FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.17

『 機材講習:ARRI435 35㎜キャメラ 5回目 』

15-17

 暑い夏が終わりを見せることなく続いていますが、撮影助手育成塾15期生の特訓も合宿に向けて続いています。
 本日も先週に引き続き『機材講習』の授業です。ARRI435キャメラにもだいぶ慣れてきているのがはっきりと分かるぐらいに成長している15期生達ですが、授業もここまで進んでくるとプロの細かな動作も要求されてくるため、指導する講師からも厳しい言葉が次々と飛んできます。
実際に、15期生たちは成長しました。しかし回を重ねるに連れ少しずつ講師から出される要求もステップアップしてくるため、自身の成長を感じることなく、戸惑いの方を強く感じてしまう時期に来ているのでしょう。以前にも書きましたが、キャメラの取り扱いだけならそれほど多くの時間はかかりません。取り扱いに信頼性を加えるとなると、一気に動きがぎこちなくなってしまうのです。
 撮影部は作品を作る上で最も重要な映像を取り扱うパートで、失敗は許されません。それでは撮影部の作業の中でどのような失敗が考えられるのか。それは沢山ありますが、何と言っても機材を壊さないための作業でしょう。撮影中に機材が壊れる事は大問題です。映画の製作には多くの人が絡んでおり、細かなタイムスケジュールに沿って進行していきます。機材が壊れる事は現場の進行がストップしてしまうことになり、制作者サイドにとって時間の浪費や無駄な出費が発生し、大きな痛手となります。撮影助手は事故が起こらないよう何重にも確認をしながら作業を行います。このような安全のためのプロの要求が授業の中でも増えてくると、塾生の現在の状況では先に覚えて来た手順を忘れてしまいます。今はまだ難しいかも知れませんが、もう一度初めに教わった事を思い出しながら、そこに新たな技術を付け加えて行く、そんな気持ちで頑張っていければ、成長するでしょう。

三和映材社


1505.jpg8月11日授業レポート   育成塾15期生 サイトウ ナオ

 先週は合宿前の最後のARRI435機材講習でした。これ以降は特機講習や実習が始まってしまい、キャメラをしっくり触ることの出来る最後のチャンスでした。今まで習ってきたことを思い出しながら触ってみると、初めの頃のフィルムキャメラのフの字も知らなかった頃と比べるとキャメラのどこを触ればいいのかは分かるようにはなりました。しかし、これがまた実際の現場の流れの中でこなせるとは全く思いません。今まで言われたことをよく復習していきたいと思います。



文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会