FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.16

『 機材講習:ARRI435 35㎜キャメラ 4回目 』

15-16

 本日の撮影助手育成塾。9月に迫った撮影実習合宿に向けての「機材講習」授業も終盤となり、合宿で使用するARRI435キャメラの特訓と、合宿で塾生たちが担当するセカンドポジションの練習を行いました。撮影部でセカンドポジションの仕事と言えば、作品の出来に大きく関係してくるフォーカスマンの仕事です。映画は動画と言うように動いている映像です。キャメラのレンズのピントを合わせる必要が出てきます。映画撮影部ではその仕事をセカンドポジションの助手が行っていて、昔から最も重要なポジションとされてきました。海外ではフォーカスプラと呼ばれ、この仕事を専門職として活動している人もいるくらいに大切なポジションなのです。動いている被写体にピントを合わせ続ける技術は並大抵のことでは身につきません。長い時間の経験と練習によって身につくと言って良いでしょう。
撮影助手育成塾の合宿では、このポジションを塾生たちに任せています。本日の授業で初めてフォーカス送りを体験した塾生たちも、その難しさに驚いたことでしょう。なぜフォーカスが大切な仕事なのか。それは一度ぼかしてしまったピントは、後から修正することが出来ないからです。フォーカスマンはファインダーを覗かずに目測だけで被写体とキャメラの距離を計測し送り続ける、そんな技術を身につけなくてはならないのです。
撮影助手育成塾の授業では現場の即戦力を目指して授業を行っています。フォーカスマンの仕事は正直、現時点での塾生では早いポジションではありますが、知っていれば現場での学び方も変わりますし、何よりも自身でも知らないうちに成長が進んでいることが分かるでしょう。
撮影部になるためには技術ももちろん必要ですが、仕事の中で何を勉強しながら作業をしていくことが良いのか、それを知ることがキャメラマンへの近道になるでしょう。
他では学べない事ばかりの撮影助手育成塾。まじめで真剣な塾生たちばかりなので成長も早く、将来を期待させてくれる、そんな15期生達です。

ナック イメージテクノロジー


15-11-1.jpg8月 4日授業レポート   育成塾15期生 オノダ コウタ

 今回の講義はARRI435の講義。午前中はピント送りの練習。午後は傾斜がある場所での三脚の立て方とカメラのセッティングをし、その後、ピント送りの練習をしたりマガジンにフィルムを詰める練習をしたりした。
 いつもと違った事は合宿の時の班分けをした事だ。そのため、今回は班ごとでの講義となった。合宿が刻一刻と近づいてるのだなと感じた。
 ピント送りの練習をしてみて想像以上に難しかった。レンズに書かれた距離と被写体の距離を常に保ちフォーカスを送るのだが、その感覚がまだ掴めていない気がする。レンズに表記されているのはフィートでの距離なのでフィートでの距離感とフォーカスを送る感覚を確実に掴み、セカンドになった時にも通用するように努力したい。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会