撮影助手育成塾便り.Vol.13-11

『 機材講習:ARRI 3型 35ミリフィルムキャメラ (2回目) 』


13-11-02.jpg

 実技の授業が始まって3回目となり、機材の扱いにも慣れてきた様子の13期生たちですが、まだ素人の扱いというところで、指導している私たちもドキドキ、ソワソワといったところです。
本日の授業でARRI 3型キャメラの講習も最後です。まずは機材に慣れるという意味で丈夫な3型キャメラでの講習でしたが、その丈夫さに助けられている部分が多く、多機能となった現在のキャメラでミスをしないかとの不安がよぎります。これはミスとはどのようなものかを知らないが故の事で、現段階において致し方のないところでしょう。どこまでが大丈夫で、どこからがだめだという部分をしっかりと知った上での作業が出来なくては、信頼される助手とは言えません。信頼されなくては現場で与えられる作業は誰でもできる作業に限られてしまいます、これでは仕事に面白みを感じることは出来ません。先輩が指導のために行っている作業を見てまねるだけでは覚えたことにはならず、その作業にどのような意味があるのかを理解しながら行わなくては、仕事をしている事にはならないのです。自分が行おうとしている作業はどのようなことで、どの部分に注意をしなくてはいけないのか、それをよくわかった上で一連の作業の流れを自分なりに身に付けていく必要があります。初めは先輩の作業を真似することでも構いません。その作業にどのような意味があるのかを考え理解すれば、自分なりの作業が確立されていくのです。考える事、それは実に大切な事なのです。
 来週からは次の講習機材でARRI435 35ミリフィルムキャメラに移ります。このキャメラは現在でも多くの撮影現場で使われており、卒塾した後に実際に仕事で取り扱う可能性が高いキャメラとなります。しっかりと学んでおけばすぐに実践で学んだ事が役立つでしょう。その反面、練習とはいえ、ミスによる損傷は機材をお借りしている所に多大な迷惑をかける事になりかねません。指導も厳しくなっていくので、頑張ってついてきてほしいです。


三和映材社


13-12-01.jpg 6月25日授業レポート   育成塾13期生 小野寺 昌哉

 今回の授業は、場所をナック赤坂さんから三和映材さんに移り、引き続きARRIの3型の実習を行った。
 細かい部分ではあるが、ナック赤坂さんと三和映材さんの機材の違いを忘備録として書いておく。
 三脚のトライアングルが、ナック赤坂さんは三脚にセットされた状態でケースに収納されているが、三和映材さんは三脚から外した状態でケースに収納されている。これは、機材返却時にそれぞれのレンタル会社の収納方法に準じた形にしなければいけないので、注意が必要である。
 マイナスドライバーが、ナック赤坂さんの時はキャメラケースに入っていたが、三和映材さんは入っていないのでクイックプレート装着時に必要な、適切な大きさのマイナスドライバーを用意しておかなければいけない。
 三和映材さんの、パワーケーブルはカメラ側のコネクターのロックピンが外されている。これは、万が一ケーブルが引っ張られた時に自然に外れることによって、キャメラが転倒する事故を未然に防ぐ為の処置である。
 今回で、ARRIの3型の実習は最後であったが、つい忘れがちになってしまう取扱上の注意点をまとめてみる。
 キャメラにマガジンを装着する際、キャメラ上部の蓋を外すわけだが、その蓋をどこにしまうかという問題がある。蓋を収納するポーチのようなものを用意するのが、作業上早くて良い気がするが、それがない場合は機材ケースに入れる。機材ケースは、キャメラケースかマガジンケースになると思われるが、三脚にキャメラをセットした後、キャメラケースを邪魔にならない所に避難させている場合は、マガジンケースに蓋を収納するのが妥当なのではないかと思われる。
 キャメラにマガジンを装着する際、及びドアーを開け内部にフィルム装填をする際等は、パワーケーブルを抜いておく。この作業はつい忘れがちになってしまうが、万が一の事故を未然に防ぐ為に、徹底しなければならない。
 キャメラのカウンターのリセット及び、撮影終了後のカウンターの読みもつい忘れがちになってしまうのだが、フィルム管理に最も重要な情報の一つなのでこれは忘れてはいけないし、その情報がないと残フィートの管理ができない。
 マガジンにフィルムを装填する際、マガジンの側面のループマークよりパーフォレーションの一目出す訳だが、感覚的には一目半ぐらい出した方がループの状態が良さそうである。
 キャメラにパワーケーブル等を装着する際、端子の負担を軽減する為に三脚のロックレバー等を利用してそこにケーブルをループ状にして引っ掛ける。こうすることによって、ケーブルの自重で端子に負担が掛かる事を軽減し、機材の故障を未然に防ぐ。
 レンズを装着する際、指標がキャメラの左側になるように装填するのが基本であるが、ローアングルの場合は指標がキャメラの上になるように装着すると作業がしやすい。
 ARRI3型の実習は、都合三回で、各部操作に完全に慣れるまでには至らなかったが、基本的な作業に対する考え方を実践的に学べたようにも思うので、その事を忘れず、次の435型の実習につなげていきたい。


文化庁ロゴ3

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
過去ログ
授業アルバム
授業風景のアルバムです。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新212号発売
映画撮影212

JSC機関誌『映画撮影』212号が

発売されました。

212号の特集は

『村山宇宙論』

『新陰流 上泉伊勢守秀剛』

『14の夜』

『BE FREE!』

『サバイバルファミリー』

『いのちのかたち』

― 洋画の話題 ―

『マリアンヌ』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


映画撮影194


映画撮影193


映画撮影192


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会