FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.13-16

『 特殊機材講習:株式会社 NKL 』


13-16-00.jpg

 本日の撮影助手育成塾の授業は『特殊機材講習』です。特殊機材とはどのようなものか、本日講習を行ってくださった、株式会社 NKLのホームページ<http://www.nkl.jp/>をご覧になってください。
 特殊機材部、我々は略して“特機”と呼んでいますので、以降特機と書かせていただきますが、その特機部と撮影部はなくてはならない間柄、様々な映像を完成させるためには移動撮影やクレーン撮影は欠かすことが出来ません。この特機を操作するのがオペレーターと呼ばれる方達で、ベテランの特機オペレーターともなれば、キャメラマンと同等とも言われています。ベテランのオペレーターの方はどこがすごいのか、それはオペレートする特機に乗ってキャメラマンをすればよく分かります。ベテランのオペレートだけで作られる映像が確実に違うからです。
 その事はさておき、今回の授業はオペレーターの講習ではありません。撮影助手として特機部と現場で一緒に作業をする上で必要な事柄を、実際に体験を通して教えてもらう授業です。それに、時には撮影助手が特機をオペレートすることもあるので、操作方法は学んでおく必要があります。特機部が使用する機材の中には大変重く、操作に危険が伴う機材もあり、その作業は準備の段階から慎重に行うことが求められます。一つ間違うと大怪我につながりかねないこれらの作業だからこそ、専門の人からしっかりと教わる必要があります。もし事故ともなれば自分だけではなく他の人にも大けがをさせてしまう危険性があるので、撮影部になるのであればしっかりと学んでおくことが必要なのです。
 間もなく始まる撮影実習合宿では、班分けされた塾生が交代で特機部を経験することとなります。特機部を経験することはとても良い撮影の勉強となり、自分の画作りの為にも特殊機材一つひとつの特性を知り、自分ならどのように使用するかなどを考えるのも面白いでしょう。


nkl


13-12-01.jpg 7月30日授業レポート   育成塾13期生 小野寺 昌哉

 今回の授業は、場所を府中のNKLさんに移し、特殊機材の実習を行った。特殊機材は、通称「特機」と呼ばれ、キャメラをスムーズに移動させる装置の他に、擬似的に、雨、風、雪、煙等を出す装置も特機である。 高い位置に機材をセットする為の、イントレもNKLさん等の特機屋さんからお借りするもので、まず実習はイントレを組んでみた。
 NKLさんのイントレは、3尺と5尺のサイズがあり、5尺の上に3尺を載せ、ラッシングベルトで固定するという作業を行った。ラッシングベルト固定作業が、普段、使い慣れていないもので、若干難航したが、金具の部分の細長い穴にベルトを通してからレバーを操作する。 南さん曰く、キャメラマンもラッシングベルト1本持っててもいいと仰っていたので、機会を見て調べておこうと思う。
 実習で使ったイントレは、キャメラマンの助手でも作業する事ができるが、タワーイントレ等は、講習を受けた人でないといけないらしく、こちらのタイプを取り扱う時には注意が必要だ。
 次に、レールをセットする実習をした。まず地面の高いところを探し、そこから水平を取っていく。なぜなら低いところから作業してしまうと、高いところの地面を削らないといけなくなるからである。
水準器のあて方は、レールに対して垂直方向(枕木の方向)をまず水平を取り、その後レール後端のレールに対して垂直方向の水平をとる。レールを何本も繋げている場合はこの作業を繰り返す。
 具体的な水平をとる作業は、クサビとパッキンを使う。どちらも木製でパッキンは色々な厚みの板である。クサビは使う方向があり、三角形の短辺が地面に対して垂直になる向きで使う。このクサビは、NKLさんの手作りで、製作が難しいので、現場で紛失等に注意しなければならない。
レールのセット後、移動車での撮影を実習したが、ゴムのタイヤからレール用のローラーに変更する際に、「円形内側」と書いてあるものが2つあるので、この2つを同じレールに乗るように注意しながらセットする。この円形内側のものは、内輪差の分ほんの少し移動するようになっている。
 移動車の作業は、なかなか難しかった。どうしてもスピードが遅れたり安定しなかったりするので、最初の出足は注意が必要だ。スタートのほんの少し前から少し動かし始めた方が良いような感覚で、初速は早めにあげないと出遅れてしまう。今回は円形のレールも実習したが、円形の部分に入る時はあまりスピードが早いと脱線してしまうので、こちらもスピード調整が大事だ。
 その後、レールは片付けて、ゴムのタイヤに付け替えて作業実習したが、こちらはさらに難しかった。レールがない状況で直進させるのはハンドルの方向に注意しないと、まともに動かす事さえ出来なかった。慣れていないうちは、「押す」より「引く」で作業した方が良いと痛感した。このゴムのタイヤだと、地面の状況によっては、キャメラに振動が伝わるので、この場合「アイソレーター」という防振装置を使う。
 その後、ミニジブの実習に入ったが、これはかなり便利なものだと思った。装置はそれなりに大きいので、作業スペースがない状況では使えないが、キャメラマンが意図的に色々とキャメラポジションを移動させる際に、効果を発揮する事がわかった。
 その後、クレーンに乗せていただいたが、この時の注意事項はオペレーターさんの指示に従い、乗降する事だ。カウンターウェイトが効いている状態で空荷になってしまうと、カウンターウェイトが急激に下がり、キャメラ側が跳ね上がってしまう等の事故が起きてしまうので、必ずオペレーターさんの指示で乗降しなければならない。
 NKLさんの実習は、どれも本当に楽しいものばかりだったが、最後に上田さんが仰っていたように、その楽しい撮影の裏側にNKLの南さん達の確実な作業があるので、キャメラ側としてその事を忘れてはいけないと、改めて肝に命じる思いの授業であった。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-15

『 機材講習:ARRI435 35ミリフィルムキャメラ(4回目) 』


13-15-00.jpg

 実践的な機材講習の授業も7回を過ぎ、だいぶ機材にも慣れてきた様子の13期生たち、授業が始まると慣れた手つきで準備も始められるようになってきました。この辺になってくると理解度の違いによる個人差が多少生まれてきます。呑み込みが早い人や、実践的な動きの習得が速い塾生などは目に見えて上達しています。これは個人差によるものなので私たち講師陣は比べる事はしません。 上手くできない人は自分ができない部分の課題を自ら認識し練習すれば必ず上達するからです。それには塾生本人が積極性を出して練習する必要があります。出来る様になった人は自信もつき、積極的に動いていく中で、一方、自信のない者はそれに押されて手が出せない状況も出てくるのがこの時期ですが、そのような事ではプロの現場では通用しませんので、積極性を出してどんどん動いていくことが必要でしょう。
プロが実際の仕事で使用する機材を自由に練習として使える育成塾の授業は恵まれた環境と言えます。他の場所では決してできない環境です。その恵まれた環境を生かせるようにするのは塾生本人次第であり、また、仲間と常にコミュニケーションを取り、自分の苦手な部分を仲間から教えてもらうことも大切です。
育成塾の授業は、厳しいようですが一度教えた部分を何度も引き返しながら教えることはしません。 プロの現場と同じような環境で教えることをモットーにしている育成塾は、塾生を見習いの新人と同じように扱っているからです。そのため仲間の存在は大きく、お互いに助け合いながら共に成長していくことが、お互いの上達につながります。
 仲間の存在は大切です。塾生の間はもちろん卒塾後も続く仲間は心強いものです。こんな仲間を作れるのも育成塾ならではでしょう。 間もなく始まる合宿でも、仲間同士助け合いながら成長してくれることを期待しています。


三和映材社


13-09-02.jpg 7月 23日授業レポート   育成塾13期生 高木 泰宏

 この日の授業も、合宿で使う435の練習でした。特に新しいことは教わりませんでしたが、今までのおさらいと、覚えたことを何度も繰り返し練習するといった授業でした。
 毎回毎回授業を受けるたびに、何か一つでもためになったことはあるか、自分の成長につながることはあったか、と自問自答しているのですが、英語や歴史などの教科を勉強しているのとは違って、身についた技術や経験は目に見えるものではないし、点数もつけられるものではないので、講師の方々から言われたこと、注意されたこと、何気なくおっしゃられたことなどが、自分の評価を知る手がかりとなるのかもしれないなと思いました。
 石田さんをはじめ皆さんがいつもおっしゃる言葉の中に、「他人から見て、様になってるかどうかが大切だ。」という主旨の言葉があります。おそるおそる手順を思い出しながら、たどたどしくカメラを触っていると、周囲から不安がられたり、イライラされたりするので、ハッタリでもいいから堂々としていなければならないということなのでしょうか。とても今の自分には出来ない芸当のような気がします。それはやはり、自信がないからなのでしょう。
 自信というものは、おそらくそう簡単に身につくものではないのでしょうが、自信がないことが、戸惑いや失敗や遠慮につながっているのが今の自分の現状だと思うので、塾での時間が許す限り、精一杯集中して授業に臨みたいと思います。
 そしていつの日か、「JSCの育成塾を卒業した」ということが、自分の自信になればいいな、と思いました。そうなれるように、これからも一生懸命授業に臨みたいと思います。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-14

『 機材講習:ARRI435 35ミリフィルムキャメラ(3回目) 』


13-14-00.jpg

 13期生の実践的な機材講習が始まり、機材にも少しずつ慣れてきたように感じます。動きを頭の中で考えながら作業するのは現段階では仕方がないですが、考えなくても箸を持つように自然に動けるよう、今は少しでも機材に触るのが良いでしょう。
先週の授業から本格的に助手としての動きを練習するようになりました。先週は二人組になり撮影機材の組み立ての練習。仲間がどのような作業をしているのかを考えながら、自分は次にどのような作業をすればよいのかを考えることは、確かに経験が必要であり難しいですが、一人で機材をくみ上げるイメージをしっかりと持って臨めば、意外と簡単に出来るものです。
本日の実践的な講習は『フォーカス送り』です。フォーカスとはピントの事ですが、動画は動いている被写体を撮影するので、スチール写真と違って、絶えずピントを送らなくてはなりません。この作業をするのがピントマンというパートです。諸外国ではピントマンを専門にして仕事をしているプロフェッショナルがいます。60歳を過ぎたベテランのピントマンもいて、「この人に任せればどんなピントも大丈夫」と言われ、絶大な信頼を得ている人もいます。それほど動画にとってピント送りは大切な作業なのです。合宿では実際に塾生がフォーカスを送ることになるため、今日の練習となりましたが、実際にフォーカスを送るのが初めての塾生たちは上手くできるはずもありませんので、まずはフォーカス送りとはどの様な作業なのかを体験する意味で、簡単な設定での練習から始まりました。
フォーカス送りは意外と才能的な部分もあって、最初からうまくできる人も中にはいます。目による距離感と人物の動きへの対応を天性で持っている人です。また、うまくできない人でも、練習によって養うことが出来るので、数多く練習することが上達のポイントとなるでしょう。芝居内容によってのフォーカス送りは数多く撮影の現場を熟知し、キャメラマンや先輩との会話の中から育てていくしかないでしょう。
 フォーカスマンは実に重要なパートです。映画やテレビを見ている人には気付かれないようにしなくてはいけないので、まさに「縁の下の力持ち」と言ったところです。見ている人を楽しませる作品を作れるよう、塾生たちも頑張って練習してください。


ナック イメージテクノロジー


13-10-01.jpg 7月16日授業レポート   育成塾13期生 板垣 優天

 被写界深度について、座学ではやっていて、見させてもらった事はありましたが、実際にやってみて、こんなに厳密に数字で決まっているんだという事を実感しました。 逆に言うと、その数字を頭に入れる事ができれば、それが力になる。せめて手帳を持ち歩き、各カメラのセンターサイズを把握していれば、それだけで力につながります。 日頃、フィート感覚を養って、できるようにしていきたいです。
 435を週一ながらもたくさん触らせていただいて、慣れてきてはいると思いますが、合宿までの残りの日数を考えると、まだまだ不安です。その場その場で神経をとがらせて集中していくのはもちろんですが、塾ではない日に、空いている時間にいかに学んでいくか、体にすりこませていくかが近道で、一日ほんの30分でもイメージトレーニングをするとか、頭の中でも一から組み立ててみるなどしていこうと思います。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-13

『 機材講習:ARRI435 35ミリフィルムキャメラ(2回目) 』


13-13-00.jpg

 ARRI435キャメラの「機材講習」授業2回目。13期生たちも機材の取り扱いには徐々にではありますが慣れてきて、多少動けるようになってきました。ARRI435に関しては2回目という事もあり、フィルムの装填などを見ていると、実践はまだ無理なようです。しかし、取り扱い全般を言うと、キャメラが3型から435になっただけで、大きく変わらない取り扱い方には多少の自信もついてきたのか、それなりに動けているようです。
そこで本日は、実際の現場を想定しての動きを練習することにしました。実際の現場ではキャメラ機材の組み立ては一人か二人で行うことがほとんどで、特殊な撮影現場でもない限り三人以上で準備することはないでしょう。そのことを踏まえ、今日は塾生を二人組にして最初から最後まで手際よく作業をする訓練をしました。二人で作業をする場合は、相手が行っている作業を見ながら、自分はどのような作業をすれば良いかを考え、進めていかなくてはなりません。息の合った作業では最初から最後まで10分もあれば出来てしまうものです。今まで全員で行っていた作業を二人で行わなくてはならないだけなのですが、手順がまだ呑み込めていない彼らはウロウロと無駄な動きが多く、時間ばかりが過ぎていく作業でした。ですが、まだ全体の流れを体で覚えきっていない塾生だからで、きっとこの作業も数回繰り返せば様になっていくでしょう。大切な事は作業の流れを体で覚えていくこと、これに尽きます。体で覚えるのはそれほど難しい事ではありません。何度も何度も繰り返し練習すればよいですから。難しいことは、繰り返し練習する環境を作ることです。撮影助手育成塾のように35ミリの機材をこれだけ練習できる環境は他にはありません。しかもプロの使う機材、プロの撮影部が側についての練習です。この恵まれた環境をうまく生かして、大きく成長してほしいです。


三和映材社


13-04-02.jpg 7月 9日授業レポート   育成塾13期生 横山 達也

 二回目のArri435の講習を受け、435はカメラムーブメントの中がせまく、まだ手際よくマガジンの装填ができないのでしっかりと練習してうまく装填する事ができるようになりたいです。また、装填する際ムーブメントがせまく、3型よりもフィルムへの負荷がかかると思うのでフィルムの感覚を覚えてどのくらいなら大丈夫か、手で覚えて事故のないようにしたいです。
 午後には現場についてからのカメラの立ち上げを想定しての練習をして、まだまだ立ち上げの際の、どのようにすれば効率がいいか、どこになんのケースをおいて、二人でどのように分担すればいいかしっかりと考えきれてないのでもっと手際よくできるようになるためにも、講師の方達のやり方を見て覚えて自分なりにも効率のいいやり方を考えたいです。また、機材の立ち上げの際にも、もちろん早さも大事だけれど、しっかりと機材を安全に扱わなければいけないので、教わった機材を扱う際の細かい注意点をしっかりと守ってできるようにすることが大事だと思いました。
 機材の立ち上げは早さと安全さが大事だと思い、早く、かつ焦らずに冷静にやって、周りの人が見ても危なっかしくなく、安心して見ていられるようになりたいです。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-12

『 機材講習:ARRI435 35ミリフィルムキャメラ 』


13-12-00.jpg

 本日の授業は「機材講習」です。先週まで練習したARRI 3型キャメラから、ARRI435 35ミリフィルムキャメラに講習する機材が変わります。
ARRI435キャメラは今まで講習で練習してきた3型キャメラの後継機になりますが、IC化により様々な撮影が可能となり、また3型と同じように5倍速まで回転を上げることができるハイスピード撮影が可能なキャメラです。今でも多くの撮影現場で使用されており、この育成塾でも9月の撮影実習合宿で使用することになっています。多機能になったという事は、構造が単純な3型キャメラよりデリケートな取り扱いが求められます。丈夫で壊れないという事においては定評のある3型より取扱注意点が多くなることは、3型キャメラの講習で機材にも慣れてきた塾生たちにとっては、実は気の抜けない講習と言えるでしょう。実際に見た目の似ている3型キャメラの雰囲気をそのまま持ち込み、ミスをする塾生もおり、まだまだ自分たちは素人の域を出ていないことを実感したでしょう。
 今ではフィルムキャメラのほとんどが製造を中止しているので、古いイメージと思われがちですが、この435キャメラもその基本が変わらないというだけで、少しずつ進化は続けられています。現在の撮影で求められている部分には改良が付け加えられています。しかしながらフィルムでの撮影が少なくなっている現在、機材をレンタルする会社では余裕ある台数を確保しているとは言えません。少ない台数のキャメラ1台を壊すという事は、レンタルをしている会社にとっては大きな痛手です。そのような事がないように安心できる撮影助手に機材を託したいという思いは当然なこと。そういった意味でもしっかりとした撮影助手が現在求められています。塾生たちも一つひとつの作業をしっかりと理解しながら覚え、信頼される撮影助手になってもらいたいです。


ナック イメージテクノロジー


13-11-01.jpg 7月2日授業レポート   育成塾13期生 平見 優子

 合宿でも使用する、アリフレックス435の機材講習でした。 III型から比べると急に新しくなったように見えました。電源スイッチがあることやマガジンのローラーアームが蓋を閉めるとしまることなど…色々と賢い機能が増えました。大学で、焦ったときに間違えてしまう「ヒューマンエラー」を回避するための方法について勉強することが多いのですが、435はこういったヒューマンエラーを回避する機能がIII型よりも多くなっていました。つまりは多少焦ってもなんとかなる、ということではあるのですが、もちろん危機に対する意識は持ち続けなければいけないと思います。今回の講習中のフィルムの装填時に2台ともで、うまくパーフォレーションにピンが入っていないままに走らせてしまったため、フィルムが砕けるという、事故が起きていました。確認不足や新しい機械への安心感によりそれらが起きていたと感じたので、今一度入念に丁寧に集中してやっていきたいと思いました。
 435の難しいところは、カメラ内もマガジン内も狭いことです。工夫を凝らさないとループが取りづらかったり、装填しにくかったりするのでしっかり練習してコツをつかんでいきたいと思います。
 また今回被写界深度について学習しました。フォーカスチャートを見るときのセッティング方法としては、まず、カメラとチャートの高さを合わせ、チャートの水平をとり、チャートからカメラの距離を測り、レンズをのぞいて中心を合わせ、レンズ上部からチャートの端と端の長さを等しくすることで、正確なフォーカスをとれます。深度を利用したフォーカス送りなどをすることもあるため、しっかりレンズに対する深度の深さを把握しておくべきであることがわかりました。


文化庁ロゴ3

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会