撮影助手育成塾便り.Vol.14-21

『 機材講習:ARRI 435・6回目 』


14-21-00.jpg
 本日の撮影助手育成塾の授業は先週に引き続きARRI435キャメラの「機材講習」です。間もなくに迫った撮影実習合宿最後の講習となります。これまでARRI3型キャメラと435キャメラの講習を行ってきて、キャメラと機材にだいぶ慣れ、取り扱う動きも様になってきたようです。
機材の取り扱いは一人で行う場合もあれば、数人で行うこともあります。大きな作品ともなれば4人から5人の撮影助手が連携し、それぞれの受け持ちをこなしていくのですが、大切な事は、他の人が行っている作業を把握しながら自分の行う作業を的確にこなしていくこと、これには連携が取れていなければ無駄な動きとなってしまいます。合宿では班分けした仲間と声を出し合い連携し、作業を進めていくよう心掛ける事が大切です。実際の現場では統率してくれるチーフアシスタントがいて、その指示のもとに皆が行動していくのですが、塾生はみんなが同期生、同じレベルの中で動くこととなるので、声を出し確認し合いながら出来るかがカギとなります。先輩から指示を受けながら行動することは楽なものです。しかし、同じ仲間同士で考えながら行動する今回の合宿では、成功も失敗も経験となり、大きな成長につながることでしょう。
 映画は大勢のスタッフが共同で一つの作品を作り上げていく作業です。どんな名監督でもキャメラマンでも、一人で作り上げる事は出来ません。塾生たちのような新人の助手からベテランの助手全てが協力し合いながらキャメラマンをアシストしてくれるからこそ成し得る映像制作。間近に迫った合宿で、撮影助手としての自信を身につけてくれることを期待します。


三和映材社


1404.jpg9 月 9日授業レポート   育成塾14期生 井上 滉貴

 本日は三和さんで最後の機材講習ARRI435の実習を行いました。 育成塾でフィルムを扱う実習は合宿を除いて最後だと思うので、自分なりに目標を持って練習することができました。
 ひとつひとつの動作に意味を持たせて、なぜ今これをしなくてはならないのだろう?と常に疑問を持って行った結果、少しずつではありましたが理解が深まったと思います。安全面、正確さを第一に考え、そのうえで効率よく動かなければ時間を有効に使うことはできない。また、何かをチェックするための時間を作るのではなく何かの最中に併せて行うことで時間を有効に使うことができるのでそういったことも注目しながら行っていきたい。
 来週は実際にフィルムで撮影をするので、安全に撮影をしたいと思います。また合宿前の最後の講習なので時間を無駄にしないように目標を持って授業に参加します。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
過去ログ
授業アルバム
授業風景のアルバムです。
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新214号発売
映画撮影214

JSC機関誌『映画撮影』214号が

発売されました。

214号の特集は

『たたら侍』

『関ケ原』

『散歩する侵略者』

『STAR SAND-星砂物語』

『忍びの国』

『生きとし生けるもの』

― 洋画の話題 ―

『メッセージ』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


映画撮影194


映画撮影193


映画撮影192


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会