撮影助手育成塾便り.Vol.13-09

『 機材の取り扱い方 』


13-09-01.jpg

 入塾以来長く続いた基礎知識の講習も終わり、いよいよ今回からはJSC青年部の撮影助手の指導の下、13期生も9月の合宿に向けて実技の実習に入っていきます。
今日の授業は「機材の取り扱い」です。本格的に「機材講習」の授業に入る前に、基本的な取り扱いの注意点を教える授業です。基本というだけに大切な注意点が多く、一歩間違うと大きな怪我につながるので、特に覚えてほしい事柄です。
フィルムのキャメラはランズやアクセサリーなどを付けると重量が30キロを超す場合もあり、転倒などで手や足などを挟まれると大けがにつながります。怪我をしなくともキャメラ機材を破損すると、そのまま現場が停止し、大きな損失を生み出すこととなります。それはすべて撮影助手の責任になるのですが、元々事故が起こらないためにプロの撮影助手が現場に呼ばれるのですから、事故などは起こってはいけないのです。また、自身が怪我をするという事も、ある意味撮影助手としては失格と言えます。怪我をすると当然仕事はできなくなるので、全体の作業効率も落ち、進行に支障をきたし、何より他の撮影助手に大きな迷惑と負担をかける事になります。作品の撮影が終了するまで、助手として怪我をすることなく無事に撮影を終わらせることが求められるのです。  
本日の授業で、三脚の取り扱い一つとっても、いくつものチェック項目があることが分かったと思います。どのような扱いをすれば怪我や事故につながるのか、聞かなければわからない事ばかり。また、どのようなことに注意しておけば、それが防げるのか、青年部の分かりやすい説明で理解したことでしょう。来週から始まる機材講習で、少しずつでも体で覚えていけるとい良いです。


ナック イメージテクノロジー


13-10-01.jpg 6月11日授業レポート   育成塾13期生 板垣 優天

座学が終わり、本格的に機材講習が始まりました。 機材はどれも高価なものばかりなので、安全かつ的確に、教えに充分気を付けて使用したいと思います。また、今までの座学で、不明だった部分を実技でほぐしていきたいと思います。頭だけでは意味がないので、しっかりと実技を併せていきたいと思いました。
 機材を持ち帰り、ずっと触っていられるわけではないので、おっしゃる通り、イメージトレーニングをしっかりしようと思います。 イメージトレーニングには利点も多々あります。いつでもどこでも好きな時にできる事です。単独で身ぶり手ぶりでやった方が良いとは思いますが、人前でも出来ます。しかし、間違った覚え方のままイメージトレーニングをする事は気を付けようと思います。そうならないよう、授業で確実に覚え、反復していこうと思います。


文化庁ロゴ3

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
過去ログ
授業アルバム
授業風景のアルバムです。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新214号発売
映画撮影214

JSC機関誌『映画撮影』214号が

発売されました。

214号の特集は

『たたら侍』

『関ケ原』

『散歩する侵略者』

『STAR SAND-星砂物語』

『忍びの国』

『生きとし生けるもの』

― 洋画の話題 ―

『メッセージ』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


映画撮影194


映画撮影193


映画撮影192


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会