FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.37

『 キャメラマン講義:芦澤 明子・川上 皓市 撮影監督 』


芦澤 明子 撮影監督 本日の撮影助手育成塾は年内最後の授業です。2015年を締めくくる授業は「キャメラマン講義」。午前中は芦澤 明子 撮影監督です。映画 『岸辺の旅』 『さようなら』 など、独特の映像で数々の作品を手掛けてきた芦澤氏、「これから撮影助手として現場に入って行く君たちには先の話かもしれないけど」と言ったうえで、キャメラマンとして撮影に臨むのに大切な心構えなどを話してくださいました。映像を作るにあたって基本を踏まえた上で、狙いを考え、どのような表現をし、観客にどのように見せていくか、塾生達が将来キャメラマンになった時に考えてほしいと語っていました。デジタル全盛のこの時代、綺麗に撮るだけなら誰でもできます。しかし「綺麗な映像」とは何でしょう? 芦澤氏は、撮影者が「この作品にはこの映像」と決め、自分のイメージを形にできる知識を持ってほしいと塾生達に語っていたように思えます。機械はデジタルになり、日進月歩で進化しています。これから育つ人はどうしてもデジタルが中心となってしまいます。しかし映像を撮影できるのはデジタルだけではない事を知り、何でどのような映像が撮影できるかを学んで、自分なりの映像表現が出来るキャメラマンになってほしいと教えていました。
 川上 皓市 撮影監督 午後からは、『桜田門ノ変』 『この国の空』 を撮影された、川上 皓市 撮影監督です。授業では川上氏が撮影された 『橋のない川』(1992年公開)を上映し、塾生たちが映画を観て感じたことや質問をする形で進められました。川上氏の話は深く、劇中での何気ない台詞に隠れた深い意味を説明し、その意味を踏まえて考えるとこのアングルでの撮影になるなど、キャメラマンが映画を見せるために決めるアングルには深い意味が隠されていることなどを説明していました。映画は人間を作り上げていく仕事です。登場人物の考えや思いなどを観客に伝えるための最善の映像を作り上げます。キャメラマンはキャメラに対しての知識などの技術を身につけることが大切だと勘違いしている人が大勢います。確かにキャメラへの知識は必要ですが、細かなことは撮影助手に任せればよいこと、それよりも人間を描くために必要なことは他にあることを、川上氏は話していたように思えます。映像に隠された川上氏の考えを聞いて驚いていた塾生達も将来はキャメラマンとなる日が来ることでしょう。 機械の技術も大切ですが、人間を見つめることも撮影部にとっては大切な勉強であることも知っておくと良いでしょう。


撮影助手育成塾


1207.jpg12月19日授業レポート   育成塾12期生 白川 祐介

 芦澤さんのお話の中で、カメラのスペックの向上が必ずしも作品に対する表現への向上につながるわけではないと意見がありました。解像度やノイズレスな映像、ダイナミックレンジが広い映像が撮れるカメラを映像業界が競って作って「綺麗な」映像と謳っている。その「綺麗」というのは作った会社が言っているだけであって、映像表現とはまた別の話だとおっしゃっていました。作品の表現したいことによっては8mmフィルムで撮影したり、古い機種で高感度ではノイズが出やすいカメラを使ったりする事で、その作品に合わせたものを目指して撮影をしているということでした。芦澤さんのお話を聞いていると、そういった選択がそれぞれの作品のカメラマンの最初の仕事で、撮影と同じように作品にとって重要で面白いところだなと思いました。また作品に応じた機材を選んでいく中で、本当にそれが合っているかをチェックしていくことも大事だなと思いました。
『橋のない川』では寄り画に対して気を遣ったと川上さんがおっしゃっていました。ただ物語をしっかり伝えるように撮影するのではなく、作品を作る上での監督の意図を汲んだアングルを考えなくてはいけないとおっしゃっていました。『橋のない川』では差別を題材にしながらも、差別という点を強調するより、そこで暮らす人の生き方を表現したいという監督の意図があって、寄りを多用して登場人物の気持ちに寄せすぎて差別を扱ったドラマということを強調しないように気を遣ったということでした。監督の指示だけではなく、そうしたカメラマンの意識の積み重ねが大きく作品の印象に影響してくるので、監督との対話がとても大事だなと思いました。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.36

『 撮影実習ラッシュ試写&東映ラボ・テック講義 』


12-36-00.jpg

 本日は練馬区東大泉にある東映ラボ・テックの『東映デジタルラボ』にて、先週の撮影実習で撮影した映像を、大きな試写室にて上映しました。デジタルの技術は日進月歩、どこまで進んでいるかを塾生たちの目で見てみることが狙いです。デジタルラボの試写室は、街中にある映画館に比べると高品質な映像を見ることが出来ます。様々な要因もあり、どの映画館でも同じ映像が見られるわけではありません。勿論、映画の上映に対しては基準が設けられていますが、映画館によってはこの基準を出し切れていないスクリーンがあることも事実です。撮影者にとっては自分の撮影した映像ですから、基準を守って上映してほしいのですが、なかなか全ての映画館がしっかりと守って・・・というわけにはいかないようで・・・お客の立場になった時のことを思うとつらいです。 
今回映像を見せて頂いたデジタルラボのスクリーンは、間違いなく撮影者の思った通りの映像を忠実に再現してくれます。そんな環境でラッシュ試写を見られる塾生達はどのように感じたことでしょうか? 9月の合宿のラッシュを見せて頂いた東京現像や、今回の東映ラボ・テックのように、映像のプロの方々が厳しい目で守っている環境では、自分たちのミスがよりはっきりと出てしまうことの怖さを、身をもって体験したことでしょう。また、ポストプロダクションで映像のどのような作業をするのかなど、色々と講義をしていただいた授業でした。
我々撮影する自分たちもプロなら、それを取り扱うのもプロ、プロフェッショナル同士だから分かるこの世界に、間もなく入っていくことを忘れないでいてほしいです。


東映ラボ・テック


1205.jpg12月12日授業レポート   育成塾12期生 岡村 亮

 東映東京撮影所内にあるラボにお邪魔して先週実習で撮影した映像のラッシュを観ました。
やはり撮った映像を直に見ると自分の反省点が露呈して非常に勉強になりました。カットバックの距離が合っていないのでボケの具合が違っていたり、18mmの広角レンズでパンをした時に映り込みがあったり、人と置物がかぶっていたりしていたのが自分の目で確認できたので、次からはこうした方が効率よくできて最善の方法が分かったので、良い経験になりました。 また、深度に関しても今回のラッシュを拝見して改めて上手く使うという事をしていく様にしなければと思いました。
 これから助手として仕事をしていくにも、表現性や感性に関しての意見や質問をキャメラマンに聞いて、キャメラマンのやりたい表現の手助けをして、尚且つ邪魔にならずにスムーズにセッティング等の動きをする事が重要であると思いました。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.35

『 デジタル撮影実習:ARRI ALEXA 』


12-35-00.jpg

 本日はデジタルキャメラのARRI ALEXAを使用して『撮影実習』の授業です。兼松塾長をキャメラマンに、役者による芝居を撮影しての実習です。9月に行われた撮影実習後、デジタルの授業を中心に学び、実際の現場に近い形で撮影を行うのは初めてでしたが、思っていたよりスムーズに作業をこなしていました。9月の実習ではフィルムでの撮影、今回はデジタルでの撮影と使用するキャメラは違いますが、撮影助手の現場での作業は基本的に同じで、キャメラマンのアシスタントであることには変わりなく、9月の合宿で鍛えられた塾生たちの動きは良かったように思えます。   
しかし、デジタルでの撮影ではフィルムと違い簡単に思われがちですが、意外にヒューマンエラーが多く発生します。フィルムで撮影をしてきた者にとってどこか緊張感が感じられなく思えるデジタルでの現場ですが、大切な映像を取り扱う撮影部にとっては、緊張感は変わらないはずです。ところが、デリケートで傷つきやすいフィルムの取扱いがない分、どこか作業も機械的に進みがちになってしまいます。簡単に撮影が出来てしまうビデオならではの感覚なのでしょうが、撮影が終わってから気づくミスの大きさは深刻です。デジタルの授業が始まってから多くの方から沢山のことを学んできましたが、誰もが注意深く確認を怠らないのは、簡単に思えることにこそ陥りやすいミスが潜んでいることを知っているからです。塾生たちはそういった怖さをまだ知りません。その分のびのびと作業をしていたのかも知れませんが、撮影という仕事が分かり始めてきた今だからこそ、今一度初心に戻る気持ちで、一つひとつの作業を進めていくことが大切に思えます。12期生達もまもなく実際の現場へと入っていくことになります。育成塾で学んで覚えたことへの自信と共に、恐々フィルムを触っていた頃の初心も忘れないでほしいです。


ナック イメージテクノロジー


1201.jpg12月5日授業レポート   育成塾12期生 磯崎 秀介

 今回の撮影実習は合宿以来の久しぶりの撮影でもあり、デジタルの機材を扱った実習は初めてのことでした。ログと709の2つのガンマで同じ条件で交互に収録して、実践でのキャメラの扱いに慣れることができたことと、ログと709の設定は変えられても実際にどう変わるのかはまだ分かっていないので2つのデータを見比べることができるのはいい経験になると思います。
 機材に関しての問題は今回の撮影ではなかったのですが、仲間とのコミュニケーションがまだまだ足りていないと感じました。コミュニケーションをしっかりとることはフィルムの実習の時から言われていたことで、機材が変わったとしても助手どうしのコミュニケーションの形は同じだと思うのでしっかりと自分のやるべきことと相手のやっていることを把握して無駄なく仕事ができるようにしていきたいです。
 塾での授業も残り少なくなっていますが初めの頃から言われていることでいまだにできていないことがまだあるので、残りの授業をもっと危機感をもって臨むのと次回の撮影実習に向けて、できないことを減らしていきたいと思います。


文化庁ロゴ3

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会