FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.25

『 撮影実習合宿 ラッシュ試写&東京現像所スタッフ講義 』


12-25-00.jpg

 長野県茅野市での『撮影実習合宿』が終わって10日が立ち、あっと言う間に過ぎた4日間の余韻も冷めたことでしょう。プロの撮影部に混じっての撮影では、プロの作業に速さに驚いていた塾生達も、今の自分に足りないものが身にしみて分かったことと思います。
今日は、調布市にある、株式会社 東京現像所にて合宿で撮影したフィルムのラッシュ試写を行いました。今回は東京現像所の試写室で、35ミリポジフィルムによる上映です。現在の日本(他国も同様)ではDCPによる上映が多く、ネガフィルムで撮影し現像処理をした後にポジフィルムに焼き付けるラッシュ試写は、ほとんど見ることがなくなりました。多くの場合はネガフィルムから直接デジタルのデータに変換してしまうので、今回フィルム上映で見ることが出来た塾生たちは貴重な体験をしたことになります。
一昔前までは撮影部を目指す人にとって、フィルム上映のラッシュは多くのことを教えてくれる意味で貴重な勉強の場でした。ラッシュを初めて目にする塾生たちにとっては、自分たちが撮影したフィルムが無事撮れているかどうかだけが気になっていたようですが、ある程度経験を積んだ人には、様々な情報が吸収できることで、ステップアップに欠かせない作業です。
また、フィルムはデジタルなどとは違い、フィルムの映像そのものを目で確認できるので、撮影者は次の映像作りへのデータとして活用していました。塾生たちにとってこのような作業を今後経験する機会はほとんどないでしょうが、失われつつある技術には、自分たちにとって必要なことも多くあることを知り、今のうちに学んでおくと、きっと将来役に立つことでしょう。
 12-25-01_20150928021333e31.jpg
 本日の午後の授業は、今回お世話になった東京現像所のスタッフの方々により、フィルム現像の作業やフィルムの取り扱いでの注意点などを、工場見学などを交えて講義をしていただきました。デジタルのようなテクノロジーではなく、化学反応を利用したフィルムの現像は、温度や湿度、現像液の管理など様々な苦労があります。それには、ベテランの技術者が持つ長年の経験が大きな力を発揮しています。
 しかしながらこの貴重な技術も時代の流れの中で失われていくのではないかと心配しています。撮影技術も現像の技術も失ってからでは遅すぎることを、これから映像制作者となって行く塾生達も皆さんも、今一度よく考えてみてはいかがでしょうか。


東京現像所


1210.jpg9月26日授業レポート   育成塾12期生 柳園 丈滋

 長野での撮影合宿を終えてから初めての今回の塾では、調布にある東京現像所にて合宿のラッシュ試写と東京現像所のみなさんから現像技術やポストプロダクションについてお話しいただきました。
 午前はラッシュ試写です。フィルムで撮影して、フィルムでラッシュ試写という流れはほとんどの塾生が初めてだったと思います。僕は自分が撮影部で関わったシーンがちゃんと撮れているかということが心配でしたが、他の班が撮影部であったシーンも含め、全て撮れてはいたのでまずは安心しました。しかし映ってはいても、フォーカスがあまかったり、露光が適切でなかったり、やはりフィルムでの撮影がどれだけ大変で、技術と経験が必要なのかを実感しました。静かな試写室の中で、1カット1カット流れていく度に、撮影中のことを思い出して感慨深くなったり、講師のみなさんにミスを指摘されて冷や汗が出るような気持ちになったりと、ラッシュ試写は恐ろしいものだと思いましたが、これがやはり映画作りの難しさであり、おもしろさであるようにも感じました。そして一番に感じたのは、言葉で表現するのは難しいけれど、フィルムの質感というのは観ていてとても心地よく、このメディアがもうほとんど使われなくなっていくのはもったいないように感じました。
 午後は現像所内での講義と見学です。日本では他にもいくつかフィルムの現像所は残っていますが、時代の流れに押され、会社名に「現像所」と付くのは東京現像所さんだけになってしまったそうです。そんな場所でラッシュ試写を観ることができ、現像機や真っ暗な現像室を見ることができたのは最初で最後の機会だったと思います。とても良い経験をさせていただきました。土曜日で動いていなかったここにある現像機が、全盛期には24時間毎日フル稼働していたということを聞くと、デジタル世代の僕でも、フィルムでの撮影を経験した後にはとても寂しいことであるように感じました。
 1日を通してフィルムの良さを知ることができた今回の塾でした。今日感じたことを忘れないように、今後も映像に関わっていきたいと思いますし、機会があれば、フィルム撮影の現場で仕事をしたいと思いました。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.24

『 茅野・蓼科 撮影実習合宿 最終日 』


12-24-00.jpg

1202.jpg9月16日授業レポート   育成塾12期生 岩淵 隆斗

 最終日、撮影部は一度回ってきました。ステディカムを使用しての撮影では、ステディカム機材が分からず組み立て等を行うことができませんでした。その結果、講師に仕事をとられてしまい悔しい思いをしました。4日通して撮影部の際2回仕事をとられたことがあったので、今までの練習時の取り組みが甘かったと反省しています。また、同じことを指導されることも多々あったので改善したいと思っています。
 基本的な機材管理も最終日は何とかなっていましたが、初日と2日目はひどかったので、現場で人任せにすることがないようにしたいです。
 4日間の合宿で自分に足りないものは多くあるということを実感しました。それと同時に、早く現場で活躍できるようになりたいと思いも強くなりました。どのように努力したら目標達成できるかを、しっかりと考えこれからにつなげて行きたいと思います。


撮影助手育成塾


1201.jpg9月16日授業レポート   育成塾12期生 磯崎 秀介

 慣れない撮影を行い体力的にきつい合宿でしたが最終日を迎えるのはあっという間でした。この日はほとんど他の部署の仕事をしていましたが、最後の現場になるお寺で撮影部の番が回ってきました。この現場で初めて雨が降ってきてそれまで気にしなくてよかったことに気を遣うことになり、慣れ始めていたことが一気に吹っ飛んで思うように動けませんでした。合宿の最後の撮影で満足のいく仕事をしたかったのですが、何が起こるかわからない現場の中でそれに対応できる気持ちと考え方が足りなかったことを反省しています。
 全ての撮影が終わり機材チェックに入るなか、私は最後にサードを担当していたためマガジンかが撮済みフィルムを抜く作業をしていました。最終日の疲れで作業に今まで以上の時間がかかってしまい、機材のチェックや積み込みを他の塾生に任せるかたちになってしまい申し訳なかったと思っています。本来の撮影部ならフィルムを抜く作業もチェックも積み込みも他にやってくれる人はいないため、今の自分はプロの現場では到底使える助手にはなれないと思いました。これからフィルムを触れることはほとんどなくなっていきますが、同じことを繰り返さないように学べるチャンスは無駄にしないようにやっていきたいと思います。
 完全燃焼とは言い難い今回の合宿でしたが、フィルムを扱ったこととまだ仕事もできない私たちに撮影する機会を与えてもらったことはとても貴重な経験になり、自分の中で自信を持って仕事をするきっかけにもなりました。合宿でできなかったことは、これからの授業や現場に行く中で一つ一つできるようにしていこうと思います。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.23

『 茅野・蓼科 撮影実習合宿 三日目 』


12-23-00.jpg

1208.jpg9月15日授業レポート   育成塾12期生 高橋 真実

 今日は最初から撮影部で、セカンドを初めてやりました。全然被写体との距離が分からず、スチールでのぞいていたからかピントを合わせたことがなかったので、レンズをつけて被写体にピントを合わせるということが出来ませんでした。ちゃんとレンズから被写体との距離を見られるようにするのが今後の課題だと思いました。駅ビルでの撮影は気持ちがすごく焦ってしまいました。比較的せまい所でもわたわたぜず、やっていきたいと思いました。北八ヶ岳での撮影はサードでした。初めての山での撮影はすごく楽しく感じました。昨日は、フィルムがうまく回らなくて今日がすごく不安でしたが、無事に回すことができた安心しました。


東京現像所


1204.jpg9月15日授業レポート   育成塾12期生 大西 辰弥
 
 3日目は2日間で現場にも慣れてきていました。ですが気を抜かず朝は集合することができました。
 ほぼ1日特機部と照明部で働くことになりました。駅とショッピングモールではレールやドリー車を使うことも多く、また現場と機材車の距離が離れていたため重い特機機材を手で運ぶこととなりました。特機部は撮影部と同様に遅れてしまうと撮影が進まないため、時間を見越して裏で動く必要があります。また移動撮影では外部出力ケーブルを捌くことが重要となります。キャメラとドリーの動きに支障がでないように気を使いながらケーブルを捌きました。
 午後はこの合宿で初めてフィルム詰めをしました。時間の無い中機材車で揺られながらの装填は、普段机の上でやっているものより難しく時間がかかりました。そのフィルムは夕方の夕景撮りに使用しそこでサードを経験しました。イントレを組んだためキャメラの近くまで行くことはできませんでしたが、高い場所での危険の多い機材の上げを行いました。
 撮影後のフィルムは済みフィルムとして翌日以降も使用します。宿舎に帰宅後、撮影済みを取り出し、生側を再度詰め直す作業を行いました。撮影済みは缶に詰め伝票を貼って現像所へと送られます。一連の流れを学ぶことができました。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.22

『 茅野・蓼科 撮影実習合宿 二日目 』


12-22-00.jpg

1210.jpg9月14日授業レポート   育成塾12期生 柳園 丈滋

 2日目のこの日は早朝撮影から始まりました。4時半からの日の出の撮影です。土地柄とても寒い中での早朝撮影というのはまさに地方ロケっぽかったと思います。運良く朝日も撮影でき、長い一日を何とかスタートできました。
 この日のスケジュールは午前中から地元の酒蔵や考古館での撮影に始まり、午後はホテルや山中での撮影、そしてナイター撮影もありました。私が所属する班は1日目に撮影部でしたので、この日は主に照明部と特機部にとして撮影に参加しました。撮影に欠かせない照明部と特機部の、日本映画の第一線で活躍されている講師陣に指導を受けることができました。監督や撮影部の様子を確り見て、何もいわれずとも高度な仕事をこなす講師陣にプロフェッショナリズムを感じ、撮影現場はこういう人達に支えられているのだと感じました。私は特に照明部の仕事が楽しかったです。日中の野外撮影でも照明部ができることが多く、いろんなテクニックを教わることができました。ナイター撮影では屋内撮影でしたが、屋外にも多くの照明をセティングしたりと、とても充実した内容で指導をうけることができました。特機部、照明部それぞれの立場から撮影の現場を見ることができたのは貴重な経験でした。そして、この日は他の撮影部がどういう動きをしているのか、何を注意されているのかを見ることができたのでその点も良かったと思います。


nkl


1205.jpg9月14日授業レポート   育成塾12期生 岡村 亮

 撮影合宿2日目に入り、前日から数時間後に展望台から日の出の早朝の撮影でまだ真っ暗な時間からの山の上からの夜景は綺麗でした。 その日もA班の為はじめは撮影部ではなく照明部でした。その次に朝食を挟んでダイヤ菊の撮影で照明部として動きまわりました。照明では、レフ板の当て方やHMI等の使い方等を教わり、レフ板の当て方にも様々な工夫が施されていて、蛍光灯はグリーンを放っているので、グリーンを入れて外光に合わす等非常に勉強になりました。それから移動して考古館の外での撮影で、頑張って声を出していこうとしていましたが声を出すのに夢中になり、おろそかにしていた部分が多くあったので直していかなければならない事がたくさんあるという結果でした。そして、ついに考古館が終了してから遂に次の蓼科温泉での親湯ホテルで撮影部として動き出しました。初めはサードとセカンドからのスタートではなくフォースからのスタートでしたが凄く緊張しました。とりあえず掛け声を掛けようとは思ってはいましたが単に掛け声を掛けるだけではなくて自分の意志を伝えられなければ意味がないと思いました。特にホテルだったので余り大きな声が出せない時また狭くて入りにくい場所にはセカンドの人達に必要な情報を教えてもらうという事も大事だと感じました。そして、今回は、記録を担当しましたが、その肝心の記録はほとんどとれておらず全く駄目でした。ただ本当ならば一人でやらなければならない事なので、次からは効率のよい伝達方法を考えていこうと思いました。蓼科大滝と一本桜では一旦C班と夕食を挟んで無藝荘でのナイター撮影でフィルムをロールチェンジして初めてのサードでしたが、もちろん上手くはいきませんでしたが、こうやれば効率がよくなるというのが分かってきたので、忘れずに今後取り組んでいこうと思いました。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.21

『 茅野・蓼科 撮影実習合宿 初日 』


12-21-00.jpg

1209.jpg9月13日授業レポート   育成塾12期生 三木 和樹

 合宿初日、7時30分集合でしたが7時20分に塾に到着した頃には講師の方々が既に一階に降りてきていて、他の塾生達も機材を車に入れていました。合宿が始まった時もそうでしたが、集合時間ピッタリに現地に集合してしまい本当に失礼なことをしてしまいました。集合時間の15分前に到着するのは当然ですが、機材の移動や組み立てなど時間がかかるのなら余裕を持ってもっと早時間に行動することは常識です。合宿中に遅刻することはなかったけど、そんな常識的なことも出来ていませんでした。今回の教訓を忘れず日々精進していきます。
 一日目の合宿は、撮影部でした。私はC班でしたが班員が4人居たのでラジオ局での撮影は部屋が狭いため閉め出されてしまったので、最初の撮影は殆ど何をやっていたのか分かりません。ラジオ局の撮影が終わった後、急いで機材を機材車に積んでいると、いくつかの機材が紛失していました。もう一度ラジオ局に戻って、放送ブースを開けてもらうと部屋のど真ん中に便箱が忘れられていました。一番最初の撮影なので私も含めて塾生達も焦ってしまいましたが、一歩引いて現場を見れなければ正確に安全な仕事は出来ないと感じました。一日目の合宿で私には殆どやることがなかったけれど、初日に一歩引いていて塾生達の働く姿を冷静に見ることが出来ました。いつも起用に機材を扱っている塾生の白川君も初日でセカンドを任され、汗を流しながら頑張っている姿が印象的でした。
 今回の失敗を参考に今後役立てていきます。


ナック イメージテクノロジー


1207.jpg9月13日授業レポート   育成塾12期生 白川 祐介

 いよいよ初めてのフィルムを使っての現場ということで、あまり眠ることができずに寝不足でのスタートになりました。最初は撮影部でセカンドを担当しました。フォーカスは一つひとつの手順を丁寧にやれば何とかなりそうな感覚はありましたが、カメラマンの一番近くに居るのがセカンドで、さっとレベルを合わせたり、重心を取り直したり、パン棒の位置を三脚の高さに合わせてやりやすい位置に持って行ったりとなど、カメラをすぐにカメラマンの使いやすい状態にしなければいけないことに気を使うのが難しく、カメラマン自身が調整してしまい、ほとんどその役割を果たせなかったのが悔しかったです。フォーカスに関して思ったことは、カメラが動くときそのシーンで観客にどこを見せてあげるかを想像すれば、どこにどのタイミングで送っていくか分かるなと思いました。今回は心配だったので、ほとんどのシーンをスケールで距離を測ってから合わせましたが、撮影で時間のないときは絞りや距離から深度が十分にあると分かっているときは目勘で合わせてしまう方が状況的に良いときもあるなと思いました。
 夜はその日に感じた改善点を全体で話し合いました。自分からカメラのアクセサリーのセッティングが撮影時に時間がかかっていたので、どうゆう状況の時にどのようなセティングが良いのかをフィードバックしました。本来は機材チェックの時に把握しておくことだとは思いますが、チェック時はそれぞれバラバラでやってしまっていたのでそれぞれが確認したことの認識をすり合わせていく時間が必要でした。心配に思ったことは時間のある夜などに共通認識を作っていけたので少しずつ撮影に安心感を持てるようになりました。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.20

『 茅野・蓼科 撮影実習合宿 前日機材チェック 』


12-20-00.jpg

 撮影助手育成塾12期生の『撮影実習合宿』が終わりました。9月12日に出発前の『機材チェック』に始まり、13日から長野県茅野市で撮影を開始、16日まで3泊4日で行われた撮影実習は、プロのスタッフに混じっての撮影体験、プロスタッフの作業の速さについていくことすら出来なかった塾生たちは、実際の撮影現場で自分に何が足りないのか改めて実感したことでしょう。
長く続いてきた『機材講習』の授業では、それなりに機材を使いこなしてきた塾生たち、きっと多少の自信は持っていたと思います。しかし実際にはプロの作業についていくのがやっとで、状況を冷静に見て次の作業を組み立てていくことなど考える余裕もないようでした。時間の迫った撮影や難しい場面では、講師であるプロの撮影助手に作業を奪われ、ただ見ているだけの塾生。今まで教わってきて分かっているものの、動けない自分の不甲斐なさにプロの厳しさを知ったことでしょう。  
育成塾の撮影実習合宿は本当の現場と変わらない状況で進められます。今年も茅野市の協力の下、実際に茅野市の観光PRとして使用される作品に仕上げられる予定です。そのためキャメラマンもスタッフも真剣です。真剣なスタッフからは厳しい指示が次々と出され、現場と同じように怒られもします。「プロである以上失敗はしない」という現場のルールに触れながらの実習は、彼らを大きく成長させます。撮影助手育成塾の卒塾生が撮影現場で大勢活躍しているのは、育成塾のこのような環境で学んできたからに違いありません。誰もが初めは撮影助手です。いきなりキャメラマンになれる人はいません。一歩一歩キャメラマンへ上っていく過程で多くのことを学んでいき、立派なキャメラマンになるには撮影助手の厳しさを肌で感じ取り、撮影助手として自分に今何が必要かを知ることが大事です。キャメラマンとしての知識は現時点で必要ありません。撮影チーフやセカンドの知識も同じです。今の自分が撮影現場に入るために必要な知識を学び体験する、それが撮影助手育成塾なのです。
 厳しい3泊4日の撮影実習合宿でしたが、塾生たちが得たものは大きかったことでしょう。間もなく彼らは実際の撮影現場に入っていくことになります。そこで撮影助手として信頼を得て一歩一歩成長していかなくてはなりません。この合宿を経験したことで、ある程度の撮影現場では作業はこなせるぐらいには成長しているはずです。これから多くの現場で多くのことを学び、キャメラマンへと成長していく、この撮影実習合宿がそんな第一歩になってくれることを期待しています。


ナック イメージテクノロジー


1206.jpg9月12日授業レポート   育成塾12期生 佐藤 直紀

今回はナック赤坂にて合宿で使用する機材のチェックを行いました。
まず機材リストを渡されてみると機材の多さにビックリします。これを一つひとつチェックして問題がないかを確認していきます。機材リストに書かれたものがちゃんとあるのか、個数は合っているのか、シリアルナンバーを記入したり、また機材リスト以外に必要なものを追加したり、あっと言う間に時間がたってしまいました。
その後、JSC事務所にて、制作備品等のチェックを行いました。全てのチェックを終えたころにはもう夜中でした。機材チェックは今後とも必要な作業なのでその作業内容や流れは覚えることが出来ましたが、時間がかかったのが反省点でした。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.19

『 撮影実習 』


12-19-00.jpg

 本日の撮影助手育成塾の授業は、兼松塾長をキャメラマンに迎えての「撮影実習」です。6月から本格的に撮影機材の講習を始め、これまで練習してきた成果を確認し、来週に迫った信州での撮影実習合宿に向け、実践的な動きを学ぶための授業です。
実際に被写体をおいての撮影は、慎重に考えながら行える機材講習と違って何があるか分かりません。キャメラマンが何を意図して撮影しようとしているのかを、出される指示の中から推理し、確実に作業をすることは容易なことではありません。実際に今日の撮影では練習で出来ていたことが出来なくて、おろおろする姿ばかりが目立っていました。そして何より、練習で行っていた時間よりも倍以上の時間がかかっていたことも、心の焦りが出ていた証です。それは、撮影現場独特の雰囲気に加え、今まで教えてくれていたJSC青年部の先輩たちが出してくる指示も普段より厳しく、言葉も強めのために委縮してしまったのかもしれませんが、実際の撮影現場も同じように厳しい指示が次々と出されます。プロとして撮影に関わる以上失敗は許されません。危険な作業、見逃す手順、いずれも大きな事故となり、大切な機材の破損や、最悪の場合では撮影映像の損傷へとつながり、それ以上撮影続行が困難な事態に陥ってしまう場合もあるのです。プロとしてはなんとしても避けなくてはならないことです。「仕事はお庭の散歩、目をつぶっていても歩けるような、そんな作業が出来る助手にならなくてはだめだ。それがプロなのだから」と昔キャメラマンから言われたことがあります。今日、塾生たちはこんなはずではなかったと思っていることでしょう、しかし今日の動きが本当の実力であることを認識しなくてはいけません。そして今日の動き一つひとつを思い出して、反省点を自分なりに考えると良いでしょう。「練習では出来たことが本番では出来なかったのはなぜだろう」 次につなげるには大切なことなのです。


ナック イメージテクノロジー


12-03-02.jpg9月5日授業レポート   育成塾12期生 岡村 亮

 合宿に備えての予行演習を兼ねての撮影実習で、本番の撮影と同様に装填してフィルムを回しました。そして、僕はサードをやらせて頂きましたが、やはりというよりも心の落着きがなくてもっとひどい結果になり、自分が何もできない無力さを感じました。頭で考えながらやろうとはしても、逆に空回りして焦ってしまいました。実習は初めてで経験は全然ない為慣れていないとは言え、とりあえず落ち着いてやっていこうと思いました。確実にしっかりとこなせる様になってからスピードは付いてくると思うので、精神的な面から自分を見つめ直していこうと思います。これからプロを目指すのに心が駄目なら技術も駄目になると痛感しました。


文化庁ロゴ3



ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会