FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.13-31

『 デジタル撮影部の仕事 』


13-31-00.jpg

 本日の撮影助手育成塾の授業は、五反田にある株式会社 イマジカにて、撮影技術スタッフによる技術講習の授業です。イマジカは、撮影から仕上げ、作品の完成までトータルで行えるポストプロダクションです。その中の撮影部は最新技術を取り入れ、常に新しい映像を作り上げています。今日はその撮影部の方たちにデジタル撮影現場における撮影助手の仕事と、DIT(デジタル・イメージング・テクニシャンDigital imaging technician)の仕事とはどの様なものかを教えてもらいました。
 DIT(デジタル・イメージング・テクニシャンDigital imaging technician)とは何か。この職種はデジタル撮影が本格化してから生まれたもので、今までの映画はフィルムによって撮影されていました。フィルムの時代では撮影助手がすべてフィルムの管理をしていましたが、デジタルではフィルムに変わってデジタルデータになり、フィルムの管理のような仕事とは多少異なった作業が必要となったのです。
人の手による作業ができるフィルムと違い、目で見ることのできないデジタルデータは、実に簡単なミスによって消去されてしまうことがあります。つまり、苦労をして撮影されたものが一瞬で消えてしまうのです。実際、デジタルの撮影が始まった初期段階では、様々な問題が発生しました。また、技術の向上により取り扱うデータも複雑になり、その処理には長い時間も必要となってきたのです。多くの事故が起こったことにより、デジタルデータの管理を専門とする知識と技術を持ったスタッフが必要だということで生まれてきた職種なのです。初めのうちは撮影されたデータの管理だけでしたが、今では様々な事も仕事の中に含まれるようになり、高い専門的な技術が必要となってきました。
これまでフィルムの取り扱いを学んできた塾生にとって、デジタルデータの取り扱いは初めての事です。今の人たちはパソコンやスマートフォンなど日常でデジタルデータに接してきています。しかしそれは正しいデジタルデータの取り扱い知識を知った上でのことではありません。いつ大切なデータが失われてもおかしくない作業なのです。これから現場へと出ていく塾生にとって、正しいデータの取り扱いは必ず知っておかなくてはならない技術、今日教えて頂いたことは決して忘れることのない様にしてほしいです。


イマジカ
 

1302.jpg 10月29日授業レポート   育成塾13期生 小野寺 昌哉

 今回の授業は、五反田のIMAGICAさんにて、デジタル撮影機材の実習と撮影後のデータを、DITさんに受け渡す作業やその後のDITの作業の講習を行った。
 まずは、デジタル撮影機材の実習であるが、canonのCINEMA EOS SYSTEMの機材とREDという機材で実習を行った。
 2班に分かれ、私は先にCINEMA EOSの方から実習に入って、三脚を設置し、ヘッドを付けてキャメラをセットするところまではフィルム撮影機材と同様である。 キャメラをセットして、レンズを取り付ける段になり、今までのフィルムキャメラのPLマウントとは少し勝手が異なり、若干躊躇した。
 CINEMA EOSはレンズのマウントがPLマウントのものと、EFマウントのものがある。PLマウントはARRIのフィルムキャメラの実習で経験してきている。
 EFマウントは、canonのスチールキャメラ用のマウントで、そのスチールキャメラ用のレンズをそのままムービーキャメラであるCINEMA EOSに取り付けることが可能だ。普段、私はcanonのスチールキャメラを使っているので、EFマウントのレンズを使うことには慣れているが、このCINEMA EOSのボディ側のEFマウントのロック機構が、スチールキャメラとは構造が違うため、ちょっと戸惑った。具体的には、PLマウントの様なレバーが付いており(スチールのEFマウントは、レバーがない)また、そのレバーのロックの方向がPLとは逆方向なので、ちょっと頭を切り替えないとなかなか装着に至らない。
 何とか、レンズ装着後はキャメラの設定をしていったが、この辺りのメニュー画面からの操作というものは、キャメラが変わればメニューも変わってしまうので、細かい説明は割愛となった。その後、道路に出て撮影し、その撮影したデータが入ったメディアを、DITさんに渡した。その時にフィルムの時と同じ様に、ロールナンバーが入ったキャプションをメディアのケースに貼って渡すように教わった。
 DITさんの作業は、データの管理とそのあとの編集さんに渡す前の作業等で、logやRAWで収録されたデータを現場で確認するために適切なLUT(ルックアップデーブル)をあてたり、表現意図に応じて色味調整やトーンカーブを調整して確認用のデータを作る。この作業はあくまでも、編集さんに渡す前の作業ということだが、現場によっては(予算の関係などで)DITさんがかなりのところまでやらなければいけない事もあると、おっしゃっていた。
 そういった大変な状況になる時もある。DITさんの作業を目の当たりにできた事は貴重な体験であり、とても興味深いものであった。何より、logなりRAWなりで撮影したデータは、何かしらの作業をしない限り、鑑賞に値するデータにならない。その作業の幅はかなり広く、後でどうにかなってしまうという事も言えるが、それはいたずらにDITさんの作業と時間を浪費している事にもなりかねない。やはり、キャメラマンもDITの作業を理解し、明確な撮影意図を持って撮影し、その意図をDITさんに伝える事が重要なのではないかと、一連の作業を見学していて、その事を強く思った。
 その後REDの実習をしたが、メニューの操作等はやはり細かい部分は割愛し、RAW収録で、モニターアウトのケーブルをそのままDITさんの機械に繋いで、撮影してすぐに、確認用のデータを作る作業を行った。こちらの方が、メディアを抜く時間を短縮できるため、確認作業を早くしたい時には有効だと思った。クライアントに確認しなければいけない、CMの現場等ではこの方がいいかもしれないとも思った。
 実習後半では、少し時間があったので、REDのハイスピード撮影等をやってみた。フィルムに比べて、設定できる範囲が広く、そして簡単に出来てしまうので、スローモーション等の表現はデジタルの方が有利かもしれないと思った。
 今回の授業では、DITさんの作業やお話が聞けて、貴重な体験が出来た。今後の現場では、やはりデジタルの現場が多いと思うので、キャメラの取り扱いはさる事ながら、DITの作業が理解出来ていないと、最終的にいい作品にはならないと実感したし、いい作品を作るために、DITさんとの意思の疎通も大事なんだなと痛感した次第であった。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-30

『 現場から見た助手に必要な知識 』


13-30-00.jpg

 日本映画撮影監督協会には、技術委員会という委員会があります。様々なメーカーから生み出される新しい技術を、キャメラマンの目から見て検証、検討そして実際に撮影で使用できるものかなど、撮影者目線で研究するのが目的です。新しく生み出された技術が果たして我々に有効なものなのかは分かりません。 メンバー全員が日頃撮影を仕事として活動している中でその技術は本当に必要か、もしくは、このような改良が加えられれば有効なものになるのではないかなど、直接開発を担当する技術者に意見なども言います。撮影の歴史を振り返ると、キャメラなどの技術がキャメラマンなどの意見から改良されてきました。やはり現場で実際に使う者こそ必要なものが分かるのです。今日の授業はその技術委員会のメンバーから現場目線で今、撮影助手に必要な知識を話してもらいました。
 撮影現場では多くの事を学びます。最新のデジタル技術にしても、現場で実際に作業を通じて覚えるのが一番勉強になります。とは言え、それなりの知識を持っていなければただ単に作業をしているだけで、深い意味で勉強になるとは思えません。日頃から私たち撮影監督は助手に対して「このぐらいは知っていてほしい」と思うことがよくあります。それだけ今自分が行っている作業の意味合いを知らないまま仕事をしている撮影助手が多いという事です。ただ仕事をして対価を得る為だけならそれでも良いでしょうが、将来キャメラマンとしてファインダーを覗くつもりであるなら、今積極的に必要な知識を学ばなくてはいけないでしょう。
 撮影助手育成塾ではこれから新人として現場に入って行く塾生たちに順を追って教えています。高い知識は経験を重ねていく中で覚えていけば良いです。これから必要になる基礎知識さえしっかりと学び成長していくことが私たちが考える技術の伝承と思っています。


撮影助手育成塾


1309.jpg 10月22日授業レポート   育成塾13期生

 今週は元VEのお二方からビデオの時代に遡ってお話を聞く事ができ、ビデオからデジタルシネマへの移り変わりについてよく知る事ができました。今は使われていない機材のことでも、同じ映像をつくる上でどのようにその時代の人たちが工夫したり苦労してきたことを聞くのはとても興味深いです。こういったお話をいろいろな方々から伺うのは、今後何かの時につながるヒントになったりするのではないかと思います。荒川さんは録音や照明もされてきたということで、録音部の視点でお話を聞けたのも勉強になりました。絵のことだけでなく、絵と音の関係についても意識して学んでいきたいなと思うきっかけをいただきました。井上さんからは技術的なことも教わりましたが、基本を身につけたらあとは自分のこだわりをみつけていくことが大事と、多くの撮影監督と仕事をされてきた井上さんが最後にまとめた言葉は深く沁みました。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-29

『 ビデオ・デジタル基礎知識 』


13-29-00.jpg
 本日の撮影助手育成塾は「ビデオ・デジタルの基礎知識」です。フィルムに関する授業が入塾以来続いてきましたが、合宿も終わりフィルムに関しては一旦離れ、ビデオ・デジタルに関する授業へと入って行きます。
 ビデオ・デジタルというのは正しい表現ではないと思いますが、ご了承ください。大まかに説明すると、私たちはフィルムでの撮影を「フィルム」、ビデオテープでの収録を「ビデオ」と呼んでいました。現在はデジタルキャメラで撮影することを「デジタル」と呼んでいます。
2011年にテレビ放送がアナログからデジタルへ切り替わった事は覚えていらっしゃるでしょう。テレビ放送がアナログからデジタルへと変わり、大きく変化した現在、高精細のテレビも一般家庭に普及し、それに伴って撮影部の仕事も変化してきました。デジタル自体はテレビ放送が切り替わる以前から映画界には広がり始めていましたが、高精細テレビの普及によって画質の向上も求められてきました。昔のビデオテープを今の高精細テレビで見ても画質は良くならない事でお分かりになると思いますが、画質の良いテレビには良い画質で撮影する必要があり、それに伴って技術も日進月歩で進化してきました。その進化の過程を学ぶのが今日の授業です。
 昔のアナログと今のデジタルでは明らかに違いますが、アナログの技術はデジタルに確実に生かされています。どこがどう生かされているのかはこの場での説明は致しませんが、ビデオが生まれて進化して行く過程の中で培われた技術があったからこそ、今のデジタルがあると思ってください。これから撮影部を目指す塾生達ですが、もう古い技術だから必要ないなどと思うことなく、今までの技術を知り、「なぜ?なんで?どうして?」と考える事がこれから大切になっていきます。今のキャメラはプロ用に限らず一般用のキャメラでもとても優秀で、シャッターを押せば誰でもきれいな映像が撮影できるようになりました。しかしこれはキャメラ任せの映像になり、キャメラマンとしての意思が映像に反映されていません。キャメラマンとして映像を作る者としてこれでは楽しみはありません。自分らしさの映像表現をするにはどのような事が出来るのか? キャメラマンとしてこの考えに至った時、様々な知識が役に立ってきます。映像業界を目指す方は、キャメラマンになるためには現在の技術だけにこだわるのではなく、今までの技術も学ぶようにしましょう。


JSCrogo.jpg


1303.jpg 10月15日授業レポート   育成塾13期生 小林 悠紀

 本日は、新井滋撮影監督による、デジタル撮影の基礎知識について勉強しました。
 現在、フィルムに変わって主流となっているデジタルを勉強していく事により卒塾後の現場で最低限の知識をもって現場に行くためこれから勉強していきます。
 今までの約半年間はフィルムについての勉強であったが、今は、デジタルの基礎的なことしかやってきてはいないが、今までの授業のフィルムの知識を役立てデジタルに置き換えて考える事ができると話を聞き、フィルムを知らない人よりも、より理解が深まるのではないかと思っています。
 また、私は自主的にデジタル撮影について勉強していますが、知識としてlogやRAW撮影であったりLUTなどは知っていますが、現在、現場でどのように使われてるのか、またフィルムとデジタルでの撮影助手の仕事はどのように違うのか、そう言ったことを意識して学びたいと考えています。
 そして、いま自分のパソコンなどで、写真や動画を簡単に触れる時代なので、グレーディングや波形の読み方など、自力で学べることはどんどん残り後半の授業を有意義に過ごしたいと思います。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-28

『 キャメラマン講義:藤澤順一・藤石 修 撮影監督 』


藤澤順一 撮影監督 本日の授業は久しぶりの「キャメラマン講義」です。午前中に講義をして頂いたのは、
『八日目の蝉』 『船を編む』などを撮影された、藤澤 順一 撮影監督です。
撮影された作品が高い評価を得る藤澤氏です。塾生達も多くの作品を見ていたのか、作品や撮影方法、そして藤澤氏が作品を撮影する際の表現方法など様々な質問で授業は進みました。話の中でフィルムが持つ表現方法の選択も話されていましたが、残念ながら今の日本映画界の現状ではデジタルによる撮影がほとんどで、藤澤氏もフィルムを学ぶ事の大切さを話していました。映画はスクリーンの中に人を作り出していく作業です。本の中では架空の人物でも、スクリーンの中の世界では実在する人物となります。いかにその人間を作り上げていくかが監督と撮影監督の仕事となります。人の性格や癖、感情の表現などは一人ひとり違います。この登場人物はどのような人間なのかを見ている人に伝えていく事の難しさと楽しさを、藤澤氏は塾生に語っていたように思います。
藤石-修-撮影監督 午後から講師をして頂いたのは、『踊る大捜査線』 『岳』 などのヒット作品を生み出している、藤石 修 撮影監督です。藤石氏は塾生たちに、考えることの大切さを教えてくれました。それは技術でもその他の事でも何が最善かを考えそれを実践していく大切さです。助手が行うフォーカスの作業であっても、どのような理屈に基づいているのかを考えると様々な事が利用でき、それを発展させることも簡単になるという事を、実際に見せながら説明してくれました。
様々な事を、様々な人が教えてくれます。それをただ教わるだけで終わらせることなく自身で発展させていくために考える、それが大事であると。またキャメラマンとして作品を作る上でも様々な事を考えていることも、ご自身が撮影された作品を見ながら教えてくれました。映画館で何気なく観て来た映画のワンシーンにも、深い考えの下で撮影されていることを知った塾生たちは、キャメラマンのすごさと奥深さを改めて認識したことでしょう。撮影前キャメラマンはいろんなことを考えて計画を立て映像を作り上げていきます。それは見ている観客には分からない事、いや、分からないように仕上げているといった方が良いでしょう。塾生たちもこれから現場へ出ていくとこのような事を沢山学ぶでしょう。そのために、今は基本をしっかりと学び分かるようにしなくてはいけません。将来を担う一人として頑張ってほしいです。


撮影助手育成塾


1304.jpg 10月 8日授業レポート   育成塾13期生 高木 泰宏

 午前中にお話を聞かせて下さった藤澤順一さんは、誰もが名前を知っているメジャーな作品を多く手がけていらっしゃる方なので、講義の前から非常に楽しみにしておりました。
 午前中を通して全体的に感じたことは、この人は天才肌のアーティストで、本物の職人だということです。幾つかの質疑応答の機会に、色のトーンのことだとか、カット割りのことだとかを生徒側から質問させて頂いたのですが、藤澤さんの答えはいつも 『それは感覚だ』 『心意気だ』 というようなもので、はっきりしたポリシーや数値などをおっしゃらない。きっと、それは言葉にならないし、してはならないようなインスピレーションに従って、藤澤さんが常にお仕事をされているからだと思いました。メイキング映像を拝見させて頂きましたが、リハーサルでの役者の動きをじっと見て、言葉少なに立ち位置を監督に伝え、サッサとカメラ位置に戻る藤澤さんの仕草がものすごくカッコよくて、あの立ち居振る舞いの全てが日本映画の歴史を物語っていると言っても過言ではないな、などと考えてしまいました。自分がああいう存在になりうるとは、到底思いもつかないことです。本当に参加してよかったと心から思える授業でした。
(藤石さんのお話)
 午後からは、これもまた大活躍されているカメラマンである藤石修さんの講義を聞くことが出来ました。
 まず最初に目からウロコが落ちるような門外不出の裏技を教えて頂けたことが、本当に有難く貴重なことでした。これはファインダーを覗かなくても画角が分かるというもので、その計算式を頭に入れていれば、いつどこで如何なる環境でも使え、現場でも良い動きが出来るというものです。
 藤石さんも藤澤さん同様百戦錬磨のカメラマンでいらっしゃいますが、藤石さんの方は、より理論的に周到に撮影を準備されているのかな、と感じました。 なぜなら、 『青い炎』 のお話を伺っているとき、冒頭の長回しをクランクインの前日に練習しておいたこととか、『岳』 のお話のとき、これもクランクインの前から空撮を撮りに行ったりしたとおっしゃっていたからです。こういった撮影に臨む姿勢が、本物の職人の姿勢なんだなと感じて、今日は二人もすごい人に会えたと、満足感でいっぱいの一日だったと思いました。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-27

『 機材講習:ARRICAM ST/LT 35ミリフィルムキャメラ 2回目 』


13-27-00.jpg

  ARRICAM 35ミリフィルムキャメラの機材講習授業2回目。
前回の講習での塾生の反応は、ARRI3型と435でフィルム機材にも慣れていた事もあり、見た目の違いは大きいものの、意外と違和感なく取り扱う事が出来たようです。合宿などで取り扱ったARRI435などと比べれば形も扱いも大きく違うのですが、フィルムでの撮影における原理は一緒、フィルム機材の取扱い方においては基本が出来ていればキャメラが変わってもそれほど苦労なく入って行ける事が分かったようです。ただ、キャメラそれぞれの注意点は違うので、その点においてはしっかりとした人から教わらなくては危険です。それさえ注意して練習すれば、それほど初めての機材でも恐れる事はないのです。ARRICAMは比較的新しい機材です。機能的で、昔のキャメラよりは扱いが格段に楽になっており、そして何よりも事故が起きにくい構造になっていることが、現場で使用する際、高い信頼につながっています。言い換えれば、現場で起こる事故の多くが、撮影助手のミスから起こると言ってもいいので、その点においては今も昔も変わりません。
撮影助手として機材を取り扱う際、トラブルが起こる原因を知っておき、そのトラブルがどのような場合において発生するか、それを防ぐにはどのような作業をするか、重要なポイントをしっかりと把握しておく必要があります。撮影助手の真価が問われるのはトラブルが発生した時です。撮影は時間との闘いでもあります。制作サイドが出したスケジュールをいかに消化できるかで現場は決まってきます。トラブルは撮影にはつきものです。いったん発生したトラブルをいかに迅速に処理できるかが撮影助手には問われます。塾での機材講習は、キャメラを取り扱う事が出来るように練習することが目的ですが、それと同時に、キャメラそれぞれにどのようなトラブルが発生しやすいのか、その原因は、そしてその処理方法は、このような事も合わせて学んで行くために、現役の撮影助手を講師に招き講習をしています。フィルム機材は基本の構造を知っていれば扱う事に苦労しないと書きましたが、起こりうるトラブルも同時に学び、スタッフから信頼される撮影助手になれるように頑張りましょう。


三和映材社


1308.jpg10月 1日授業レポート   育成塾13期生 三代 郁也

 今回は三和でアリカムの講習で、今日でアリカムを扱うのは最後でしたので、今日は1回でも多くアリカムのマガジンにフィルムを入れようと思い、マガジンに入れては抜き、抜いては入れを繰り返しました。特に今までのキャメラは400feetマガジンしかやっておらず、1000feetを入れるのはとても貴重だったため、1000feetをチェンジパックでひざの上でつめる練習を何度もしました。
 どの作業をする時も、すべて確実にするために、順番を決め、チェックポイントも常に意識しながら行いました。いざ本番で焦った状態でフィルムをつめる状況に陥っても、事故なくやるためにはこの2回の講座ではまだまだ足りず、もっともっと触っていたいなと思いました。そのためにもこの2回で覚えられたことを確実なものにし、現場に出てより早く、一人前のフィルムローダーとしてやれるよう、今日のことをしっかり復習しなければと思いました。


文化庁ロゴ3

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会