FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.13-47

『 機材講習 16ミリフィルムキャメラ:ARRI SR3・ARRI 416 』


13-47-00.jpg

 本日の撮影助手育成塾は、いよいよ13期生にとって最後の“機材講習”の授業となりました。昨年の4月に入塾してから、ARRIの3型、435、ARRI CAM、ALEXA、535、幾つかのデジタルキャメラを機材講習で触れてきました。どれも現時点で、撮影現場で使用するであろうキャメラでした。
今回最後の機材講習授業で取り扱ったのは、16ミリフィルムキャメラです。キャメラは、ARRI SR3とARRI 416キャメラの2台。 現在16ミリフィルムで撮影するなら、この2台のどちらかになるでしょう。16ミリキャメラとフィルムは、35ミリの半分という小ささで、キャメラ本体も軽く、400Ftフィルムで35ミリの場合、24コマ撮影で5分なのに対し、16ミリフィルムでは11分と、35ミリフィルムの倍は撮影時間があります。また、フィルムの価格も35ミリよりは安く、キャメラ機材のレンタル料も安いので、昔から予算のない作品で使われていたことから、35ミリの安価版という考えがありますが、デジタル技術の普及により、映像は格段に良くなり、多くの映画作品が今でも作られています。もちろん、予算の節約という意味ではなく、16ミリフィルムならではの独特な映像を好んで選択している作品も数多くあります。この事で分かるように、16ミリフィルムは35ミリフィルムに引けを取らない映像を作り上げることが出来るのです。
 しかしながら16ミリフィルムの需要が下降していることは事実です。安いと言っても総予算的に35ミリフィルムで撮影するのと大きく違うわけではなく、デジタルキャメラに比べると、費用も時間も手間もかかる16ミリは、撮影の選択肢に選ばれることは少なくなってきました。その結果、35ミリフィルム機材もそうですが、それ以上に16ミリ機材とフィルムを取り扱える人材がいなくなってきています。このままでは数年先には16ミリフィルムで撮影をしようと思っても、取り扱える撮影助手がいなくなってしまいます。今でも映像を教える学校では16ミリで作品制作を行っている学校もありますが、プロとして本当の意味で任せられるまでは教えていません。16ミリはその小ささ故に35ミリに比べて精細な技術が求められています。本日塾生たちには多くの注意点を教えてはいますが、今日の1日で覚えられたかは疑問です。塾生たちには今日の体験を忘れることなく、機会があったら16ミリ機材の練習をして、16ミリ撮影の灯を消さないように頑張ってほしいものです。


ナック イメージテクノロジー


1303.jpg 2月25日授業レポート   育成塾13期生 小林 悠紀

 今回は、ナックイメージテクノロジーさんにて、ARRI SR-416の16mmでの機材講習でした。
本日でフィルムの機材講習は全て終わり、今、現場で使われているフィルムキャメラの殆どを学ぶことができました。
 16mmは35mmと幅が狭くすぐにほどけてしまう為、35mmとは少し違った気遣いが必要でした。またフィルムのも細く、より繊細に細かくフィルムに装填する作業であり、昔は自主製作の映画などで使われていたとは言え、軽い気持ちで触れるものではないと感じました。
 使われる規模としては16mmの方が予算などは少ない現場が多い印象を受けますが、扱い方などは私としては35mmよりも繊細で、16mmをより完璧に扱えたら、35mmの時に楽に作業ができるのではないかと感じました。
 プロの扱いになるとよりシビアで例えば、窓ゴミなどは、35mmと違って画面に出てしまう上にフィルムの大きさが違う為、同じゴミでもとても大きく写りこむことになります。講師の方が毎カットごとに窓ゴミをチェックを行ったと仰っていましたが、それぐらいの気遣いでないとプロの仕事としては不安の大きくなるものであると感じました。
 SR-416ともにキャメラ自体は、マガジン作業のみでキャメラに装填するのはとても楽な作業ではあるが、パーフォレーションに爪が入ったか音でしか判断できず、分かりにくいと感じ不安要素はありました。
 また、416ですと、535やSRとマガジンは似ていますが、生側と済み側が逆にありチェンジパックの中で少し迷いました。
 また、キャメラの構造上、走行させた後のフィルムの傷を見ることができず、不安でした。キャメラの操作は435などと、パネル周りは同じで特に問題はないと感じました。
 今後なかなか触る機会のない16mmなので、万が一来ても対応できるように、忘れないよう触れる環境があるならば積極的に触って忘れないようにしたいです。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-46

『 撮影実習ラッシュ試写&キャメラマン講義:佐々木原 保志 撮影監督 』


13-46-00.jpg

 今週の授業は、先週の撮影実習授業で撮影したフィルムのラッシュ映像の試写を行い、間もなく13期生の授業が終わるという事で、9月に行なわれた撮影実習合宿のラッシュフィルムを今一度見てみました。撮影実習の授業では、実際の撮影での感覚を養うのと、フィルムでの撮影という事で、テスト撮影的な要素も含めて撮影しています。塾生も一年間技術を上げており、最後の実習では合宿の時に比べ、落ち着いて動けるようになってきており、このまま実際の現場に出ても、何とか通用するレベルにまで成長したと思います。それを踏まえて改めて見た、合宿で撮影したラッシュではきっと考えるところもあったでしょう。ラッシュは様々な事を教えてくれる大変貴重な素材です。私が助手の頃は「ラッシュを見ない撮影助手は助手として失格」とまで言われました。私は、何を差し置いてでもラッシュを見に行った記憶があります。そこから多くの事を学び、今に生かされています。今日ラッシュを見た塾生たちはどのように感じていたのか、そして、どのように生かしていくのか、これからが楽しみです。
佐々木原保志 撮影監督 午後からの授業はキャメラマン講義の授業です。講義をしてくださったのは、『ハナミズキ』『旅の贈りもの 明日へ』などを撮影された、佐々木原 保志 撮影監督です。撮影助手育成塾は撮影助手になるために特化した塾です。キャメラマンも初めは撮影助手からのスタートです。長い助手時代に多くの事を学びキャメラマンとなります。その撮影助手になるために必要な事を教えているのが育成塾です。ですから塾生たちは将来キャメラマンになりたいという希望をもって入塾しています。そんな彼らに今回、佐々木原氏はキャメラマンになるための多くのアドバイスをしてくれました。それはとても基本的な事で、キャメラマンには様々な体験が必要であるという内容でした。佐々木原氏は積極的に人と触れ合い、積極的に様々な事を見たり聞いたり体験したりしてきたそうです。人は100人いれば100人とも違います。映画はスクリーンの中に人を作り出す仕事です。映画の中で生きる主人公にもその人なりの性格を作り上げていかなくてはなりません。そのためには多くの人を知り、様々な性格によって現れる行動を見ておくことは、映画を作り出していく上で大切な事です。インターネットとスマートフォンが普及した現在、ネットで得られる情報は膨大ではありますが、所詮、他人が書いたことで、実際に自分が見聞きしたことの方が真実であり現実です。電車内でスマートフォンに興じる事より、車内で人を観察する方が、人を描く私たちにとっては勉強になり、将来の財産になります。そんなことを佐々木原氏は塾生たちに教えてくれたように思えます。


東京現像所


1309.jpg 2月 18日授業レポート   育成塾13期生

 先週フィルム撮影したラッシュを東京現像所で確認しました。今回は撮影時のデータもあり、どのようにライティングされていたかを確認しながら、仕上がりを確認することができました。また今回は4倍増感によるフィルムの質感の違いも確認することができ、とてもよい経験となりました。今後作品に関わっていくことができたら、ラッシュやポスプロにはできるだけ参加させてもらって学びたい気持ちがあります。撮影時と照らし合わせる経験を重ねることで、仕上がりを想定して現場で作る力をつけていけるのではないかと思います。
 午後は佐々木原さんの講義でした。佐々木原さんは、「映画するということは…」という言葉を繰り返しながら、この業界でやっていくことの厳しさとやりがいをご自身の経験談も交えながら語ってくださいました。わたしは未だ厳しさを目の当たりにしていない段階ではありますが、佐々木原さんの云う、「映画する」ということをやりたくて、ここへたどり着きました。本当の厳しさは経験してからしかわからないものだと思いますが、これから入って行く前で、少し心構えのようなものを持つことができた気持ちです。またジガベルトフの「カメラを持った男」を皆で観ました。1920年代に撮られたものですが、写真でも絵画でもなく、映像で語る、映像だから表現できることというのが、この1本に沢山込められていて映画の原点を感じられる映画です。そして佐々木原さんの解説により、当時の社会的背景や製作者の意図についても視点を持ちながらより興味深く見ることができました。佐々木原さんのお話や佐々木原さん自身からも、映画に携わる人間として必要なことを学ばせていただいたと同時にこの仕事の魅力も感じられた時間でした。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-45

『 撮影実習:スタジオ撮影 』


13-45-00.jpg

 撮影助手育成塾13期生の授業も残すところ6回となりました。今日の授業は彼らにとって育成塾で行う最後の「撮影実習」です。今回も総合指導を兼松塾長が行い、協会員によって最後まで実戦形式での撮影実習です。
入塾してからこれまでに多くの事を学んだ塾生たちは、まだまだ未熟ながらも言われることなく作業が出来るようになっていて、1年間の成果がはっきりと見て取れるように成長しています。個人差はありますが、感心させられるのは、自分に足りない部分を把握して、それを意識しながら作業が出来るまでになっていることです。間もなく現場で活動していく上で、自分で認識できているのなら、苦手の克服には時間はかからないでしょう。また、以前実習では一つの作業を同時に行おうとしていたところも、仲間の作業を見ながら、それに合わせて自分の作業を見極めて行うことが出来るようになっていることは、現場に出る上では重要です。
次に何をすればよいのかを考えて作業し、そして単独で行う作業以外では、ともに作業をしている仲間を見て考えることは大切です。それが出来るようになっていることは、教えてきた私たちも嬉しく思います。
現場では撮影助手育成塾の塾生は即戦力と考えられています。また、塾生はフィルム技術を学び、取り扱うことが出来るという事も知られています。そのため助手として紹介してほしいという話を多くいただき、実際に先輩の撮影部から声をかけて頂き、撮影の現場ですでに働いている者も少なくありません。一年間の成果は確実に表れているのが目に見えてわかるレベルまで成長している塾生たちはきっと現場で活躍するでしょう。しかしこれからが本当の勉強です。実際の撮影現場で気を抜くことなくキャメラマンを目指して努力していくことになるでしょう。間もなく13期生たちの育成塾は終了しますが、これからは日本映画撮影監督協会としては、同じ撮影部の仲間として、指導していくつもりです。


ナック イメージテクノロジー


1304.jpg 2月11日授業レポート   育成塾13期生 高木 泰宏

この日は大田区にある千束スタジオにて撮影実習を行いました。監督は兼松さんで、カメラマンが木村さんという体制で、僕たち塾生がそのアシスタントに付きました。
 スタジオでの撮影は初めてだったので、照明の設備だとかハレ切りの道具だとかを実際に扱うことが出来て、とてもためになりました。オープンの時と違って、完全に照明を一から作ることが出来るので、安定した光を常に得られるところが、やっぱりやり易かったです。
  午後から撮影部として実際にアシスタントを一通りやりましたが、いつもの通り問題点もいくつかありながらも、合宿の頃よりはいくらか慣れて、怖がらないで仕事が出来た感じがありました。ただ、まだまだ自分の仕事だけに手一杯で、全体の動きがどうなっているのかを考えられず、そのために何度か失敗をして叱られたことが心残りであり、これは今後克服しなければならない喫緊の課題だと認識しました。例えば、兼松監督が引きからズームしようと言った時、僕はフォーカスを担当していましたが、リハーサルでフォーカスを逆に送ってしまいました。モニターが、自分からは見えない位置にあって、ズームのミリ数だけで画角を想像してやったのが失敗の要因だったのですが、ちゃんと兼松さんや木村さんの話を聞いて理解していればあのようなことはなかったと後悔しています。また、もし不安であれば、カメラに付いているモニターを自分の方に向けてもよかったのではないか、サードが見ている必要もなかったのではないかと、今は思っています。

 以上のことを考えるに、僕の撮影現場での経験が圧倒的に不足していることが全ての原因の根本だと感じます。どの業界にもその業界ならではの常識というものがあって、それを早く自分の常識とできるようになりたいと、痛切に思ったこの日の撮影実習でした。


文化庁ロゴ3

撮影助手育成塾便り.Vol.13-44

『 機材講習:ARRI535 35ミリフィルムキャメラ 2回目 』


13-44-00.jpg

 本日の撮影助手育成塾の授業は先週に引き続き、“ARRI535”35ミリフィルムキャメラの機材講習です。先週の講習では久しぶりのフィルムキャメラに加え、今までのキャメラとは構造の違いもあって、やはり多少の戸惑いがあったそうですが、基本はどのフィルムキャメラでも同じなので、取り扱いにはさほど苦労することなく出来たそうです。今まで練習してきたARRI3型、435、そしてARRI CAMなどで、機材の扱いに対する基本的な点を理解してきたという事が大きいのでしょう。
535のフィルムの装填に多少慣れてきたこともあり、今回は実際に撮影現場で使用される特殊なレンズなどの講習も行いました。映像効果を高める特殊なレンズ、その効果はどのようなものかを直接体験することは、今後自分の映像表現を作り上げていく上では必要な事と考え、機材の取り扱いの練習を兼ねて、シフトレンズやスコープシステムなど、あまり現場では見かけることは少ないですが、取り扱うことになった時に備えて練習しました。
その他にARRI535は、1000フィートのマガジン、ズームレンズ、カメラ周辺のアクセサリー等をすべてつけると相当の重量になるので、撮影助手は時としてそのすべてを装備した状態でキャメラを運ぶことがあります。そういったことからカメラを担ぐ訓練が行われました。535はこれまで使用してきた3型、435よりも重く男子塾生でも担ぐのにはなかなか大変のようで、女子塾生に関してはさらに困難のようです。しかし、現場には女性の助手も多く活躍し、もちろん皆535を担ぎ現場で作業しています。女性の助手の方は力のない分、創意工夫しこの問題を乗り越えてきています。女性には、是非とも自分なりに考えて乗り越えてほしい課題でしょう。
 今後、キャメラを使う講習は実習を含めてあと2回となりました。この機会にただキャメラに触れるというだけでなく、キャメラにまつわる事、現場に関わる事をより多く習得していほしいです。


三和映材社


1302.jpg 10月29日授業レポート   育成塾13期生 小野寺 昌哉

 今回の授業は、前回に引き続きアリフレックス535Bの実習と、さらにスコープシステムとシフトレンズの実習も行った。
 先ず午前中は、ボアぺりスコープとシフトレンズの実習を行った。両機種とも機材屋さんでは、特殊レンズのカテゴリーに入るもので、ボアペリスコープは、手前の物と奥の物を同時にピントを合わせる、例えば手前に突き出した手のひらと、その奥の顔とに極端に被写界深度を深める事によって、ピントをどちらにも合わせる事が出来る特殊レンズである。また、先端が長く突き出しているので、狭いところ、例えば車の車内とかを撮影する際にも、使用したりする。
極端に被写界深度深くする効果も、とても興味深かったが、全部に45度アダプターを取り付ける事により、フィルム面に対してレンズの方向を変える事が出来る、例えばフィルムに対して90度右にレンズが向いているようにしたり、90度上を向いているようにする事が出来る。この状態で、パーンやティルトをすると面白い映像表現になり、こちらの効果もかなり興味深かった。
スチールレンズは、私はスチールキャメラで普段使っている機構のレンズであるが、ムービーキャメラで使用する時に、撮影しながらシフト機構やティルト機構を動かす表現がとても興味深かった。勿論オーソドックスな使い方として、ティルトやスイングを使い、一箇所にピントを合わせて他をぼかす、例えば顔にピントが合っていて、足がぼけているというような表現をしたい時にこの機材は有効だ。
 午後は、535Bの実習であったが、まだまだであるが先週よりはどうにかスムーズにフィルム装填が出来たのではないかと思う。このキャメラを使う時の注意点として、メインスイッチを入れると、フィルムにテンションがかかるので、何かの作業をする時に、メインスイッチを入れておくのか切っておくのか明確にしておかなくては事故の原因になりかねない。またメインスイッチを入れて、キャメラ自体が自己診断テストを行い、赤ランプが消えて初めて撮影が出来る状態になるが、このタイミングが435などの他のキャメラより、時間が長いように感じられる、この赤ランプが消えていないタイミングで他の操作をしてしまうと、それもまた事故の原因になってしまうので、535Bではメインスイッチを入れてから、一呼吸おいて赤ランプが消えるのを待つ事が肝心である。
 この日は撮影コマ数の設定を変えてみたが、任意のコマ数に設定を変更しても、撮影コマ数が変わらす躊躇いしたが、木村さんの指導で、キャメラの右側のNORMとPS/CCUの切り替えスイッチを操作しないとコマ数が変わらないと教わった。NORMはプリセットのコマ数の時に、任意のコマ数で撮影する時はPS/CCUの位置にする。
 535Bは来週の千束スタジオの実習で使う機材なので、触った時間は短いが、後はイメージトレーニングを重ねて本番に挑みたい。


文化庁ロゴ3

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会