撮影助手育成塾便り.Vol.14-33

『 キャメラマン講義:千葉 真一・岩倉 具輝 撮影監督 』


14-33
本日の授業は久しぶりに「キャメラマン講義」の授業です。
午前中に講義をしてくださったのは、キャメラバランスシステムを一早く取り入れた撮影を行って来た、千葉 真一 撮影監督です。キャメラバランスシステムとは、業界では“ステディカム”と呼ばれている機材が知られています。キャメラを三脚には載せないで、ステディカムに載せたキャメラをオペレーターが操作しながら撮影するものです。キャメラを移動させながら撮影するのには塾生たちも授業で勉強した移動車がありますが、移動車と違ってレールなどを使わないで歩きながら移動撮影するのにステディカムは使われます。階段などレールを引くことが出来ない場所や、狭い室内、長い移動撮影など様々なシーンで使える利点があります。一つの映画では必ずと言って良いほど使用されています。一方、キャメラの重量バランスなど調整しながら撮影するには、かなりの熟練が必要で、誰にでも出来る技術ではありません。千葉氏のように熟練した操作は、かなりの努力があって出来る事なのです。キャメラマンとして特殊な技術を身につける事も大切で、興味を持って挑戦するのも良いでしょう。
 午後からは、アメリカで撮影部となり仕事を行ってきた、岩倉 具輝 撮影監督です。岩倉氏は珍しい経歴の持ち主で、アメリカの学校で撮影の基本を学び、撮影部になり、卒業後そのままアメリカで撮影の仕事を始め、日本では撮影の勉強をしていなかったそうです。ご存知の通りアメリカは映画や映像制作が盛んであり、その規模は日本とは比べものにならないほど巨大で、全体がしっかりとシステム化されています。映像産業に従事する人の数も大変多く、その中で日本人が仕事をして行くには大変な努力が必要となります。そのような状況で一人頑張って来た岩倉氏です。どのような努力をされたのかを聞くことは、今の塾生たちには大変重要な事です。これから日本で頑張って行くのにも大変役立つ話です。また、中には海外で頑張って行こうと考えている塾生もいるでしょう。事実、卒塾生の何人かが海外で頑張っています。日本だけでなく広く世界を見据え挑戦していく、そんな気持ちを持ち続けてほしいです。
 一口に撮影部と言っても、将来どのような技術を身に着けるかで未来は変わってきます。千葉氏のように秀でた技術を身に着けるか、岩倉氏のように新しい風を入れつつ映像制作をするか、それによって同じ撮影部でも変わってきます。撮影助手として様々な人を見て学び、自分の将来を考えていく事も大切です。


文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会