撮影助手育成塾便り.Vol.30

『 デジタル撮影部の仕事:株式会社 イマジカ 』


12-30-00.jpg

 本日の撮影助手育成塾は株式会社イマジカにお邪魔して、撮影部の方々よりデジタル撮影について教えていただきました。今回は、今まで勉強してきたフィルムによる撮影と、デジタルによる映画撮影の現場での違いや、どのような作業が現場で行われるのか、フィルムにはないでデジタル撮影での注意点など、実際に体験しながら教わりました。フィルムと違い全てが電子機器となるデジタル撮影では、映像を撮影するにも様々な方法があります。
 一まとめにデジタルキャメラと言っていますが機種によって大きく違いがあり、それぞれ出来る事と出来ない事があります。機能が単純なフィルムキャメラは、フィルムやレンズによってわずかな違いがある程度ですが、デジタルは機種によって大きく変わってきます。当然これから撮影助手になろうとする塾生たちはどのようなキャメラでも取扱いが出来るようにならなければなりません。今回は用語も含めこれから必要になっていくことを教えてもらう授業だったわけですが、とても今日一日で覚えるには難しい授業だったことでしょう。今後、実際に機材を使っての授業もあるので、そこで実践的に覚えていくことにして、今日の授業で出てきた事柄は自分なりに調べて勉強しなくては、現場でつまらないミスをする羽目になってしまいます。日進月歩で進むデジタル技術の世界です。パソコンに慣れた世代だけにこの手のキャメラを覚えることも早いと思いますが、油断せずに勉強してほしいです。


イマジカ
 

1205.jpg10月31日授業レポート   育成塾12期生 岡村 亮

 今回はイマジカ撮影部さんの元で授業を受けました。授業ではDITと呼ばれる部署について教わりました。デジタルシネマキャメラが普及し出して、データがフィルムからカードに変わって保存の仕方や取り扱いが大きく変化して、取扱い易くなった様な気がしていました。しかし、楽になった分、慎重さにおいては変わらないと思いました。いや、むしろもっと気をつけなければいけないと思いました。フィルムは落とすとかぶりが出る恐れがありますが、カードは下手をすればその日に撮影したデータが飛んでしまって、一から撮り直ししなければいけなくなるかも知れません。手での受け渡しの際には静電気でデータが消滅するので絶対にケースに入れての受け渡し等気をつけなければいけないので、気持ち的に楽だからこそ、余計に慎重に取り扱わなければいけないと感じました。
 昼からはF-55とF-65とREDで三班に分かれてそれぞれ出された課題を元に実際に撮影してカラーコレクションをするという事を体験しました。僕は3種類の中でも一番スペックが高いとされているF-65を使用しました。後で色をいじるという事なのでせっかくなのでどのくらいまでいじれるのだろうかと思い、空と風景を映して、「ホラーな感じにしたい」とお願いしました。すると、ここまで変わるのかというくらい変化したので、もっと具体的に説明すれば自分の思い通りに色を変化できるのだと知り驚きました。RAWでの収録だったのでここまでの変化ができるのだなあと思いました。僕にはまだまだ遠いとは思いましたが、いずれやる時がくるかも知れないので貴重な体験が出来て勉強になりました。


文化庁ロゴ3

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
過去ログ
授業アルバム
授業風景のアルバムです。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新214号発売
映画撮影214

JSC機関誌『映画撮影』214号が

発売されました。

214号の特集は

『たたら侍』

『関ケ原』

『散歩する侵略者』

『STAR SAND-星砂物語』

『忍びの国』

『生きとし生けるもの』

― 洋画の話題 ―

『メッセージ』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


映画撮影194


映画撮影193


映画撮影192


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会