FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.35

『 機材講習:デジタルキャメラ機材 』

15-35
 本日は三和映材社にて、機材講習を行いました。デジタルの機材は何度もお話ししましたが、触って覚えることが一番です。フィルムキャメラと違って多くの機能が詰め込まれたキャメラは、各社がそれぞれ違った考えの下で開発されていることもあり、それぞれ違った特徴を持っています。それぞれのキャメラで同じ設定をするには、どのような操作で行うかなど、試してみることが一番わかりやすい方法なのです。今日は日本の代表的なメーカーの、Sony, Canon, Panasonicのキャメラをお借りして、それぞれどのような違いがあるか、触れてみることにしましょう。
早くからデジタルシネマ用キャメラの開発を行ってきたSony。 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で使用されたのは1999年です。その当時は大変な驚きで話題になりました。早くから開発に力を入れていたSonyは、デジタルに関して多くのノウハウを持っていることがキャメラからも分かります。 
 VARICAMの名称で知られるPanasonicのキャメラは、日本人キャメラマン、阪本善尚撮影監督が開発に協力しました。フィルム映像を知り尽くした阪本キャメラマンは、フィルム映像にこだわり開発した日本スタイルのキャメラと言えます。2005年に公開された、『男たちの大和』 は全編VARICAMキャメラを使用した作品で、大ヒットをしたことは記憶に残っています。
 デジタルムービーキャメラでは最後発と言えるCanon。 スチールカメラメーカーとして有名なCanonですが、本格的なデジタルムービーキャメラはスチールキャメラのノウハウが色濃く出ています。多くのキャメラマンの意見を取り入れて進化を続け、今では多くの映画を世に送り出しています。また、Canonの作り出した技術は、多くのメーカーでも取り入れられています。
 この様に今では海外のメーカーも含め、多くのデジタルキャメラが存在していますが、どれも良いところもあり欠点もあり、一概にどのキャメラが良いとは言えないでしょう。海外も含めて多くのメーカーから出されています。すべてを覚えることは難しいですが、撮影に必要な機能をどの様な操作で行うか、とにかく触って覚える、デジタルキャメラはそれ以外に方法はありません。塾生たちも卒塾後はデジタルのキャメラを使用する機会が多くなるでしょう。その時のためにも今は積極的に触れてみることが大切です。

三和映材社


1507_20181022021300675.jpg11月24日授業レポート   育成塾15期生 シミズ イクミ

 本日はデジタルキャメラの機材講習でした。 デジタルキャメラには様々な機能があるため、その機能を一つ一つ確認しながらキャメラを操作しました。 ISO感度、レンズの絞り、シャッタースピードは相関関係にあることを学びました。 どのようなシーンを撮影するかによって、ホワイトバランスやレンズの絞り感度を調整するので、キャメラの機能について塾生の間に充分に理解しておきたいです。




第2回オープンカレッジのお知らせ


文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会