撮影助手育成塾便り.Vol.39

『 キャメラマン講義:藤石 修・坂本 誠吾 撮影監督 』


藤石 修 撮影監督  2016年、撮影助手育成塾12期生の授業が本格的に始動しました。残りの授業は本日を入れて11回、すでに撮影の現場を経験している者もいますが、塾生達も間もなく本格的な撮影助手としての活動が始まろうとしています。残りの授業も気を引き締めて受けることでしょう。
 本日の授業は「キャメラマン講義」です。午前中に講義をしていただいたのは、『踊る大走査線』『岳』などを撮影された、藤石 修 撮影監督です。藤石氏は、自分が仕事の中で身に付けた知識や経験を塾生たちに指導、それがどのような形で撮影の現場で役に立つのかを、分かりやすい例えを入れながら教えてくださいました。こうした知識や技術は、まだ現場で活動したことのない彼らには実感できないですが、覚えていると仕事の中で急に役立つ時があります。そして現場で気づいた時に、一歩一歩階段を上るように成長していくのです。撮影の現場で先輩たちは細かく丁寧に教えることはありません。忙しい現場では自分で学んでいくしかないのです。今、何をしているのか、何をすれば良いのか分からず動くことができない自分に悔しい思いもすることでしょう。しかし、冷静に塾で教わった事を思い出すと、応用できることはいくつも教わっているはずです。仕事をしながら周りの状況を常に考え、すでに多くのことを学んでいることを忘れないようにするとよいでしょう。
坂本誠吾 撮影監督  午後から講義をしてくださったのはTVCMなどで活躍されている、坂本 誠吾 撮影監督です。坂本氏は単身アメリカに渡り、撮影の仕事を長く続けてこられた方です。今日の授業では日本とアメリカとでの撮影システムの違い、双方の悪い点や良い点などを上げ、将来キャメラマンとして自分のスタイルをどのように作っていけば良いのかアドバイスをしてくださいました。日本とアメリカでは撮影環境やシステムに違いがあります。しかし映像を撮影すること自体に違いはありません。日本で培われてきた技術、アメリカで培われてきた技術、それ以外の国々も含め様々なスタイルや技術を学び自分の中で生かしていく事は大切です。映像を撮影することに決まりはありません。あるとすれば見てくれる人たちが感動できる映像を作り上げるという目標ではないでしょうか。塾生たちには様々な事を学び、独自のスタイルを持つキャメラマンになってほしいです。


撮影助手育成塾


1208.jpg1月 9日授業レポート   育成塾12期生 高橋 真実

 午前は、藤石 修 撮影監督の授業でした。新しい画角の見方を教えて頂きました。それがあまりに単純な数字で成立していたので、最初は、半信半疑でしたが、実際試してみるとだいたい合っていました。藤石さんが繰り返しおっしゃっていた大体の意味がわかりました。まだ、どれくらい離れているのか分からないので、自分でも使っていこうと思いました。
午後は、坂本 誠吾 撮影監督の授業でした。アメリカで過ごしていた経験談などを交え、興味深い授業をして下さいました。アメリカではまだフィルムでの撮影も多く、大型のフィルムを使った撮影もしていることを初めて知りました。レンズはハッセルブラットを使っているということで、とてもきれいな画を撮っているのだろうと思いました。日本もデジタルが主流になりつつありますが、フィルムの技術も絶対に必要だと思うような授業でした。


文化庁ロゴ3

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
過去ログ
授業アルバム
授業風景のアルバムです。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新214号発売
映画撮影214

JSC機関誌『映画撮影』214号が

発売されました。

214号の特集は

『たたら侍』

『関ケ原』

『散歩する侵略者』

『STAR SAND-星砂物語』

『忍びの国』

『生きとし生けるもの』

― 洋画の話題 ―

『メッセージ』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


映画撮影194


映画撮影193


映画撮影192


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会