撮影助手育成塾便り.Vol.13-43

『 機材講習:ARRI535 35ミリフィルムキャメラ 』


13-43-00.jpg
 
 本日の撮影助手育成塾の授業は久しぶりに35ミリフィルムキャメラの講習です。前回のARRI CAM以来の講習となったキャメラは、“ARRI 535”です。ARRI CAM同様に同時録音の出来る機種で、現在も現役で使用されている機種です。ARRI CAMより少し古い機種ですが、とても良く出来ているキャメラで、古さを感じさせることはありません。備わっている機能も多機能で、様々な撮影に対応できます。助手の作業としてはフィルムの取り扱いが一番大切な部分ですが、少々デリケートな部分があり、注意が必要です。キャメラとしての問題点はその重量で、練習してきた中で、一番重いキャメラと言えます。久しぶりのフィルムキャメラの実習という事もあり、フィルムを取り扱う手元に不安を感じる出だしでしたが、その不安も時間が経つにつれてなくなっていくところは、塾前半の成果が出ているようで、体が感覚を覚えている証拠でしょう。
 現在フィルムを取り扱うことの出来る撮影助手が少なくなっている中、撮影助手育成塾の卒塾生はフィルムを取り扱うことができ、多くのフィルム撮影現場で頑張っています。今、日本で活躍しているフィルムキャメラは、合宿で使用した“ARRI435”と、前回練習した“ARRI CAM”、そして今回の“ARRI535”キャメラの3機種と言えます。どのキャメラも取り扱い上の注意点は違います。少ないフィルムの仕事では、ついついその注意点を忘れてしまうこともありますが、多くの卒塾生たちが頑張っていることを嬉しく思います。「日本からフィルムの撮影をなくしたくない」との思いと、「技術の伝承」という気持ちで、これからの映像業界発展のために、頑張ってほしいです。


ナック イメージテクノロジー


1309.jpg 1月 28日授業レポート   育成塾13期生

 今週はARRI535の講習、久しぶりにフィルムカメラに触れることとなりました。これまで学んできた、435、アリカムともまた構造は違いましたが、繰り返し触れてきたおかげか、主となる構造を理解しているので、すんなりと扱えるようになっていました。初めの頃、ひとつひとつの部分をとってもなんだかよく分からなかった頃が今となっては懐かしいです。正直当日まではフィルムの扱いを忘れてしまっていないか不安でした。塾の初めの頃は説明を受けても、なぜそのように気をつけるべきか空覚えでしたが、構造を理解した上で理解できている自身にこの1年での成長を感じることができました。また今回はギアヘッドやズームレンズのOptimoにも触れることができ,このような機材を伴う映画撮影の醍醐味をほんの少し味わうことができました。ギアヘッドの操作はなかなかうまくいきませんでしたが、コントロールできるようになったらとても楽しい道具だと思いました。


文化庁ロゴ3

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
オープンカレッジのお知らせ
2017オープンカレッジ
メール受付
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
過去ログ
授業アルバム
授業風景のアルバムです。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新214号発売
映画撮影214

JSC機関誌『映画撮影』214号が

発売されました。

214号の特集は

『たたら侍』

『関ケ原』

『散歩する侵略者』

『STAR SAND-星砂物語』

『忍びの国』

『生きとし生けるもの』

― 洋画の話題 ―

『メッセージ』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


映画撮影194


映画撮影193


映画撮影192


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会