FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.27

『 機材講習:ARRICAM ST・LT 35㎜フィルムキャメラ 』

15-27
 本日の授業は合宿以来久しぶりの「機材講習」です。今回練習したキャメラは、ARRI CAM ST・LTの2台の35ミリキャメラです。今まで練習してきたキャメラARRI435とは違った用途のキャメラで、ハイスピードを目的としたARRI435と違い、同時録音撮影を目的としたキャメラです。ARRI435キャメラは、低速撮影から高速撮影まで幅広い撮影を可能にしているのに対し、ARRICAMは高速撮影ができない代わりに、同時録音撮影を目的として作られており、撮影時のモーター音からフィルム走行音まで消音設計によりほぼ認識できないほどに作られています。映画のように、役者のセリフを撮影と同時に録音する現場では、大きな威力を発揮します。現在フィルム撮影の現場では主力として使われており、この機材を学ぶことは、これから撮影部として活動していく上で大きなメリットとなるでしょう。
 今回の新しいキャメラを練習するのは、合宿で感じた事を復習する意味もあります。キャメラが違っても、作業はほぼ同じ流れで行うと言っても良いでしょう。違うのはキャメラの取り扱いや注意点などそのキャメラが持つ特性のみで、基本的な取り扱いは、ARRI435キャメラと変わることはありません。言い換えれば、フィルムをキャメラに装填するなどの基本的な流れは、435だろうがARRICAMであろうが同じなのです。その証拠に、合宿の余韻がまだ残る塾生たちは、初めてのキャメラであるST・LTも、すぐに組み上げてしまうほど成長していました。ある程度の事は身体で反応でき、ずいぶん上手くなってきています。この感覚を忘れることなく頑張ってくれると嬉しいです。フィルム技術を持った撮影助手は年々減少していく中で、一人でも多くの若者が、フィルム技術を学び、立派な撮影助手になって欲しいです。

ナック イメージテクノロジー


1513_20181008104058edf.jpg9月29日授業レポート   育成塾15期生 ヤマグチ ユウキ

 今回はナック様にて、ARRICAMの機材講習を行いました。現在フィルム撮影の中でも最も実用されているということもあり、気を引き締めて臨みました。
 ARRICAMは新しい機材ということもあり、電動で動く部分が多く、より簡単な構造になっておりました。基本的な使い方に関しましては、覚えましたが、重さとして、今までよりも重いということが1つの課題となりました。
 また、初めて1000ftマガジンを扱うということもあり、より一層重くなっていまして、ズームレンズを取り付けた状態で、持ち上げるということを行いましたが、単純な力で行うのではなく、身体を上手く使う技術が必要になってきました。フィルムを扱うことの恐れは減りましたが、まだ集中力が足りていないところもありましたので、次回のARRICAM講習がフィルムを扱う講習の最後になりますので、気を引き締めて臨みたいと思います。
 新しいこともありますが、今までの積み重ねで出来ないことではないので、着実に行っていきたいと思います。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会