FC2ブログ

撮影助手育成塾便り.Vol.21

『 信州撮影実習合宿:初日 』

15-21-00.jpg
 撮影助手育成塾15期生の撮影実習合宿は、今年も長野県茅野市で行われました。茅野市は今年スピードスケート、小平選手の出身地でも有名になりましたが、映画の街として、毎年9月に映画祭が行われるほど映像文化に力を入れています。名監督、小津安二郎監督が茅野市蓼科の別荘で数々の作品を考えたゆかりの地でもあることから、昔から多くの映画人に愛されてきました。そのような地で塾生たちは合宿を行ったのですが、初めての撮影助手の体験では、ゆっくりと街を見学するという訳にもいきません。タイムスケジュールに沿った行程は、正直に塾生たちだけでこなせるスケジュールではありません。プロの撮影助手が3人もついて指導するから出来る事です。初日は右往左往していた塾生たちでしたが、先輩からの教えもあって徐々に作業もうまくなっていくのが良く分かり、初日に比べ、3日目には格段に上手くなっているのを大変喜ばしく思います。この後、塾生たちの感想を紹介していきますので、彼らなりにどのように感じていたのかをご一読ください。

nkl


1511.jpg撮影合宿レポート   育成塾15期生 モリ マユコ

今回の撮影実習では、撮影部・制作部・特機部・照明部4つの部署に分かれて、交代で撮影を進めましたが、私は初日最初の部署として撮影部からスタートしました。事務所で前日チェックした機材を積み込み、茅野市へ向かいます。まず始めに撮影部として、私はサードのポジションを担当することになったので、宿に着いてからマガジンにフィルムの装填を行いました。今まで講習でフィルム装填を繰り返し行ってきたので手順は頭に入っていましたが、観光済みの練習用フィルムとこれから実際に撮影をする生フィルムとではやはり扱う際の責任や緊張感が何倍にも増して感じられました。また、新しいフィルムの端がパーフォレーションの間でカットされていた為なかなかギヤに入っていかないことも焦りに繋がりましたが、アドバイスを頂き落ち着いて対処することが出来ました。
  1本目の撮影現場でも、当たり前ですが今までの撮影実習とは違って一般の方も行き来するロケ地で人の動線を確保しながら機材の組み立てをしなければならず、どうしても自分の作業に集中するあまり周りを見ることが出来なかったので、その先読み撮影部の他のメンバーとの連携がうまくいかず、キャメラマンの指示する場所へキャメラを移動させるのにも時間がかかり撮影が押してしまいました。他にも、歴史的な建造物にもお邪魔させていただいて撮影するのに建物への配慮が足りず注意を受ける場面もありました。撮影が押したため予定通りの撮影が進められず、最初の撮影部とはいえ悔しい出だしとなりました。
 1日の撮影が終わった後は、撮影済みのフィルムをマガジンから取り出し、今回の撮影で使用したフィルムの総尺を記録するフィルムノートを作成しました。
 4日間の撮影日で関わったスタッフの方々、自分が得た知識を教えあった塾生をはじめ、出演者の皆さまはもちろん、私たちが撮影を出来るように動いて下さった方々に感謝して、今後も作品作りの現場で働きたいと思える合宿でした。ありがとうございました。

文化庁 次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


ようこそ!
撮影助手育成塾
jsc撮影助手育成塾
撮影助手育成塾案内TV
動画:撮影助手育成塾
日本映画撮影監督協会
jsc.gif

JSC 日本映画撮影監督協会

会員数

正会員 : 302 名

名誉会員 : 9 名

特別会員 : 2 名

青年部 : 91 名

維持会員 : 25 社

賛助会員 : 24 名
MAP.gif
塾生連絡用 『塾生の広場』
00-001.jpg
撮影助手育成塾製作作品
2期生作品『足柄の詩 翼が欲しい』
動画:足柄の詩 翼が欲しい
3期生作品『足柄の詩 足柄の人々』
動画:足柄の詩 元気な郷 足柄の人々
4期生作品『足柄の詩 夢天翔ける』
動画:足柄の詩 夢天翔ける
6期生作品『足柄の詩 蒼いかぜ』
動画:足柄の詩、蒼い風
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
過去ログ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
育成塾応援団

KODAK1.jpg

ナックイメージテクノロジー

三和映材

株式会社 小輝日文

西華デジタルイメージ

ビデオサービス

イマジカ

東京現像.

東映ラボテック

ヨコシネDIA

nkl2.jpg

セコニック
『映画撮影』最新217号発売
映画撮影217号

JSC機関誌『映画撮影』217号が

発売されました。

217号の特集は

『羊と銅の森』

『片警 宝音』

『私は絶対許さない』

『パンク侍、斬られて侯』

『スニッファー嗅覚捜査官 8Kスペシャル』

『フジコ・ヘミングの時間』

― 洋画の話題 ―

『シェイブ・オブ・ウォーター』

撮影の技術的裏側がわかる

「映画撮影」お問い合わせは

日本映画撮影協会まで。

03-3856-7896

定価¥800

バックナンバー


バックナンバーのお知らせ
JSC機関誌『映画撮影』のバックナンバーを販売しています。

映画撮影の話から、映画に託された思いまで、撮影担当キャメラマン自身が書いた撮影報告満載。


定価1冊 ¥800 (税込・送料別)


お問い合わせ、お申し込みはJSC事務所まで。

03-3356-7896

映画撮影216号


映画撮影215号


映画撮影214


映画撮影 213号


映画撮影212


映画撮影211


映画撮影210


映画撮影209


映画撮影208号


映画撮影207号


映画撮影206号


映画撮影205号


映画撮影204号


映画撮影203号


映画撮影202号


映画撮影201号


映画撮影200号


映画撮影199


映画撮影198号


映画撮影197号


映画撮影196


映画撮影195号


バックナンバーのご案内

バックナンバー
数に限りがございます。 売り切れの場合はご容赦ください。
関連リンク

茅野市観光サイト


蓼科観光協会


奥蓼科観光協会


白樺リゾート観光協会


車山高原観光協会


八ヶ岳観光協会