の経験が生かされてくるでしょう。今は体で覚えた経験で作業し、頭でも考えながら練習していく事が大切です。現時点での経験でも、現場では大きく役立つはずです。即戦力を育てることを目標に育成を行っている撮影助手育成塾だからこそ、ここまで成長してきた塾生たちです。きっと現場に出ればすぐに結果を出してくれることを期待します。

三和映材社


151010月 6日授業レポート   育成塾15期生 ミヤハラ マユ

 本日は、先週に引き続き、ARRICAM ST・LTの講習でした。1000ftマガジンに初めてフィルムを詰めましたが、思うようにいかず1回目は苦戦しましたが、講師の方にコツを教えて頂き、2回目は1回目に比べてスムーズに詰める事が出来ました。1000ftマガジンに詰める機会も少なくなってしまうので、本日のコツを忘れずに復習していきます。
 また、モニターについても映像を出すだけではなく、コントラストを付けたり、チャンネルを変えたり出来るように詳しく見ることが出来たので良かったです。


文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

| NEXT>>

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会