FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.14-19

『 フォーカス特講ラッシュ試写&株式会社 ヨコシネD.I.A 見学 』


14-19-00.jpg
 本日は先週の授業で撮影した映像を、横浜にある、株式会社 ヨコシネ D.I.Aにお世話になり、「フォーカス特講ラッシュ&ヨコシネ見学」の授業です。
 先週説明した通り、フォーカスはボカシてしまうと直らない怖い存在です。今回ラッシュを見た塾生たちもよく分かったでしょうが、やはりと言うか当たり前と言うか、撮影したピントはボケていました。これが実際の仕事であれば大変な失敗です。そのシーンは使えないか、再度撮影するか、最悪なのはボケた映像を仕方なく使うこととなり、撮影部にとっては大変恥ずかしい事です。今回身をもってこれを体験できたことは良い経験となったでしょう。これからどのようにしてフォーカシングの練習に役立ててくれるか、彼らの頑張りに期待します。
 さて今回は午後からヨコシネDIAの見学をさせて頂きました。ヨコシネでは映像作品のポストプロダクション作業の他に、古いフィルムなどの修繕、修復などの作業も行っています。映像はその時代時代を大切に記録してきた貴重なものです。適切な環境で保存すれば100年持つことが証明されている映像フィルムですが、過去の貴重な映像フィルムのほとんどが、適切に管理されてはいません。高温や湿度、フィルム缶での長期密封など、様々な事が原因でフィルムは劣化していきます。そのように劣化したフィルムでも、専門の知識と技術をもってすれば、多くの場合修復が可能です。大切な映像の記録が失われてしまう前に、ヨコシネでは修復しデジタルの技術を使って保存しています。私たち映像業界で生きるだけでなく、後世に貴重な映像記録を残してくれる、大切な存在なのです。
今回塾生たちはその作業の一部を体験しました。撮影部では決して体験することのない貴重なことです。私たち撮影部は撮影した映像には強い思い入れを持ちます。そんな映像をこのように修復、保存してくれる方々がいる事は心強い思いです。作るだけでなく、未来へつなぐ貴重な記録として大切に残すことも、撮影部として考えていく事が大切ではないでしょうか。


ヨコシネ


1410.jpg8月26日授業レポート   育成塾14期生 ス リ グルン

今回の授業でフォーカス特講映像ラッシュ・ヨコシネ見学をしました。
横浜映像センター ヨコシネD.I.A本社に行って見学して、いろいろ勉強になりました。
この会社は5年前にフィルムの現像を終了しましたと言っています、残念です。
会社内に昔の古い機材とフィルムの編集をやる所などがあります。
フィルムからデジタルに変わって、編集をやるのはすごく便利です。
フィルムの汚れを消して、1コマ1コマのフィルムを確認して、色の調整もデジタルに変わってからやるのは、意外的な映りをできます。
ポジを見て、ネガの編集もやりました。ポジを見て、ネガのフィルムをカットして、カットとカットの間につながります。カットする時、1つのカットを違ったら、次のカットは全部ズレるので、気を付けなくてはならないダメです。この作業の一番難しいところは、フィルムの間にのりを付けることです。適切にやらないとできないです。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.14-18

『 フォーカス特講 』


14-18-00.jpg
 撮影助手育成塾の短い夏休みも終わり、いよいよ合宿に向けてラストスパートの授業が始まりました。天候は相変わらずすっきりしない夏ですが、塾生たちは熱く頑張っています。
 本日の授業は「フォーカス特講」です。フォーカスとはピントとも呼ばれてもいますが、一般の方には馴染みのないものでしょう。一般の方が使うスチールカメラやデジタルビデオキャメラなどは、オートフォーカスと呼ばれている機能によって、自動的にフォーカス(ピント)をキャメラが合わせてくれますので、撮影者が合わせる必要はありません。ですが、プロである私たちはオートフォーカスと呼ばれる機能は使用しません。理由は簡単で、機械では映像表現に合わせたフォーカス(ピント)が行えないからです。皆さんが見ている映画の映像は、フォーカスマンと呼ばれる撮影助手によって、自然と内容に感情移入が出来る様に作られているので、その技はベテランのフォーカスマンになればなるほど、匠とも呼べる素晴らしいものです。日本ではキャメラマンになるための通過点となっていますが、海外では“フォーカスプラ”と呼ばれ、その仕事を専門職として成り立っている重要なパートなのです。ピントの難しいところは、ぼかしてしまうと後で直すことが出来ない点にあります。デジタル技術が進んでいるこの時代にあっても、これは変わりません。今は撮影後すぐに確認ができる時代になったので、すぐに撮り直しが出来ますが、一昔前は、フィルムを現像してからでなくては分からなかったので、フォーカスマンは常に緊張の連続の中で撮影をしていたものです。
 現在、インターネットなどの映像コンテンツが増えたことで、ドラマなどの撮影本数が大幅に増えてしまい、フォーカスマンの不足という事態になっています。その為、以前は経験を積んでようやくフォーカスマンになっていたのですが、助手不足という流れの中で、明らかに経験の不足している撮影助手がフォーカスマンをやらなくてはならない事態が起きています。たまにテレビドラマを見ていると技術不足が明らかな仕事が見られるようになっており、そのドラマ自体の面白さを壊してしまっています。これは悲しい事です。今日フォーカスマンの特講を受けた塾生たちも、そんな世界に入って行かなくてはならないので、育成塾では少しでも技術を教え、役立てられるようにしています。難しい事ではありますが、現役の先輩たちから学べる育成塾での場を使って、多くの事を学び成長してくれることを期待するばかりです。


ナック イメージテクノロジー


1402.jpg8月19日授業レポート   育成塾14期生

 ナック様で、デジタル機材を用いたフォーカスプラーの実習を行いました。今回はSONY55とARRI ALEXAの二機があり、私はSONY55の班でした。肝心のフォーカスプラーについて、初めは全く上手くできずどうしようかと思いましたが、後半改善出来たかどうか、試写が怖くもあり楽しみです。
 撮影前の細かな設定や、機材によっての「出来る」「出来ない」を把握しておくことなど、機能や設定方法、データフォーマットに沢山の種類があり、機材ごとに色々と異なるデジタル機器では、助手の役割も更に大きくなるのだなあと思いました。覚えねばならないことが沢山あります。
 レンズが決まってからフォーカスのデジタル深度表を計算して用意しておくこともあると伺い、デジタルにはデジタル向けの配慮が必要なのだと思いました。
「XAVCの2K」 「ProRes」 「S-Log」 「LUT」など、パッと言われて理解出来るようにしたいです。これまでいまいち理解出来ていなかったRAWやLogのデータ、そこにLUTをあてて好みのトーンを作ることなど、講義を通して少し解ってきました。色温度とコンバージョンフィルタについて、デジタル・フィルムを絡めて教えていただき、とても解りやすかったです。
「チーフは絞りをどう決めるのか」「現場用のモニタにLUTを当てていた場合、編集担当者にその情報を共有するのか。するなら、どういう情報が必要になるのか」気になるので、また質問させて頂こうと思います。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.14-17

『 特殊機材講習:株式会社 NKL 』


14-17-00.jpg
 本日の授業は「特殊機材講習」です。特殊機材とは、特殊効果をもたらす機材の事で、移動車、クレーンなど撮影時には欠かせない機材の事を言います。キャメラを特殊な道具で動かしながら撮影する機材で、撮影に応じた様々な機材があります。今日はその機材の中から一般的に多く使われる機材を講習しました。
 9月に行われる撮影実習合宿では、塾生たちを撮影部、照明部、そして特機部の3班に分け、ローテーションしながら行います。今回は合宿に先駆けて、特機の使い方、準備の仕方、そして何より安全対策を中心に学ぶことにしています。特殊機材は大変危険を伴う機材が多くあり、一つ取り扱いを間違うと大怪我につながる場合があるので、専門のオペレーターから正しい作業を教わらなくては、自分だけでなく他の人までも危険にさらしてしまいます。撮影の現場にはベテランの方々が付いていますが、撮影助手も準備を手伝う以上は知っておかなくてはならない技術です。また、キャメラマンは自分が思い描く映像を撮影する為にも、どのような特殊機材があるのか勉強しておく必要があります。今回実際に触れたことで、塾生の中にも想像力を働かせ、何か映像を思い浮かべた者もいるでしょう。キャメラマンに必要な、“想像”と“創造”。思い浮かべ、実際に作り上げる力は、助手の頃に体験する中で身につけていくのです。
 さて、本日の塾生たちですが、猛暑の中で汗だくになりながら様々な体験をしていました。その顔は楽しげで、撮影部らしい顔つきになってきたように思えます。育成塾ではかねてから言っています。「仕事は楽しむ。楽しむことで面白い映像を創造できる」と。今日の彼らの顔つきには、そんな感じが見えたことを私たちは嬉しく思います。立派なキャメラマンへと育ってくれることを期待させてくれる授業でした。
 今回特殊機材の講習をして頂いたのは、東京都府中市にある『 株式会社 NKL 』です。特殊撮影の関する専門の会社で、映画・テレビCM・コンサートなど幅広い撮影に参加し、特殊撮影に関する専門的な部分を行っています。業務内容は特殊機材だけではなく、雨・風・霧・雪などの操演(そうえん)と呼ばれる映像演出も行っています。特殊機材に関する事は、NKLホームページをご覧になってください。


nkl


1411.jpg8月 日授業レポート   育成塾14期生 末積 寛大

 今回は、特殊機材を安全に扱うための講習だった。いつもとは違った講習で楽しく取り組ませてもらった。しかしながら、危険が伴う作業なので真剣さも持ちながら作業を行った。
 合宿ではレールを組むことに苦戦しそうだ。今回はアスファルトの上で、若干の傾斜はあったものの、レールを組むにはやりやすい環境だったと思う。これがボコボコの荒れ地ならば今日と同じクオリティで組めるだろうか。個人的には時間はかかるだろうがやれると自信を持てる。けれども、班のメンバーはどうだろう。そして自分の班の中にはこの講習を受けていない者がいるが、その者らは合宿でいきなり実践となるはずだ。だからその時は自分が率先して指示、サポートをできるようにしたい。班の欠点とならないよう自分が補いたい。
 こうして合宿の事を意識しながらやっていると、楽しみと不安を抱く。自分がどこまでやれるのか。どれくらいの成長を見せられるのか。何に反省し、何に自信を持つのか。
 何であれ事故のないよう注意を払って取り組んでいきたい。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会