撮影助手育成塾便り.Vol.13-14

『 機材講習:ARRI435 35ミリフィルムキャメラ(3回目) 』


13-14-00.jpg

 13期生の実践的な機材講習が始まり、機材にも少しずつ慣れてきたように感じます。動きを頭の中で考えながら作業するのは現段階では仕方がないですが、考えなくても箸を持つように自然に動けるよう、今は少しでも機材に触るのが良いでしょう。
先週の授業から本格的に助手としての動きを練習するようになりました。先週は二人組になり撮影機材の組み立ての練習。仲間がどのような作業をしているのかを考えながら、自分は次にどのような作業をすればよいのかを考えることは、確かに経験が必要であり難しいですが、一人で機材をくみ上げるイメージをしっかりと持って臨めば、意外と簡単に出来るものです。
本日の実践的な講習は『フォーカス送り』です。フォーカスとはピントの事ですが、動画は動いている被写体を撮影するので、スチール写真と違って、絶えずピントを送らなくてはなりません。この作業をするのがピントマンというパートです。諸外国ではピントマンを専門にして仕事をしているプロフェッショナルがいます。60歳を過ぎたベテランのピントマンもいて、「この人に任せればどんなピントも大丈夫」と言われ、絶大な信頼を得ている人もいます。それほど動画にとってピント送りは大切な作業なのです。合宿では実際に塾生がフォーカスを送ることになるため、今日の練習となりましたが、実際にフォーカスを送るのが初めての塾生たちは上手くできるはずもありませんので、まずはフォーカス送りとはどの様な作業なのかを体験する意味で、簡単な設定での練習から始まりました。
フォーカス送りは意外と才能的な部分もあって、最初からうまくできる人も中にはいます。目による距離感と人物の動きへの対応を天性で持っている人です。また、うまくできない人でも、練習によって養うことが出来るので、数多く練習することが上達のポイントとなるでしょう。芝居内容によってのフォーカス送りは数多く撮影の現場を熟知し、キャメラマンや先輩との会話の中から育てていくしかないでしょう。
 フォーカスマンは実に重要なパートです。映画やテレビを見ている人には気付かれないようにしなくてはいけないので、まさに「縁の下の力持ち」と言ったところです。見ている人を楽しませる作品を作れるよう、塾生たちも頑張って練習してください。


ナック イメージテクノロジー


13-10-01.jpg 7月16日授業レポート   育成塾13期生 板垣 優天

 被写界深度について、座学ではやっていて、見させてもらった事はありましたが、実際にやってみて、こんなに厳密に数字で決まっているんだという事を実感しました。 逆に言うと、その数字を頭に入れる事ができれば、それが力になる。せめて手帳を持ち歩き、各カメラのセンターサイズを把握していれば、それだけで力につながります。 日頃、フィート感覚を養って、できるようにしていきたいです。
 435を週一ながらもたくさん触らせていただいて、慣れてきてはいると思いますが、合宿までの残りの日数を考えると、まだまだ不安です。その場その場で神経をとがらせて集中していくのはもちろんですが、塾ではない日に、空いている時間にいかに学んでいくか、体にすりこませていくかが近道で、一日ほんの30分でもイメージトレーニングをするとか、頭の中でも一から組み立ててみるなどしていこうと思います。


文化庁ロゴ3

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
過去ログ
授業アルバム
授業風景のアルバムです。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新212号発売
映画撮影212

JSC機関誌『映画撮影』212号が

発売されました。

212号の特集は

『村山宇宙論』

『新陰流 上泉伊勢守秀剛』

『14の夜』

『BE FREE!』

『サバイバルファミリー』

『いのちのかたち』

― 洋画の話題 ―

『マリアンヌ』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


映画撮影194


映画撮影193


映画撮影192


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会