撮影助手育成塾便り.Vol.13-21~24

『 信州撮影実習合宿:長野県茅野市ロケ 』


13-21-00.jpg

 撮影助手育成塾前半のまとめとして行われる「撮影実習合宿」が、9月4日から7日の三泊四日で、長野県茅野市にて行われ、無事に終了しました。入塾以来フィルム技術中心に行ってきた授業のまとめとも言える撮影合宿、それぞれが練習してきた事をどれだけ実践で出せるか試されます。単なる学校と違い、日本映画撮影監督協会が行う実習です。本物の現場と変わらない速度で現場は進行します。実際に撮影する映像は作品に仕上げることを目的に、この合宿までに多くのプロのスタッフが準備を重ねてきました。その撮影現場に撮影助手としていきなり連れて行かれ、プロのスタッフと共に作業をするのは大変緊張したことでしょう。キャメラマンや撮影チーフから怒鳴られ、せかされながら練習通りに動けない塾生たち、撮影のタイムスケジュールが決まっているため、ゆっくりとした作業で遅れることができない状況が一層、練習したことを忘れさせているようでした。しかしながら毎年そうですが、時間がたつにつれペースをつかむようになり、同じ塾生同士の中でも呼吸を合わせながらうまく動けるようになってきます。撮影部はキャメラマンを長としてチームで動くものです。作業を通じて互いの呼吸にも慣れてくると、次第にお互いの動きが見えてきて、次の動きにも体が無意識に反応出来る様になるのです。今年の13期生たちも初めの日に比べ、後半の動きは未熟ながらも撮影に現場に対応できるのではないかと思うほど、成長していました。
 この育成塾で行われる撮影実習の成果は大きく表れます。たぶん現場での対応力は同じような立場の人たちに比べ、はるかに身についているでしょう。それは卒塾生の現場定着率の高さからもわかるところです。撮影助手育成塾は即戦力となる撮影助手の育成を目指しています。彼らは新人、キャメラマンはまだ先の話、撮影助手としてまずは現場に立ち、そこからキャメラマンとしての勉強をしていかなくてはなりません。誰もがたどる道、これから始まる長い勉強のためにも、この合宿で経験したことを忘れずに頑張ってほしいものです。


ナック イメージテクノロジー


1307.jpg 合宿授業レポート   育成塾13期生 平見 優子

 合宿撮影はまず準備から始まる。チェックすることは多くあり、それらをサクサクとこなしていかないといけない。チェックで心がけるべきは、「信用しない」ことと「一つの行為で二つ以上の確認をする」ことだと思った。すべての機材チェックは「信用しない」ところから始めないと漏れが出てしまうと思った。そして、木村さんがおっしゃる「賢いズル」をどんどんやって、効率よく準備を進めることが時間短縮に繋がるということがよくわかった。
 合宿を通して、自分がしてしまったミスを振り返る。
 時間はかかったもののフィルムを詰め、マガジンをかけたものの、巻き込みをしていなかった。外すときにも巻き込みをし忘れかけた。これは普段の講義の時に生フィルムをかけることを想定しきれておらず、巻き込みという作業の動きをしていなかったためである。確かにオバケフィルムで巻き込みをする必要はないが、マガジンをかけるという作業の最後はゲートチェックだと身体の感覚で覚えてしまっていた。これに限らずもっと現場を想定した動きを普段のチェックでしておくべきであった。使用済みのマガジンをまだ未使用のマガジンだと勘違いし、尺が足りなくなり、現場が止まってしまった。マガジンの天地を逆にして置くことで、使用済みのものとわかるようにする、というルールが一部の塾生に共有できておらず、未使用のものだとまず一見して思い込んでしまった。また一応持ち上げ側面を確認した際、帯に撮済尺も書かれていなかったため未使用だと思ってしまった。底面を見れば一目瞭然なのにそこを見ずに判断してしまったことが明らかな原因である。
 最大のミスはフィルターの入れ間違いである。85N9が入っているところに「N6追加」と言われ、85N9+N6にしなければならなかったのに、85N9と85N6を交換してしまった。言い訳にはなるが、その時以外、フィルターを重ねて入れるのは85N?+POLAという場合しかなく、NDを重ねて入れるという考えが頭からずり落ちていた。追加という言葉に違和感を感じつつ、復唱、入れた確認をきちんと届くようにできていなかったことが反省点である。また、何を目的にフィルターワークが行われているのか考えればわかったはずであった。その点ももっとカメラマンの目線に立つということが大切だと実感した。
 カメラマンの目線に立つというのは物理的にも、思考的にもとても重要で、何をうつしたいのか、何をうつしているのかがわからないと、助手はそのための準備ができない。きちんと理解しようとし、分からないなら先輩の助手に聞くなりして、カメラマンがスムーズに撮影できるよう、愛を持って助けていくのが助手の役目であるということを深く理解できた合宿であった。


nkl


1309.jpg 合宿授業レポート   育成塾13期生
 
 合宿では本当にたくさんのことを学びました。現場に求められるスピード感、それに伴う体力、判断力、撮影の現場自体が初めてだったので、最初は少し気後れしてしまうようなこともありましたが、3日目にはだんだんと慣れてきて、それでも行き足りないことが多い中でも、何をすべきか考えて動けるようになってきたと思いました。撮影の仕方や機材の扱い方はもちろん勉強になったことですが、一番大きかったのは、参加してくださったプロの方々や先輩方から、プロのあり方というものを感じ取り学べたことです。どの方も折々にたくさんのアドバイスをくださいました。そして撮影に関わる人たちの人間力の高さというのもとても感じ、技術以上に大切なものを感じ取ることができました。これまで先輩方が時あるごとに話されていた、仲間の大切さというのも今回体験として強く感じることができました。頭ではわかっていても、現場で求められるスピードの中では周りが見えなくなってしまったり、追いつけていけなかったことが多々あり、現状の自分のレベルを痛感しましたが、これはもっと経験を積むことで自信をつけていくことができると思いました。これから現場に出て行く上でこのような合宿を経験できて、参加して本当によかったと思います。


東京現像所


1308.jpg合宿授業レポート   育成塾13期生 三代 郁也

 今回は撮影実習で長野の蓼科でロケでした。 今までは準備から機材チェックやフィルムの装填が主な内容でしたが、それを活かした初の実習で、最初のフィルム装填からうまくいかなかったことがきっかけであせってしまい、一度チェンジバックから手を出してやり直すという結果になってしまいました。 練習でうまくいった時の状態を本番で確実に出すためにも、もっともっと練習していかなければならないんだなと改めて感じました。また今回一番学んだことは声を出すということです。声を出すことで安全で確実で正確な仕事ができることにつながると思いました。キャメラマンやチーフの言ったことを大きな声で復唱することで、それが周りにも伝わり、自分も確かめられ、自分の聞きとったことが間違っていないか、上の先輩にもわかり、かつみんなが同じことをしないで自分がその仕事をしますというアピールにもなると思いました。 そして実習をすることで各ポジションの仕事というのもわかりました。セカンドは現場についたらキャメラマンについて行き、何が必要かを考え、下に指示し、フォーカスだけでなくバレものなど、画の責任があり、サードはフィルムのことすべてをフォースと一緒にセカンド、チーフの指示を聞いて現場に運び、フォースはとにかく、キャメラマンや先輩のサポートをできるよう、とにかく大きな声で走り回らないといけないと思いました。
 撮影中、このケーブルがどこにあるのかわからないということがありました。最初のチェックでどれがどこに入っているのかということを全員がしっかり理解し、素早い現場移動の時もちゃんと元の場所に戻すか、別のところに入れた場合は、それをちゃんと他の撮影部の方々全員と共有しなければ、と思いました。 また、85,ND0.9が入っている状態からそこにND0.6追加となった時に、間違って85N6に変えてしまった時もその時にちゃんと大きな声で確認していれば、チーフや先輩、キャメラマンが間違っていることに気づいてくれたと思います。 なので大きな声で返事や声を出すことが本当に大切だと思いました。
 今回の撮影でたくさん怒られたり、ミスをしてしまいましたが、この経験を活かして、同じミスは二度とせず、必ず現場に出た時に活かしていこうと思いました。





1301.jpg 合宿授業レポート   育成塾13期生 板垣 優天

 合宿で一番に学んだ事はとにかく落ち着くことだったように思います。慌てるという事は正確さと安全とは真逆にあるものだと実感しました。 慌てたりあせったりする理由としては、時間が無くて慌てていることだったり、講師に何も言われないようにとか、人によるとは思いますが、総じて言えるのは、撮影に関してそれらは必要のない事だということです。 焦れば、良い画が撮れてスピードが早くなるという事はありません。ここで必要なのが、ものすごく当然の事なのですが、自分自身で考える事です。言われた事をやる、おこられないようにやる等は自分の考え方というものは皆無です。むしろ、現場に入ったら全部自分ひとりです。今まで木村さんや、木村さんに限らず誰もがたくさん言っていた事は、考えろでした。仕組みを考えろでした。未来を考えろでした。とにかく落ち着いて、自分で考えて、安全に頑張ろうと思いました。
 また、現場が一番学習できると思いました。今まで習った事がスッと入ってきて、更に今までの講義を全部合わせた以上の事が合宿で学べたと思います。
 総合的に言うと、みんなとの合宿は楽しかったです。



1303.jpg 合宿授業レポート   育成塾13期生 小林 悠紀

「蓼科の風に吹かれて」
信州へ3泊4日の撮影実習に行きました。 今までの授業の成果の確認とプロの現場を知るという目標で過ごしました。 講師の方からも何度も言われてきたことですが、まずは楽しむことを意識し、撮影というものを楽しみました。
 ただ、全体を通して自分の未熟さを痛感し、悔しさが残り不完全燃焼になりました。

 1日目は特機班にて、撮影部のフォローをしました。 アップルボックスの使い方、楔の入れ方などを学び、まずは撮影というものを知るために少し客観的に撮影部を見ました。 監督、キャメラマンが画に集中してもらうため、動きをよく見て、また太陽などをみてかぶりの用意やパラソル、アップルボックスなどを用意しなくてはならなく講師の方に言われてから動くことが多く、全く頭を使って動けませんでした。
 途中、監督の指示でステディカムを使うとのことで、急遽、サードとしてキャメラに関わりましたが、焦りが出てしまいキャメラだけ持って行ってしまいバッテリーを忘れるなど、本来はわかってるはずのことが出来ず、無駄な時間と、労力を使ってしまいました。
 フィルムのローディング自体は久しぶりのIII型ではありましたが、体に染み付いていました。しかし不安定な場所でのローディングの為、少し時間がかかりました。夜、信州味噌・丸井伊藤商店では照明部として参加しました。 初のジェネレーターの使い方を教えてもらい室内でのライティングをし、機材の搬入をする際はお店ということで、特に物をぶつけないなど気をつけました。

2日目は、照明部、撮影部での作業でした。
2日目は2時起きで準備を行い日の出の撮影に向かいました。 照明部としては特に仕事もなく基本的に撮影部のフォローとして同期の動きを見て勉強しました。朝の清々しい風で目も覚めました。 次に、今回初めての撮影部でセカンド、サードを行いました。一番の反省点は、どこにどんな機材が入ってるかを正確に把握してなく、無駄な動きが多かったことです。 フィルムを、マガジンに詰める作業で1人車に残っていた時に、パワーケーブルの延長がないということで、取りに来た人がいましたが、どこにあるか答えることができず、時間を取らせてしまいました。 また、セカンドでは、キャメラマンにレンズ交換などの仕事を取られてしまいました。 また、頭ではわかっている、キャメラのバランスやレベルを取ること、ファインダーをキャメラマンの見やすい位置に持っていくレンズをつけたら開放にし、フォーカスを置くなど、基本的な作業がかなり抜け落ちていました。最後のマジックアワーの撮影では、情報共有ができていなく、フィルムの残量を確認し忘れ撮影直前にロールチェンジをしてしまいギリギリの作業になりました。 サードに全てを任せるのではなく、自分自身でも意識しなければならないと感じました。
 また、場所移動などで機材の片付けが間に合わず、他の部署の方に手伝ってもらいましたが、本来は撮影部だけでの作業で自分の要領の悪さを反省しました。


 3日目は照明部として作業しました。1日目同様に、店での撮影ということで作業は丁寧に急いで行いました。 現場ではとにかく声を出すことを意識しました。 後半、特機部でしたがあまり仕事がなく基本的には撮影部のフォローとボールドを入れる作業をしました。

 最終日は1日撮影部でした。 3日目より、セカンド、サード、フォースを意識して作業を行いました。1箇所目はセカンドでライブハウスの撮影でした。 セカンドを意識してキャメラマンの動きを見て現場全体に声を出し、撮影の段取りなどを指示させていただきました。反省点はキャメラマンの動きを見すぎて自分で動けるところを他の人に頼ってしまったことです。 また、キャメラマンが悩んでる段階で焦って色々と準備しすぎてしまいました。 必要ないものを持ってこないことが今回の課題と思いました。 また、時間がなくなってきて焦り始めてしまい、レンズの受け渡しで指紋がついてしまっていました。焦らないことも課題です。
 セカンドの後はサード、フォースとセカンドの指示に従いましたが、サードの時に特にフォースがいると安心して自分で動かず指示ばっかりしてしまい、本来は自分の仕事なので、今後は自分が動くことをもっと意識しなくてはならないと感じました。

 全体としては、焦らない、キャメラマンの動きを見る、自分から動く、声を出す。これをずっと意識して撮影部になるために励んでいこうと思います。また、合宿はとても楽しく普段は行かないようなところに行けて蓼科が好きになりました。


文化庁ロゴ3

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
オープンカレッジのお知らせ
2017オープンカレッジ
メール受付
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
過去ログ
授業アルバム
授業風景のアルバムです。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新214号発売
映画撮影214

JSC機関誌『映画撮影』214号が

発売されました。

214号の特集は

『たたら侍』

『関ケ原』

『散歩する侵略者』

『STAR SAND-星砂物語』

『忍びの国』

『生きとし生けるもの』

― 洋画の話題 ―

『メッセージ』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


映画撮影194


映画撮影193


映画撮影192


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会