FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.07

『 レンズ・キャメラ機材の話 :株式会社 ナック イメージテクノロジー 』

15-07.jpg
 本日の撮影助手育成塾は映画キャメラとレンズなど機材の話です。
撮影助手を目指す以上、撮影機材はなくてはならない道具です。一口にレンズ、キャメラと言っても私たちが使用するプロフェッショナル用から一般の人が使う事を前提にして作られたキャメラまで様々です。それに加えて、静止画のスチールカメラまで入れると種類は星の数ほどありますが、基本的に映像を記録するという意味では同じです。動画撮影用のキャメラも、静止画専用のカメラも本体とレンズが一体で使用される事は変わりませんし、機構も基本的に同じです。
ではプロが使う動画撮影用のハイエンドキャメラとレンズはどの様に違うのか。現在主流のデジタルキャメラでは明らかな違いが見られますが、フィルムキャメラに至っては同じ、と言うよりアマチュア用フィルムキャメラはないのです。以前は8ミリキャメラではアマチュア用キャメラが販売されていました。しかし16ミリ、35ミリキャメラではプロが使うキャメラをアマチュアの方も使う以外にありませんでした。何故でしょう?それは価格が高いからです。精密機械である35ミリフィルムキャメラはとても高価で、一般の人では購入するのがとても難しい機械です。そしてそのキャメラに取り付けるレンズも又高価なものとなります。私達プロが使用するレンズの中には数百万の値段をする物もあります。この様な機材を使用しながら私達は仕事をしています。取り扱う撮影助手の仕事は重要です。安全、安心、確実に取り扱う事を求められる撮影助手は映画の撮影において重要なパートと言えるでしょう。スタッフ全員に信頼される、そんな撮影助手になれるよう頑張ってください。

ナック イメージテクノロジー


1513.jpg6月 2日授業レポート   育成塾15期生 ヤマグチ ユウキ

 今回は、ナックイメージテクノロジー様にてレンズに関する話を聞かせていただきました。レンズ選びが撮影の中で非常に重要な部分を担っていることは知っていましたが、その作りから話を聞かせてもらうことで、レンズに対する理解をより深めることができました。細かい部分に関しては正直なところ覚えきれていないところもありますが、ボンヤリとしていたもののイメージがはっきりとしてきました。機材に対する理解を深めることで撮影の際に何かあったときにも落ち着いた対応につながると思います。
 また、今後機材レンタルという部分で、お世話になると思いますのでコミュニケーションをよりとって、信頼関係を作れるようにしていきたいと思います。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会