FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.28

『 機材講習:ARRICAM ST・LT 35㎜フィルムキャメラ 2回目 』

15-28

 本日の授業は先週に引き続き「機材講習」です。キャメラは同じく、ARRI CAM ST・LTの2台の35ミリキャメラ。現在、撮影の現場で多く使われており、塾生たちにとってはすぐに現場で使用する可能性のある機材であるため、気の抜けない講習です。
 先週初めて取り扱った機材ですが、塾生たちの様子は「淡々とした」とでも言いましょうか、意外と無難に取り扱っているようでした。合宿まで集中してARRI435キャメラで練習をしてきた成果がしっかりと表れている事がよく分かります。機材は全くと言っていいほど、機能も構造も違ったキャメラですが、基本的な部分は同じなのです。フィルムを入れて撮影をするという部分においては、どんなキャメラも同じ動作をします。そういった基本的な部分を塾生たちは合宿までの練習で身に着けているからこそ、キャメラの機構や機能、作業手順を教えさえすれば、今までの経験から自分の動きを判断して進められるようになっているのです。大きな成長の証であり、この事を塾生たちも自覚しているようで、練習中の様子には、多少の余裕も感じられましたが、今この時点で見せる多少の余裕は、危険でもあります。まだ彼らには体で覚えている経験がなく、現時点の彼らが体で覚えている感覚は途切れ途切れで断片的な感覚です。この時点では心の余裕は何かしらの作業を忘れて飛ばす、今まさにその状況にいるのです。積み重なった経験により、他の事を考えていても体は忘れずに動いています。しかし、今の彼らには積み重なった経験はなく、わずかな記憶の流れを、頭と体の記憶をたどりながらの作業に過ぎないのです。とは言え、育成塾の授業だけでは積み重ねていく経験は限られてきます。
 今後現場に入ってからどんどん経験を積み重ね、今行っている授業の経験が生かされてくるでしょう。今は体で覚えた経験で作業し、頭でも考えながら練習していく事が大切です。現時点での経験でも、現場では大きく役立つはずです。即戦力を育てることを目標に育成を行っている撮影助手育成塾だからこそ、ここまで成長してきた塾生たちです。きっと現場に出ればすぐに結果を出してくれることを期待します。

三和映材社


151010月 6日授業レポート   育成塾15期生 ミヤハラ マユ

 本日は、先週に引き続き、ARRICAM ST・LTの講習でした。1000ftマガジンに初めてフィルムを詰めましたが、思うようにいかず1回目は苦戦しましたが、講師の方にコツを教えて頂き、2回目は1回目に比べてスムーズに詰める事が出来ました。1000ftマガジンに詰める機会も少なくなってしまうので、本日のコツを忘れずに復習していきます。
 また、モニターについても映像を出すだけではなく、コントラストを付けたり、チャンネルを変えたり出来るように詳しく見ることが出来たので良かったです。


文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.27

『 機材講習:ARRICAM ST・LT 35㎜フィルムキャメラ 』

15-27
 本日の授業は合宿以来久しぶりの「機材講習」です。今回練習したキャメラは、ARRI CAM ST・LTの2台の35ミリキャメラです。今まで練習してきたキャメラARRI435とは違った用途のキャメラで、ハイスピードを目的としたARRI435と違い、同時録音撮影を目的としたキャメラです。ARRI435キャメラは、低速撮影から高速撮影まで幅広い撮影を可能にしているのに対し、ARRICAMは高速撮影ができない代わりに、同時録音撮影を目的として作られており、撮影時のモーター音からフィルム走行音まで消音設計によりほぼ認識できないほどに作られています。映画のように、役者のセリフを撮影と同時に録音する現場では、大きな威力を発揮します。現在フィルム撮影の現場では主力として使われており、この機材を学ぶことは、これから撮影部として活動していく上で大きなメリットとなるでしょう。
 今回の新しいキャメラを練習するのは、合宿で感じた事を復習する意味もあります。キャメラが違っても、作業はほぼ同じ流れで行うと言っても良いでしょう。違うのはキャメラの取り扱いや注意点などそのキャメラが持つ特性のみで、基本的な取り扱いは、ARRI435キャメラと変わることはありません。言い換えれば、フィルムをキャメラに装填するなどの基本的な流れは、435だろうがARRICAMであろうが同じなのです。その証拠に、合宿の余韻がまだ残る塾生たちは、初めてのキャメラであるST・LTも、すぐに組み上げてしまうほど成長していました。ある程度の事は身体で反応でき、ずいぶん上手くなってきています。この感覚を忘れることなく頑張ってくれると嬉しいです。フィルム技術を持った撮影助手は年々減少していく中で、一人でも多くの若者が、フィルム技術を学び、立派な撮影助手になって欲しいです。

ナック イメージテクノロジー


1513_20181008104058edf.jpg9月29日授業レポート   育成塾15期生 ヤマグチ ユウキ

 今回はナック様にて、ARRICAMの機材講習を行いました。現在フィルム撮影の中でも最も実用されているということもあり、気を引き締めて臨みました。
 ARRICAMは新しい機材ということもあり、電動で動く部分が多く、より簡単な構造になっておりました。基本的な使い方に関しましては、覚えましたが、重さとして、今までよりも重いということが1つの課題となりました。
 また、初めて1000ftマガジンを扱うということもあり、より一層重くなっていまして、ズームレンズを取り付けた状態で、持ち上げるということを行いましたが、単純な力で行うのではなく、身体を上手く使う技術が必要になってきました。フィルムを扱うことの恐れは減りましたが、まだ集中力が足りていないところもありましたので、次回のARRICAM講習がフィルムを扱う講習の最後になりますので、気を引き締めて臨みたいと思います。
 新しいこともありますが、今までの積み重ねで出来ないことではないので、着実に行っていきたいと思います。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.17

『 機材講習:ARRI435 35㎜キャメラ 5回目 』

15-17

 暑い夏が終わりを見せることなく続いていますが、撮影助手育成塾15期生の特訓も合宿に向けて続いています。
 本日も先週に引き続き『機材講習』の授業です。ARRI435キャメラにもだいぶ慣れてきているのがはっきりと分かるぐらいに成長している15期生達ですが、授業もここまで進んでくるとプロの細かな動作も要求されてくるため、指導する講師からも厳しい言葉が次々と飛んできます。
実際に、15期生たちは成長しました。しかし回を重ねるに連れ少しずつ講師から出される要求もステップアップしてくるため、自身の成長を感じることなく、戸惑いの方を強く感じてしまう時期に来ているのでしょう。以前にも書きましたが、キャメラの取り扱いだけならそれほど多くの時間はかかりません。取り扱いに信頼性を加えるとなると、一気に動きがぎこちなくなってしまうのです。
 撮影部は作品を作る上で最も重要な映像を取り扱うパートで、失敗は許されません。それでは撮影部の作業の中でどのような失敗が考えられるのか。それは沢山ありますが、何と言っても機材を壊さないための作業でしょう。撮影中に機材が壊れる事は大問題です。映画の製作には多くの人が絡んでおり、細かなタイムスケジュールに沿って進行していきます。機材が壊れる事は現場の進行がストップしてしまうことになり、制作者サイドにとって時間の浪費や無駄な出費が発生し、大きな痛手となります。撮影助手は事故が起こらないよう何重にも確認をしながら作業を行います。このような安全のためのプロの要求が授業の中でも増えてくると、塾生の現在の状況では先に覚えて来た手順を忘れてしまいます。今はまだ難しいかも知れませんが、もう一度初めに教わった事を思い出しながら、そこに新たな技術を付け加えて行く、そんな気持ちで頑張っていければ、成長するでしょう。

三和映材社


1505.jpg8月11日授業レポート   育成塾15期生 サイトウ ナオ

 先週は合宿前の最後のARRI435機材講習でした。これ以降は特機講習や実習が始まってしまい、キャメラをしっくり触ることの出来る最後のチャンスでした。今まで習ってきたことを思い出しながら触ってみると、初めの頃のフィルムキャメラのフの字も知らなかった頃と比べるとキャメラのどこを触ればいいのかは分かるようにはなりました。しかし、これがまた実際の現場の流れの中でこなせるとは全く思いません。今まで言われたことをよく復習していきたいと思います。



文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.16

『 機材講習:ARRI435 35㎜キャメラ 4回目 』

15-16

 本日の撮影助手育成塾。9月に迫った撮影実習合宿に向けての「機材講習」授業も終盤となり、合宿で使用するARRI435キャメラの特訓と、合宿で塾生たちが担当するセカンドポジションの練習を行いました。撮影部でセカンドポジションの仕事と言えば、作品の出来に大きく関係してくるフォーカスマンの仕事です。映画は動画と言うように動いている映像です。キャメラのレンズのピントを合わせる必要が出てきます。映画撮影部ではその仕事をセカンドポジションの助手が行っていて、昔から最も重要なポジションとされてきました。海外ではフォーカスプラと呼ばれ、この仕事を専門職として活動している人もいるくらいに大切なポジションなのです。動いている被写体にピントを合わせ続ける技術は並大抵のことでは身につきません。長い時間の経験と練習によって身につくと言って良いでしょう。
撮影助手育成塾の合宿では、このポジションを塾生たちに任せています。本日の授業で初めてフォーカス送りを体験した塾生たちも、その難しさに驚いたことでしょう。なぜフォーカスが大切な仕事なのか。それは一度ぼかしてしまったピントは、後から修正することが出来ないからです。フォーカスマンはファインダーを覗かずに目測だけで被写体とキャメラの距離を計測し送り続ける、そんな技術を身につけなくてはならないのです。
撮影助手育成塾の授業では現場の即戦力を目指して授業を行っています。フォーカスマンの仕事は正直、現時点での塾生では早いポジションではありますが、知っていれば現場での学び方も変わりますし、何よりも自身でも知らないうちに成長が進んでいることが分かるでしょう。
撮影部になるためには技術ももちろん必要ですが、仕事の中で何を勉強しながら作業をしていくことが良いのか、それを知ることがキャメラマンへの近道になるでしょう。
他では学べない事ばかりの撮影助手育成塾。まじめで真剣な塾生たちばかりなので成長も早く、将来を期待させてくれる、そんな15期生達です。

ナック イメージテクノロジー


15-11-1.jpg8月 4日授業レポート   育成塾15期生 オノダ コウタ

 今回の講義はARRI435の講義。午前中はピント送りの練習。午後は傾斜がある場所での三脚の立て方とカメラのセッティングをし、その後、ピント送りの練習をしたりマガジンにフィルムを詰める練習をしたりした。
 いつもと違った事は合宿の時の班分けをした事だ。そのため、今回は班ごとでの講義となった。合宿が刻一刻と近づいてるのだなと感じた。
 ピント送りの練習をしてみて想像以上に難しかった。レンズに書かれた距離と被写体の距離を常に保ちフォーカスを送るのだが、その感覚がまだ掴めていない気がする。レンズに表記されているのはフィートでの距離なのでフィートでの距離感とフォーカスを送る感覚を確実に掴み、セカンドになった時にも通用するように努力したい。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.15

『 機材講習:ARRI435 35㎜キャメラ 3回目 』

15-15-00
 本日の授業も先週に引き続き「機材講習ARRI435」です。
 今回撮影助手育成塾での授業に使用される機材は、三和映材社という機材レンタル会社のキャメラ機材を使用させていただいています。この他に育成塾では講習で使用する機材を、ナック イメージテクノロジーでもお借りし授業を行っています。こちらの2社はプロの撮影部へ機材のレンタルを行っている会社で、お借りしているキャメラは普段プロの現場で使用されている機材です。
一部の学校などでもフィルムキャメラはありますが、大きく違っている点では、プロの撮影部からの声を聞いて、現場で使用しやすいように各社で改良がなされている点です。機材そのものの信頼性も大切ですが、現場で使いやすく改良されている点は、忙しい現場で作業をする撮影部にとって大変ありがたいものです。それに伴って各社の機材を使用する際には多少の注意点が生まれてきます。育成塾でレンタル会社の機材を使って練習を行っているのは、練習の段階からプロの現場に即した注意点や使用方法を学べるという意味で、特別に許可をもらい練習させていただいています。撮影部にとってキャメラ機材は大切なものです、そしてこのような機材レンタル会社にとっても大切な機材であることは言うまでもありません。なぜなら、育成塾で練習に使用したキャメラは、明日には別の撮影部が実際に撮影で使用するかも知れないからです。もし素人である塾生が練習中に壊しでもしたら、明日のレンタルが出来なくなる恐れもあり、通常はこのような練習をさせてくれることはありません。育成塾ではプロの撮影助手が付ききりで指導に当たっているからこそ出来る事なのです。
 育成塾では塾生が入塾した時から見習いの撮影助手として接しています。これは塾生の内からプロ意識を持って授業を受けてほしいからです。プロである以上大きな責任感を持って作業をする必要があります。学びに来ているのだという甘えを持つ事なく授業に臨む、そんな気持ちで塾生たちは頑張っています。

三和映材社


15期7月28日授業レポート   育成塾15期生 コンドウ ヒロシ

 今回も引き続きARRI435型のカメラの講義を受けた。講義はまず機材チェックのやり取りを教わった。そして三脚やフォーカスチャートを使ってレンズの焦点確認などのチェックを行った。メジャーを使って対象のフィート数を計り、レンズのピントが合う範囲を調べる事で、レンズ機能の正常性を確認した。やり方は教えてもらうまでは全く分からなかったが、自分が行なっていく上で方法が少し理解は出来た気がした。ただレンズの交換時に、レンズを丁寧に扱う事を意識し過ぎて、おっかなびっくりギコちなく扱っていたり、ピントを測る手順が緊張から分からなくなったり理解度は不足していると思うので、これも経験と復習を重ねる事で対応していけたらと思う。
またフィルムのマガジンへの装填も今回チェンジバックを使って何度か行ったが、タイムを測ると早くても5分強、遅いと8分近くかかってしまった。こちらももっと練習をして作業の短縮が必要だと感じた。
 ここ1、2ヶ月、カメラの組み立てやフィルムのマガジン装填など、自分にとって初めて尽くしの事ばかりで、正直多少頭が混乱してしまう時があった。ただ何事も初めてやる事は大変に感じる事やうまく出来ずへこむ事も多いけど、反面うまく出来るようになって上達した時の喜びも大きいと思う。まだまだ撮影助手の仕事の作業で満足いく形に出来ている事はないが、そういった上達した時の喜びを感じる事を目指して前向きに頑張っていきたい。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

| NEXT>>

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会