撮影助手育成塾便り.Vol.13-08

『 キャメラマン講義:戸田 佳太・清久 素延 撮影監督 』



 撮影助手育成塾の授業は予定通り行われておりますが、真に申し訳御座いませんがブログ『撮影助手育成塾便り』管理者が不在のため更新はお休みさせていただきます。なにとぞご理解のほどをよろしくお願いいたします。


撮影助手育成塾


13-09-02.jpg 6月 4日授業レポート   育成塾13期生 高木 泰宏

[午前中の授業/戸田さんの講義]
 有名な浮世絵画家である広重を引き合いに出して、現代の映像技術を語るという、他の講師の方とは全く違ったアプローチが大変独創的で、かつ、ためになる授業だったと思います。構図や遠近の使い方など、人間はずっと昔から考え続けていたのだな、そしてそこに独自の視点や工夫を盛り込んで、二次元に三次元を組み込む方法を編み出してきたのだなと感じました。
 中でも、一点透視図法などが普及したルネサンス期を経験していない日本の浮世絵の世界で、あれだけの大胆な遠近法を使った広重は、やっぱり天才だったのだと思ったし、天才の作品は時代を超えても人々に感動を与えるのだということが、改めて分かったような気がします。
 浮世絵の業界がすなわち現在の映像業界に例えられるならば、絵師である広重のような独創的で心を打つような表現をしなければならないのは、他でもないカメラマンの仕事であるのかもしれません。だとしたら、そのカメラマンを目指す僕らからすれば、常識やお手本やセオリーに囚われない、独自の視点を養うことが重要なのだ、と感じました。

[午後からの授業/清久カメラマンの講義]
 大先輩のプロのカメラマンのお話を聞くと、いつも参考になることや、知って得になることが満載で、何をレポートに書こうか迷ってしまうのですが、今回もまた選びきれないほど沢山の得るところがありました。
 弾着の時、そしてゴジラの大仕掛けのシーンでカメラが回ってなかったという顔面蒼白もののエピソードが僕のお気に入りなのですが、それ以外にも、清久さん個人が持っておられる、熱い人柄というか、仕事に対する真摯な姿勢の方がもっと強く印象に残りました。
 海外のワークショップでステディカムを学ばれた時のお話もそうですし、昔の日本映画の先人達のお話をされている時もそうでしたが、熱のこもった、いかにも第一線でバリバリやられている人の熱意のようなものが伝わってきて、感動的ですらありました。こう言っては失礼かもしれませんが、どこか少年のような眼差しというか、いつまでも映画に対する情熱を失わない瞳の輝きをお持ちのような気がして、やはり本物のカメラマンは器が違うな、と痛感させられたところが、この授業での一番大きな収穫だったと思います。


文化庁ロゴ3

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
過去ログ
授業アルバム
授業風景のアルバムです。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新214号発売
映画撮影214

JSC機関誌『映画撮影』214号が

発売されました。

214号の特集は

『たたら侍』

『関ケ原』

『散歩する侵略者』

『STAR SAND-星砂物語』

『忍びの国』

『生きとし生けるもの』

― 洋画の話題 ―

『メッセージ』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


映画撮影194


映画撮影193


映画撮影192


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会