FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.38

『撮影実習ラッシュ試写&東映ラボ・テック講義 』

15-38
 本日は練馬区大泉学園、東映東京撮影所内にある、東映デジタルラボにて、先週の撮影実習で撮影した映像を、東映ラボ・テック株式会社のご協力で見ました。
 今回の授業でお世話になる東映ラボ・テックと東映デジタルラボ株式会社は、東映東京撮影所内にある事でお分かりになるように、映画の撮影製作から作品の仕上げまで一貫して出来る撮影所です。デジタルラボ内にある試写室は、普段映画の完成試写会などで使われる場所です。実習で撮影した映像を見るには贅沢な設備ですが、撮影助手を目指している塾生たちには、一番の環境で見て、感じて、体験する事がこれからの活動には大切な体験になるでしょう。
映画館と同じスケールのスクリーンで、撮影した映像を見る機会はめったにありません。このブログでも何度となく説明をしてきましたが、映画館のスクリーンとテレビ画面は全く違うものです。すべてにおいてスクリーンでの上映はテレビに比べ優れており、表現力・色彩再現、どれもテレビでは映すことが出来ない領域まで表現してくれます。「映画は映画館で観る」という言葉にはそれなりの理由があるのです。そんな環境で、実習で撮影した映像を見ることが出来る事はどんなにか勉強になるでしょう。
今回、東映ラボ・テックにて授業を行う理由のもう一つは、デジタル技術の説明もあります。先週の実習で幾つか設定を変えて撮影を行いました。その違いを今回デジタルラボの技術者の方から説明をして頂きました。授業で話はしてきていますが、実際にデータの違いがどのような違いになるのか、映像を見ながら説明を受けるととてもよく分かります。
 間もなく卒塾を迎える塾生にとっては、先週と今日の体験はとても良い経験となった事でしょう。デジタルの技術は日進月歩で進化を続けていますが、基本的な形は出来上がっているように思えます。今日の話をしっかりと覚え、今後に生かしてほしいです。

東映ラボ・テック


1504.jpg12月15日授業レポート   育成塾15期生 コンドウ ヒロシ

 今回は東映デジタルラボ社にお邪魔した。 前回デジタルカメラで撮影した映像を大きな試写室で見せて頂いた。 普通の映像、LOGの映像、そしてREC709の映像を見比べた。見てみると全然違った。普通の映像にカラーコレーディングなどのデジタルの特殊技術を施した映像はとても綺麗だった。 もしかしたらこの違いはモニターだけでは分からないのかもしれないが、スクリーンで観ると歴然だった。 常々先輩方が言われていた、映画はきちんとした映画館で観るべきという考えの意味がわかった気がした。



第2回オープンカレッジのお知らせ


文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会