FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.31

『 デジタルシネマについて:長田勇市 撮影監督 』

長田勇市 撮影監督 本日の授業は「デジタル撮影の基礎」です。 『クロスロード』『ウォーターボーイズ』などの撮影を担当された、長田勇市 撮影監督に来ていただき、デジタルでの撮影について講義をして頂きました。フィルム撮影で育ってきた長田氏は、デジタルへの変化に早くから対応を始めた方です。Panasonicによるデジタルキャメラの開発に協力。キャメラマン目線でデジタルキャメラに必要な機能などの開発に携わってきました。長田氏はデジタルキャメラによる撮影では、レンズが大きなウエートを占めてくる事に着目し、デジタルに合ったレンズの開発を提言されてきたそうです。フィルムキャメラは古いキャメラ機材であっても、レンズとフィルムが良い物であれば美しい映像が撮影できます。対して、デジタルキャメラはその機能上レンズの選択は大変シビアなものとなります。
 この様にフィルムとデジタルとでは似ているようで、全くの別物と言っても良いでしょう。デジタルの辿って来た歴史の中に、フィルムに近づくために研究をしてきた部分が多くあります。開発に携わってきた撮影監督たちはフィルムの長所を十分に理解してきた方々です。いかにしてフィルムの良いところを、デジタルでどれだけ出していけるか。また、デジタルの長所を学びいかに取り入れていくかなど、キャメラマンならではの主観で開発に協力をしています。
今後どのようにデジタルが進化していくかは未知数です。しかし、長田氏をはじめ多くの撮影監督は現時点で出来る最高のパフォーマンスを求め撮影をしていますし、これからも研究していくことでしょう。日々進化を続けるデジタルの世界では、取り扱う私たち撮影部の意見が重要になってきます。 そして塾生たちはこれからの撮影の世界を担っていく大切な人材となっていきます。撮影助手の仕事を通じて多くの事を学び吸収し、より良い道を築いていくことを期待します。

オープンカレッジ募集


1511.jpg10月27日授業レポート   育成塾15期生 モリ マユコ

 今回の講義では、長田勇市撮影監督にデジタル撮影の基礎についてお話していただきました。
1年間の育成塾の講義は既に半分を過ぎ、今までキャメラマン講義として様々な撮影監督のお話を聞いてきましたが、フィルムやデジタルといった記録メディアの違いに対する考え方、撮影に関する考え方は本当に人それぞれであるということを今回改めて感じました。
 長田さんはフィルムでは出来なかった技術や手間が掛かっていた作業を簡単に出来るデジタルの良さを積極的に取り入れており、メーカーとも協力し機材の開発にも参加されています。Panasonicのデジタルキャメラで歴代に長田さんが使って来られた物を順番に見せていただいただけでも、いかに機材がコンパクトになってきたかということが見て取れ、撮影を取り巻く環境も変わってきているということを分かりやすく感じ取ることが出来ました。コンパクトになったことで広がった撮影の可能性もあると思いますし、1人1人の役割が今後変化していくこともあると思います。デジタル時代の変化のスピードにも上手く対応していきたいと思います。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会