FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.14-35

『 機材講習:デジタルキャメラ機材 』

14-35
 本日はデジタルキャメラ機材の「機材講習」です。フィルム装填がない代わりに、キャメラの設定操作がある事にフィルムキャメラとの大きな違いがあります。
デジタルで撮影する場合、どのような撮影をするかで設定が変わってきます。4Kで撮るのか2Kで撮るのか、また、Logで撮るのかRawで撮るのか、あらかじめ撮影監督と確認して設定をしなくてはなりません。その他に様々な設定が出来る事もデジタルキャメラの特徴ですが、操作方法はキャメラメーカーによって違うので、各社の特徴も知っておく必要があります。これらの事を考えると、デジタルのキャメラはとにかく触って覚える事が一番です。各種の設定画面はどのように出すのかなど、現場で一々マニュアルを見るわけにはいかないので、実際に操作を行ってみるのが一番です。「基本知識を覚えていれば、後は操作画面を出しさえすれば何とかなる」と先輩の撮影助手たちは言うのですが、覚える機材も今や数多く発売されており、それぞれが進化の過程でメニュー画面も変わっていくので、撮影助手の仕事も大変です。
大切な事は間違った設定で撮影をしてしまうと、取り返しがつかないという事です。デジタルキャメラは精密機械です。人によって設定された事を自ら変更してしまうことはありませんので、設定の間違いは人為的なミスです。撮影されたデータは変更が出来ないので、撮影前に何度もチェックをするとともに、タッチパネルは触れてしまうだけで変わってしまうこともあるので、いつも確認をする癖をつける事も必要です。
 日進月歩で進化するデジタルキャメラです。全く同じキャメラでも、メーカーのアップデートが行われると、操作そのものが変わってしまうこともある大変な機材です。これからの撮影助手に求められることはどんどんと増えてくるでしょう。とても大変な事ではありますが、絶えず新しい情報を取り入れてほしいです。

三和映材社


1414t.jpg11月25日授業レポート   育成塾14期生 富永 康弘

 Canon EOS C300、Canonのカメラは初めてでしたが、ボタンが押しやすいというか、手触りがいいというか、SONYとARRIとは違った印象を受けました。見た目も個性的、ALEXA、フレームグラブという機能、商品撮りの際、中断があっても、一度撮ったフレームをそっくり再現できるものらしいです。前日に見た映画でこれを使ったのかなと思う映像がありました。具体的に何と呼ばれている手法なのか分かりませんが、特に珍しいものではなく何度も見てきたものです。人物の顔の位置(背中などでもよい)をそろえた別々のカットを並べることで背景が時間的に切り替わったように見えるあれです。屋内が屋外へ、昼が夜にというような。前日に見たものは、人物の輪郭線が一致していると感じるくらいの再現度で、背景がCGだったのかと思うくらいでした。実際は別々の場所で撮られたもの、フレームグラブを使ったのか…。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.14-34

『 D・I・T の仕事:株式会社IMAGICA 撮影部 』


14-34
 本日は“デジタル・イメージ・テクニシャン”(Digital imaging technician, D.I.T.)についての授業です。ディットと呼ばれているこの仕事は、まだ新しい職種と言えるでしょう。デジタルシネマは、それまで映像を記録してきたフィルムをデジタルのデータとして置き換えたものである事は御存じの通りです。それまでフィルムを取り扱ってきた撮影助手にとって、フィルムに変わるデジタルのデータは手に触れることが出来ない未知の代物でした。PCの中で行き交うデジタルデータは、電気的信号であるが故に一つのミスで消えてしまうという大きな危険が常に伴い、取り扱いには慎重な作業が必要になりました。フィルムの場合、キャメラのマガジンから取り出してフィルム缶に収めるまでが撮影部の仕事で、フィルム現像の作業は専門の技術者が行いました。つまり、大切な映像を取り扱うのに、それぞれの専門家が責任を持って行ってきたのですが、デジタル撮影に変わった時に、映像の取り扱いだから撮影部が行うものだろうという考えがほとんどでした。しかし、先に述べた通り、撮影をして安全な形でフィルムを缶に収めるまでが助手の仕事で、大切な映像の取り扱いは現像所の仕事と別れていた部分をすべて撮影助手が行うと責任が重くなってしまいます。そこで誕生したのがDITの仕事です。DITはデータの取り扱いを専門とした方々です。専門の機材や知識を持ち、安全な形で映像を取り扱い、責任を持って撮影の現場で活躍しています。
そのようなDITの仕事を、同じ映像を取り扱う撮影助手としてしっかりと知っておく必要があります。そこで今回は様々な映像技術を持つ、株式会社 イマジカで撮影技術を担当する部署の方々に講師となっていただき、DITの仕事を教えていただきました。
現在の撮影現場の状況としては、予算の兼ね合いでDITがいない現場もあり、そのような場合は撮影助手がDITに代わって作業を行う現場が多く見られます。そのような現場に就き、大切な映像データを取り扱う際に、今日の授業が役立つでしょう。まだまだ発展途上のデジタル撮影現場でこの先どのように変化していくか分かりませんが、今できる事、するべき事をしっかりと身につけてほしいです。


イマジカ
 

140211月18日授業レポート   育成塾14期生 

 イマジカDITインジェストチームの皆様から、DIT業務について伺いました。まず、DIT業務は「撮影に関する手伝い、設定」であると教えて頂きました。現場やDITさんによって、何をどこまで行うかは異なるものの撮影データ管理や現地モニタへ出力する際のLUT処理など、デジタル化した撮影現場におけるデータ周りのあらゆることを行われているのだと思いました。データを扱う上で撮影機材の知識が必要になったり、撮影時設定の共有が必要になるなど、撮影部と密接に連携して一緒に作業していただくポジションであることが判りました。また、スムーズな連携のためにも、撮影部がCLIP No.を正確に把握できていることなど、各部門が自己の担当範囲をしっかり押さえておくことが必要だと判りました。
 ポスプロで可能な範囲が広がったとは言え、「何でも出来るわけではない」からこそ、「ここまではいける」という感覚を養うこと、事前にテスト撮影を行うこと、それでも現場で問題が発生した場合は現地状況をできる限り詳細にポスプロへ共有することが大切だと教えて頂きました。午後はARRI AMILAとSONY FS7を使っての撮影実習とダヴィンチ取り込み、LUT処理までの大まかな流れを教えて頂きました。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.14-33

『 キャメラマン講義:千葉 真一・岩倉 具輝 撮影監督 』


14-33
本日の授業は久しぶりに「キャメラマン講義」の授業です。
午前中に講義をしてくださったのは、キャメラバランスシステムを一早く取り入れた撮影を行って来た、千葉 真一 撮影監督です。キャメラバランスシステムとは、業界では“ステディカム”と呼ばれている機材が知られています。キャメラを三脚には載せないで、ステディカムに載せたキャメラをオペレーターが操作しながら撮影するものです。キャメラを移動させながら撮影するのには塾生たちも授業で勉強した移動車がありますが、移動車と違ってレールなどを使わないで歩きながら移動撮影するのにステディカムは使われます。階段などレールを引くことが出来ない場所や、狭い室内、長い移動撮影など様々なシーンで使える利点があります。一つの映画では必ずと言って良いほど使用されています。一方、キャメラの重量バランスなど調整しながら撮影するには、かなりの熟練が必要で、誰にでも出来る技術ではありません。千葉氏のように熟練した操作は、かなりの努力があって出来る事なのです。キャメラマンとして特殊な技術を身につける事も大切で、興味を持って挑戦するのも良いでしょう。
 午後からは、アメリカで撮影部となり仕事を行ってきた、岩倉 具輝 撮影監督です。岩倉氏は珍しい経歴の持ち主で、アメリカの学校で撮影の基本を学び、撮影部になり、卒業後そのままアメリカで撮影の仕事を始め、日本では撮影の勉強をしていなかったそうです。ご存知の通りアメリカは映画や映像制作が盛んであり、その規模は日本とは比べものにならないほど巨大で、全体がしっかりとシステム化されています。映像産業に従事する人の数も大変多く、その中で日本人が仕事をして行くには大変な努力が必要となります。そのような状況で一人頑張って来た岩倉氏です。どのような努力をされたのかを聞くことは、今の塾生たちには大変重要な事です。これから日本で頑張って行くのにも大変役立つ話です。また、中には海外で頑張って行こうと考えている塾生もいるでしょう。事実、卒塾生の何人かが海外で頑張っています。日本だけでなく広く世界を見据え挑戦していく、そんな気持ちを持ち続けてほしいです。
 一口に撮影部と言っても、将来どのような技術を身に着けるかで未来は変わってきます。千葉氏のように秀でた技術を身に着けるか、岩倉氏のように新しい風を入れつつ映像制作をするか、それによって同じ撮影部でも変わってきます。撮影助手として様々な人を見て学び、自分の将来を考えていく事も大切です。


文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.14-32

『 ビデオ・デジタルの基礎知識 2回目 』



 今週は「ビデオ・デジタルの基礎知識」2回目です。現在の撮影現場はデジタルキャメラによる撮影がほとんどとなりました。これは編集や音など様々な分野でデジタル化が進んだことも理由にあります。作業の効率化においては、一昔前に比べると格段に速くなりました。フィルムに比べ取り扱いの楽なデジタルデータです、撮影したその場で編集が可能なんてことも出来ます。また、再作費用面でも昔に比べて大幅に低く出来るようになったことは、若手のなど今まで映画など作れなかった人たちでも、それなりにクオリティーの良い作品を作ることが出来るようになり、作品を発表する機会が増えたことは、人材の発掘につながっています。新しい技術を学んで新しい映像を作り上げていく事が、若い人たちを中心に進んできていることは良いことだと思います。その反面で、基本的な事を知らない人たちが増えてきていることも事実です。映像を作り上げていく部分の理屈を知らない人が増えているのです。技術の進歩で、今まで人が調整していた部分を機械が行ってしまい、それを良しとしてしまうことで、自分で作り上げていく楽しみを失っているようにも見えます。デジタルの技術はまだまだ発展していくでしょう。キャメラに至っても各社が競い合うように次々と新しいキャメラを発売しています。しかし機械はしょせん機会です、自分で考えて撮影はしてくれません。使う人間が確りと知識を持ち作り上げて行かなくてはなりません。機械に詳しくなるのではなく、映像を作り上げていく事に詳しい、そんな撮影部になってほしいものです。

お詫び:今回ブログ管理者が不在だったため、授業の詳しい内容をご報告できない事をお詫びいたします。



文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会