FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.03

『 キャメラマン講義:藤澤 順一・佐々木原 保志 撮影監督 』

藤澤 順一 撮影監督 本日の授業は先週に引き続き、「キャメラマン講義」です。これから撮影部を目指そうとする塾生たちにとって、撮影部の長である、撮影監督とはどのような人なのかを知っておくことは大切です。講師に来てくれる撮影監督の話に何を感じるか、感じてくれるか、とても楽しみな授業です。
 午前の講義は、2013年に『舟を編む』、2015年に『ソロモンの偽証 前篇・事件』で日本アカデミー優秀撮影賞を受賞、昨年の秋には紫綬褒章を受章された、藤澤 順一 撮影監督です。藤澤氏は塾生たち一人ひとりに、「なぜ撮影部を目指したのか」を質問し、その答えに対し丁寧に答えてくれました。また藤澤氏はご自身の作品、『妖怪天国』(1986年)を塾生たちに見せ、映像制作の基本を教えてくれました。1986年は今のようなデジタル技術はありません、全てが人によるアナログな世界、見ている映像の一つひとつにスタッフのアイデアや苦労が垣間見られます。この当時はスタッフ誰もがアイデアを出し合い手作りで撮影が進められていました。誰もがより良い作品にしようと努力し、その努力は完成の喜びと共に、次の作品作りの反省でもありました。想像力は作品作りの原点です。まずは様々な映画・映像を見て、どのように撮影したのかを考えてみる事から始めると良いでしょう。
佐々木原 保志 撮影監督 映画はスクリーンの中に人を創りだす仕事です。スクリーンの中に広がる世界に人々は引き込まれていくのです。午後の講義をして下さったのは、『ハナミズキ』『GONIN サーガ』など、ロマンスからアクションまで幅広い作品を手掛けている、佐々木原 保志 撮影監督です。佐々木原氏はキャメラマンを目指す塾生たちに、作品を手掛けるうえで必要な事や、これからどのような事を学んでいかなくてはいけないのかを教えてくれました。映画を製作していく上で色々なことを学んでいかなくてはなりません。様々な性格の人が暮らす世界では、その第一歩が「人を知る事」です。 
キャメラマンとしてどのように人を描くかはそれぞれのキャメラマンによって違うでしょう。まず考えなくてはいけないのが、登場人物がどのような性格で、その性格の人はどのような行動をするのかなど、人の原点に返って考えなくてはいけません。監督の領域ではないかと思いますが、キャメラマンは第2の監督と言われるように、作品作りの中では大きなウエートを持つパートです。常日頃から学んでいかなくてはいけないと、佐々木原氏は教えてくれたように思えます。
 日常は常に学びの場です。すれ違う人から街中でおしゃべりしている人まで勉強の材料です。電車の中でスマホに見入るなど愚の骨頂と言えるでしょう。乗り合わせた人がどの様なしぐさをし、どのように歩くのかまで、興味深く観察するような視点を養ってほしいです。

撮影助手育成塾


15期4月28日授業レポート   育成塾15期生 コンドウ ヒロシ

 今週は、午前に藤澤順一さん、午後には佐々木原保志さんと、撮影監督お二人のお話を伺った。藤澤さんの授業では、初めに御自身が撮影を担当された『妖怪天国』を見せてもらい、みんなで感想を出し合った。藤澤さんのお話で印象的だったのは、昔は工夫をして映画や映像を作っていたという事。今はデジタルカメラの性能や優れた編集機材などの力で、映像をある程度思いのままに加工をする事が出来るが、昔はそういう事は簡単に出来なかったので、道具類やセットの作り込みから、カメラワークやカメラの設置ポイントの調整まで、役者スタッフみんなが考えながら撮っていたので楽しかったと話されていた。その話を伺い、世の中が進歩した事で便利な事も多くなったとは思うが、画面に映らない所の苦労があり、それによって映像に深みが出たりしたのだろうと、お話を伺って感じた。
 そして佐々木原さんからは、御自身の今までのキャリアと撮影にまつわるエピソードや教訓、そして塾生が仕事を進めていくうえで読んだ方が良い書籍の紹介を頂いた。お話の中で印象的だったのは、他のスタッフを動かすにはノーアイデアではダメ、主要スタッフとして成長していくには映画の共通言語となる知識や理論を持つ事が必要という事。技術を身に付けたり、経験を積んでいく事ももちろん大切だが、映画を多面的に見る事も必要なので、そういった能力を身に付けるには沢山の本を読んだり、たくさんの人達とコミュニケーションを取りディベートをする事も必要という事だった。
 これから機材の取り扱いなど実技のレクチャーも教授頂くが、それと並行して今回紹介頂いた本を読む事で知識も蓄えながら、過ごして行きたいと思う。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.02

『 キャメラマン講義:兼松 熈太郎・浜田 毅 撮影監督 』

兼松 熈太郎 撮影監督  撮影助手育成塾15期生の授業が本格的に始まります。初めての授業は「キャメラマン講義」の授業。撮影部の事を知るには撮影部から話を聞くことが一番。JSCに所属する撮影監督から直接話を聞く授業です。
 第1回目の授業は撮影助手育成塾塾長の、兼松 熈太郎 撮影監督と、3月に公開された『北の桜守』を撮影された、浜田 毅 撮影監督のお二人です。
 午前中に講義をして下さった兼松 塾長。この撮影助手育成塾を開塾された方でもあります。「自分たちの助手は、自分たちで育てよう」と始めて、今期15期生となりました。その昔、撮影助手は撮影所で仕事をしながら多くの先輩たちから技術を学んでいました。撮影所がその機能を失い、撮影助手を育てる場がなくなった現在、撮影部が直接育てようとこの育成塾は頑張っています。兼松氏も、午後から講義をして下さった浜田氏も、始まったばかりの15期生たちに助手時代の様々なエピソードを話してくれました。浜田 毅 撮影監督  楽しい話、苦労された話、様々な話をしながら、撮影部という仕事の魅力から心構え、これからのアドバイスなどを、面白おかしく話してくれました。まだ撮影部の世界を知らない塾生たちでも、その様子が想像できるように分かりやすく話していただいたことで、塾生たちも撮影部とはどんなところかを分かったでしょう。撮影部というのは確かに技術職です。キャメラを扱う技術、映像を作る技術、様々な技術を撮影部は身につけなくてはなりませんが、技術以外にもっと大切な事があることを、お二人は教えてくれていたように思います。育成塾でしっかりと技術を学んでも、実際の現場で力を発揮できるほど簡単ではありませんが、撮影部としての大切な心構えは塾で学ぶ中で身につけることは出来ます。今後多くの人と出会い、大切な部分だけは忘れずに頑張ってほしいものです。

撮影助手育成塾


15-34月21日授業レポート   育成塾15期生 シマズ コウヘイ

 本日は兼松塾長と浜田毅撮影監督が講義してくださいました。
 午前中の兼松塾長の講義ではご自分の経験からこれからの撮影部に大切なことを話してくださいました。助手は必ず集合時間より前に来て準備をする「時間厳守」や「手に気を遣い清潔にする」ことや「自信を持つ」ことなど大切な心掛けを聞いて自分が感じたのは、人とのつながりを大事にしなければならないということでした。塾長は撮影助手、そして撮影監督を目指すには「チャンスを掴むこと」が重要だとおっしゃられました。そして撮影部にとってそれは、いい演出家(監督)と出会うことだそうです。運もありますが、このチャンスを掴み、仕事をするうえで信頼関係を築くには日ごろから最初に述べた時間厳守などの基本的な心掛けが大切なのだと感じました。自分は撮影の世界に飛び込んできたので仕事につながるような関係を持った人はほとんどいません。なので育成塾や現場で出会う先輩方をはじめ、これからの人間関係を大事にしていきたいと思いました。
 午後からは浜田撮影監督の講義でした。デジタルかフィルムかという話で単なるメディアの違いで自分はもうデジタルしか使わないということを現役のキャメラマンから聞けたのは、新鮮で興味深かったです。フィルムで撮ったり扱えたりするというのはこれから貴重になってくることなので、それが学べる育成塾の授業を真剣に受けていきたいと思いました。浜田さんは特別に希望して撮影部になったわけではなく、40代になってようやく自分が撮影部に向いているということを感じ始めたそうです。長く続けることが大切だということで、それは少なくとも映画が好きでないとできません。映画が好きで良かったです。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

撮影助手育成塾便り.Vol.01

『 撮影助手育成塾 第15期生 入塾式 』

15期生入塾式

 撮影助手育成塾 第15期が、本日スタートしました。日本全国様々な場所から集まって来た15期生たち。経歴も様々で年齢もバラバラな14名が、共に撮影助手を目指し1年間学んでいく事となります。私が新人として撮影所に入った時は一人でした、同期と呼べる仲間はいません。同じ年に撮影部として活動を始めた人は沢山いますが、共に勉強をしてきたという仲間はいません。多くの仲間と一緒に学ぶことは大きなメリットがあります。自分では気づかない事を教えてくれたり、その逆であったりと助け合うことが出来、お互いを伸ばしあうことが出来るのです。撮影助手育成塾は他の教育機関とは違い、現場に近い形で教えて行きます。昔、撮影所で実際に仕事をしながら学んで行った環境をそのままに、塾生たちに撮影部の心得、技術を教えています。つまり、これからの1年間、14期生たちは生徒としてではなく、新人の撮影助手のつもりで日本映画撮影監督協会のメンバー全員が教えて行くこととなるのです。
 映画制作は人を作る仕事と言われます。スクリーンの中に実在しない人を造り上げて行くのが映画です。キャメラマンは、映画を観る人達にそこがあたかも現実世界であるかと思わせ、引き込んで行ける映像を造り上げて行かなくてはなりません。今活躍中の撮影監督たちも、撮影助手の時代に撮影監督たちから多くの事を学んで今があります。撮影助手の仕事はそれ自体が現場では大切な役目を持った仕事ですが、それと同時に学びの場でもあるのです。将来キャメラマンとして活躍しようと思うならば、ただ時間を無駄に費やすのではなく、どんなことを学びながら撮影助手の仕事をしていけば良いのかを育成塾で学んでいってほしいです。
1年間頑張ってください!!

撮影助手育成塾


15-02-00.jpg4月14日授業レポート   育成塾15期生 シミズ ユカ

 入塾式では、兼松塾長をはじめ撮影監督の諸先輩方、機材関係会社の方々からたくさん激励のお言葉を頂きました。
 撮影助手としての役割や機材について聞く事ができ、大変勉強になりました。中でもフィルム撮影とデジタル撮影が行われている今の現場についてのお話はとても印象深かったです。
 映像作品の制作はインターネットの普及で増え続いている中、業界全体で人手不足に陥っている事、そして撮影機材もデジタル技術が進み、フィルムで撮影を行う作品は年々減少しているとの事でした。その上フィルムでの撮影を学べる環境はとても少なくなり、それに伴い取り扱える撮影助手も減っているというのが現状だという事でした。これからの時代は特にフィルムとデジタルの両方を扱える撮影助手はとても重宝される人材になれると強調して教えていただきました。
 育成塾ではフィルム撮影を基本に学べ、デジタル撮影についても教わる事が出来るので、今しか学べない貴重な1回1回の授業を大切に積極的に取り組んでいきたいと思います。
 さらに、授業の中では撮影監督の講義も受けられるのでお話を伺うのが今からとても楽しみです。
 また、オリエンテーションでは撮影助手として大切な心得や、働く上での心構えなども教えていただき、更に気が引き締まりました。
 知識や技術を身につける事はもちろんですが、これから訪れるひとつひとつの出会いを大事にし、今後の自分の財産にしていきたいと思います。そして何より、今回出会えた同期の仲間との縁を大切にし、将来へ繋がるいい関係を築いていきたいと思っています。
 最後になりますが、1年後の3月には、15期生として胸を張って卒塾できるように精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会